> > > 来店不要は常識!その場で申込めるキャッシングマニュアル

来店不要は常識!その場で申込めるキャッシングマニュアル

これまで一度もキャッシングを利用したことのないという方はご存知ないかもしれませんが、今はどこでお金を借りる場合にも、来店不要というのが当たり前のことになっています。

ちょっと年配の方ならば分かって頂けると思いますが、街を歩いていても、昔のようにキャッシングの店舗を見かけなくなっていますよね。これがその何よりの証拠でしょう。

お金を借りたくなった時に、もしもお店まで足を運ばなくてはならないとしたら、周囲の目が気になったりしてなかなか決心がつかないかもしれません。でもそれが自宅からでも申込めるとしたら、キャッシングはぐっと身近になってきます。

それにしても店舗を使わないのに、どうやって申込みや借入をするんでしょう?借入後も、ずっと最後まで来店せずに済むのでしょうか?そのようなキャッシングの初歩的な利用法について、これから初心者の方にも分かりやすくご紹介していきたいと思います。

申込み方法は?

キャッシングの申し込み方で、今一番手軽なのはやはりネットを利用する方法です。大手企業ならば、ネットの申込みに対応していないところはありません。オフィシャルサイトへアクセスすれば、そこはもう店舗と全く同じです。申込みページから入力して送信することで、もう申込みの第一歩が完了です!

しかし契約や借入までに、一度くらい店舗へ行く必要はないのでしょうか?いいえ、その心配も無用なのです。申込みから借入、返済に至るまで、来店は一切不要ですよ。まずは店頭以外の申込み方法からご紹介することにしましょう。

【キャッシング申込み方法】

インターネット(パソコン、携帯、スマートフォン)
郵送
電話、ファクス
契約機

これを見ても、インターネットを利用する申込み方法が充実しているということが分かりますね。最近ではスマートフォンの利用者が増えているのに対応して、大手企業ではスマホのアプリをダウンロードできるようになっています。お家でパソコンを使わなくても、外出先のモバイルからもより手軽に申込むことができるようになりました。

しかしその他の方法も健在ですので、ネットの利用ができないような場合でも心配はありません。中でも契約機は意外と見逃せない手段です。但し契約機はカード発行がその場で可能という点で人気なのですが、やはり設置場所までは足を運ばなくてはならないので、その場ですぐに申込めるという訳にはいきません。

しかし何か分からないことや相談したいことがある場合、オペレーターと対話のできる契約機は、特に初心者にはお勧めしたい申込み方法なのです。使い方次第ではネット同様に安心利用ができますので、契約機については後ほどまとめてご紹介しましょう。

さてネットでの申込みの特徴は、何と言っても審査時間が短いことでしょう。申込書の送信から審査結果の回答までの時間は、各企業とも最短を競っています。

但しこれはあくまで最もスムーズな流れを想定した場合の時間です。実際には申込みが集中したりすると、これよりも長くかかってしまうこともありますが、焦らずに待ちましょう。

企業 審査回答までの所要時間
アコム 最短30分間
プロミス 最短30分間
モビット 最短30分間※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

またここで計算に入っていないのが、申込書の入力時間です。申込書の作成は正確さを要求されますから、なかなか数分で完了という訳にはいきません。申込書にとりかかる所から勘定に入れれば、これより更に数十分はかかると見ていいでしょう。さぁこれから申込もうという所から計算に入れると到底30分では済みません。

申込書の作成を急ぐことは、ケアレスミスや間違いの大きな原因になります。提出後に訂正や修正を申し入れたりすれば、余計に時間がかかってしまうことになります。このようなことのないよう、申込書作成は帰宅後など落ち着いた時間に済ませておくのが、スムーズに審査を通過するコツですよ。

前日のうちに申込書の作成を完了して送信までしておけば、後は審査結果を待つだけ。ここまで済ませておけば、準備万端です。

審査回答の連絡手段は、電話かメールを選択することができるようになっています。モバイルのアドレスや番号を登録しておけば、外出先や仕事中であっても携帯やスマホで審査結果を受け取ることができますね。

