> > > 未成年の学生に特にお勧め!クレジットカードでキャッシング

未成年の学生に特にお勧め!クレジットカードでキャッシング

クレジットカードには、キャッシング機能がついたものがあります。ですが、クレジットカードのキャッシングの金利は意外と高く、キャッシングだけを目的にするなら銀行のカードローンの方がお勧めの場合もあります。

ですが、未成年の学生の人にとっては別なんです!なぜかというと、キャッシング商品の多くは20歳以上の人を融資の対象としているからなんです。未成年の学生は、お金を借りにくいんですね。

その点、クレジットカードのキャッシングなら未成年の学生にでも融資をしてくれ、さらに学生向けのカードならお得に使えるメリットまであります。では、クレジットカードによるキャッシングが未成年の学生にお勧めな理由を詳しく解説します!

本当に未成年は借り入れが難しい?キャッシング可能な年齢とは

最初に、多くのキャッシングは20歳以上を対象としていると言いましたが、本当にそうなのでしょうか?まずは、よく知られている商品を元に、キャッシングは何歳から可能なのか確認しましょう。

銀行キャッシングの利用可能年齢

それでは、まず銀行の商品から利用可能年齢を確認します。いくつかの銀行の商品を例として、見てみましょう。

銀行名・商品名 利用可能な年齢
オリックス銀行「オリックス銀行カードローン」 20歳~65歳
新生銀行「レイク」 20歳~70歳
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 20歳~64歳
みずほ銀行「みずほ銀行カードローン」 20歳~65歳
三井住友銀行「三井住友銀行カードローン」 20歳~69歳
イオン銀行「カードローンBIG」 20歳~64歳
じぶん銀行「じぶんローン」 20歳~69歳
楽天銀行「楽天銀行スーパーローン」 20歳~62歳(パート・アルバイト・専業主婦は60歳まで)

銀行の商品を見てみると、利用できるのは全ての銀行で20歳からとなっています。何歳まで利用できるかには銀行による差がありますが、何歳から利用できるかには差が無く、一律で20歳からになっているのがわかります。

大手消費者金融の利用可能年齢

次に、大手消費者金融の利用可能年齢です。

消費者金融 利用可能な年齢
アイフル 20歳~69歳
アコム 20歳~69歳
プロミス 20歳~69歳
モビット 20歳~69歳
ノーローン 20歳~69歳

大手消費者金融では、偶然ですがどこで借り入れをしても利用できるのは20歳から69歳までの人です。やはり、未成年は借り入れができませんね。

中小規模の消費者金融の利用可能年齢

消費者金融には、中小規模のものが多くあります。その中から、一部を選んで利用可能な年齢を見てみましょう。

消費者金融 利用可能な年齢
アロー 20歳~65歳
セントラル 20歳~70歳
ビアイジ 20