後は本人確認書類の提出をするだけで、これで手続きの殆どが済んでしまうことになります。キャッシング申込みといっても、こちらがやらなくてはならないことは、申込書の作成と必要書類の提出だけですから、後は殆どが審査を待つ時間だけなんですよ。

しかしこの審査を待つ間は、どなたにとっても借りれるかどうか分からない非常に不安な時間のようです。ひたすら待っていても疲れるばかりですから、キャッシング審査の為だけに時間を空けたりせずに、仕事や外出先で審査結果を受けるようにしておく方が、時間の有効利用にもなってむしろお薦めです。

必要書類の提出方法

さて仮審査結果の連絡が届いたら、次にやるべきことが必要書類の提出です。キャッシング申し込み時の必要書類には、本人確認書類と年収証明書類の2種類がありますが、一定額までの借入ならば本人確認書類だけでOKですよ。

消費者金融ならば、今回の借入で50万円まで、他からも借りている場合は合計で100万円までが、収入証明書不要の借入上限となります。他からの借入は、銀行のものは含まれませんが、クレジットカードのキャッシングは合算されます。但しショッピングのリボ残高は含まれません。

本人確認書類は、以下から1種類を提示することになります。どの企業にとっても、免許証が確認には最も適しているようです。もしもこの3種類の全てをお持ちであれば、免許証を提示するのが一番でしょう。しかしこれ以外であっても、審査に特に不利になるという訳ではありません。

※本人確認書類
運転免許証、健康保険証、パスポート

さてこれを提示する方法として、店舗ならば現物を窓口で差し出せばいいのですが、インターネット申込みの場合はどのようにすればいいのでしょうか?

基本的には、本人確認書類を撮影もしくはスキャナーで読み取り、その画像をメールで送付するという手順になります。ここで便利なのがスマホアプリです。アプリを使えば、画像送信がより簡単になりますよ。各社共、スマホのアプリをダウンロードできるようになっています。

しかしパソコンを利用する際も、手順通りやれば決して難しくはありません。ただしパソコンを使うにしろスマホを利用するにしろ、いずれにしても書類の撮影までは自力でこなさねばなりません。不鮮明な画像だったり、重要な部分が画面上できちんと確認できないと、再度やり直しになってしまいますので気をつけましょう。

健康保険証やパスポートの場合、必要事項の記載が複数の画像の面やページに渡っていれば、その全ての画像が必要になります。必要事項は以下のものです。このひとつでも欠けていると、受け付けてもらえません。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

しかしインターネットから申込んだ場合にも、書類の提出方法はオンライン以外の他の手段を使っても構いません。本人確認書類の提示方法は、以下から自由に選ぶことができます。

本人確認書類はどの方法でも提出できる!

メール送信(インターネット)、郵送、ファクス、契約機

このうち郵送かファクスを選んだ場合、提出しようと思えばまず原本のコピーをとらなくてはなりませんね。また郵送となると、切手や封筒も必要ですし、その到着までには少なくとも丸一日を要することになります。いずれもすぐにその場でとはいかない手段だと言えるでしょう。

そこで目をつけたいのが、契約機の存在なのです。インターネットで申込みをした場合にも、仮審査結果が出た後の手続きを、契約機に引き継ぐことができるようになっています。

ちょっと面倒だったり不安だったりする本人確認書類の提出は、契約機を利用すれば失敗がありません。また初めての方でも、オペレーターを通じて操作方法を教えてもらえるので安心です。

契約機の利用

但し契約機を利用しようと思ったら、やはり設置場所までは足を運ばなくてはなりません。契約機が設置してあるのは有人店舗だけではなく、契約機コーナーやボックスであることも多いのですが、それでもそこへ行くことには抵抗のある方もいるかもしれませんよね。

しかし契約機の設置場所は色々で、必ずしも人目の多い目立つ場所にあるという訳ではありません。また営業時間も長いため、仕事帰りや外出先からでも利用可能ですよ。以下に、各社契約機の営業時間を調べてみました。

企業契約機 営業時間
アコムむじんくん 9時021時
プロミス自動契約機 9時022時
モビットローン申込機 9時021時

年始年末を除けば年中無休ですので、お仕事のある方でも安心ですね。但しこれはあくまで申込み受付時間です。審査回答が可能な時間帯は、これよりも1時間程度早くなります。当日中に借入をしたい方は、なるべく早い目の申込みがお薦めですよ。

プロミスの場合、ローン契約機は三井住友銀行内のものも利用できますので、店舗はちょっと抵抗のあるという方でも安心でしょう。その他の企業でも、オフィスビル内など目立たない場所にある契約機コーナーを探せば、周囲が気になる方でも安心して手続きできるのではないでしょうか。

どの企業のサイトでも、設置場所は詳しく条件を絞り込んで検索できるようになっていますから、どなたも自分にピッタリの契約機を見つけることができるはずです。スマホのアプリにも、この検索機能があるので便利ですよ。

カード入手もラクラク!

契約機を利用すれば、必要書類の提示が楽というだけでなく、契約からカード発行までが非常にスピーディーだというのも大きな魅力です。特にカードは時間内であればその場で手に入れることができますから、すぐにATMで借入可能になりますよ。

もしも全てをインターネットで手続きすると、どうしても最後に残ってしまう課題がカードの入手方法なのです。第一回目の借入は振込みも可能ですし、当面はカードが手元になくても何ら問題はないのですが、カードが自宅宛に郵送されてしまうのはちょっと困るという方も居られますよね。

特に借入を秘密にしたいという人ではなくても、到着時間がはっきりしない郵便物を待つというのは、何かと落ち着かないものです。そう考えればどなたにとっても、やはりその場で確実にカード発行してもらえる契約機は大変頼りになる存在だと言えるでしょう。

頼りに出来るオペレーター

最後にもう一点、契約機を利用すると、オペレーターとの通話ができるという大きな特徴があります。初心者にとってキャッシング申込みは、何かと分からないことや疑問を感じることも多いはず。その都度迷ったり考えたりしていると、余分な時間がかかってしまいますよね。

またその挙げ句に間違ってしまったりすると、後から訂正を求められたりして、これもまた時間の無駄に繋がります。スピーディーな借入を実現するには、申込書作成や手続きでミスをしないということは、非常に重要なポイントなのです。

契約機での手続きでは、何かあればすぐにオペレーターに尋ねることができます。これでその場で即疑問も解決し、ミスを未然に防ぐことができるでしょう。初めての申込みで戸惑っている方など、申込の最初の段階から契約機を利用した方が、むしろ短時間で審査完了する可能性もあるのです。

借入は?

さて申込み手続きが無事完了すると、今度はいよいよ借入ですが、これも勿論来店は不要ですよ。既にご紹介しましたが、借入は振込みとカード利用の2種類の方法が可能です。

〈カードを使って借りる〉
店舗ATMか提携銀行・コンビニATMから直接出金する

〈銀行振込で借りる〉
インターネットか電話で申込んで、銀行振込してもらう

どちらの方法を使うのも完全に自由ですから、その時の都合や好みで好きな方を選ぶことができます。まずはカードを使う借入方法についてご説明しましょう。

ローン専用カードは、ATMから直接出金できるので大変重宝します。しかも提携ATMが多数ありますから、どこに居ても出金できるというのが大きな利点ですね。特に全国各地にあるコンビニのATMが利用できることは、消費者金融を便利に使いこなせる大前提となっています。

もしも消費者金融の店舗や店舗ATMでしか借入できないとなると、その利用範囲は非常に狭められてしまうでしょうね。提携ATMは、コンビニだけでなく銀行ATMも含まれます。外出先や旅行先でも、コンビニや銀行さえあれば安心ですね。

※提携ATM一覧

【プロミス】
三井住友銀行
イーネット、ローソンATM、セブン銀行、イーバンク(九州地方除く)
【モビット】
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、プロミスATM、
イーネット、ローソンATM、セブン銀行、イオン銀行、クレディセゾン、
第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行その他
【アコム】
三菱東京UFJ銀行、
イーネット、ローソンATM、セブン銀行、ゼロバンク、クレディセゾン、
第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行その他

これだけのATMが利用できるのならば、店舗が不要というのも頷けますよね。しかしこんなに便利なローン用カードなのですが、中にはこれを使いたくないという方も居るんです。

キャッシング利用は人それぞれ、ちょっとしたことで不具合や不都合を感じる方もいて当然ですよね。消費者金融のカードを利用することに何となく抵抗のある方や、自分は気にしなくても周囲の目が気になるという方も少なくないのです。

人目が気になる人にとって、店舗を使わず提携銀行やコンビニATMを利用できるのは実に有難い話なのですが、カードを持ち歩いたり店内で取り出したりすることはどうしても避けられません。特に家族に内緒で借りているような方は、財布に入れておくだけでも不安になる方も居るでしょう。

振込キャッシングで安心借入

そんな場合は振込キャッシングが最適です。振込の手続きが済めば、自分の銀行口座のキャッシュカードでどこからでも出金できますから、ローン用カードと全く変わりなく借入れが可能になります。しかも外見上はキャッシング利用を全く気づかれずに済んでしまうというのも嬉しいですね。

特にご家族に内緒にしておきたい人にとって、財布に入れておいても安心なのはキャッシュカードです。これならば利用していても自分の銀行口座から出金しているだけですから、何ら不自然な点はありません。

但し銀行の預金通帳には記帳されてしまいますので気をつけて下さい。はっきり消費者金融と分かるような名義ではありませんが、借入であることはすぐに分かってしまうでしょう。振込キャッシングを利用する場合には、通帳を見られないよう管理できる人というのが、内緒の借入の前提となります。

しかしこの振込キャッシングが便利なのは、プライバシー対策だけではありません。月々の支払いを銀行振込にしている方は多いのですが、うっかりしているとすぐ残高不足になってしまいますよね。

公共料金やクレジットカードの引落し前に、残高不足だと気づいてビックリ!なんていう時にこそ、この振込キャッシングほど助かるものはないでしょう。ネットや電話で手続きするだけで即問題解決するのですから、これまでのように銀行まで走ったりする必要もありませんよ。

公共料金、クレジットカードの支払い、家賃、月謝など支払いは待ってくれません!
毎月の引落しの残高不足で慌てる代わりに…?
《振込キャッシング》ならば365日24時間安心の対応!

これならば真夜中だろうと早朝だろうと、気づいたらその場で即手続きするだけで滞納が未納が防げるのですから助かりますよね。極端な話、例え寝起きでもベッドの中からだってスマホで手続き出来てしまうのですから、ついうっかりしがちな方にとっては正に朗報だと言えるでしょう。

店舗は今、どうなってるの?

このように、キャッシング利用で店舗は全く不要ということが、これで納得いただけたのではないかと思います。しかし以前にはあちこちに見られた消費者金融の店舗は、今現在はどうなっているのでしょうか?

今も店舗中心に貸付をしているのは殆どが中小の業者で、大手企業は店舗の営業は縮小傾向にあるようです。申込みはオンラインや自動契約機で、利用は提携ATMでも幅広く可能になっていますから、有人の店舗は実質的に不要となっているんですね。

でも商品によっては担当者と詳細を詰めておきたい場合や、また返済に困った時など、電話以外で相談に乗ってもらいたくなることだってあるでしょう。

そんな場合には、やはり店頭窓口は頼りになる存在です。モビットなど元々店舗が存在しない企業もあり、有人店舗数は少なくなりつつあるのですが、営業を続けているところもあります。

万が一のときのことを考えて、自分が利用しているキャッシング業者で、利用できそうな有人店舗も一カ所くらいは場所を確認しておくとより安心ではないでしょうか。

企業店舗 申込み 借入 返済 相談
アイフル ×(不動産担保のみ可)
アコム
プロミス

中でもプロミスのサービスプラザは、キャッシング対応だけでなく、相談やカウンセリング、講師派遣など幅広い活動もしています。また地域のイベントスペースとしても利用できるため、ユニークなイベントを実施していることもありますよ。街で見かけたら、一度気軽に覗いてみることをお薦めします。

新着記事
ページトップへ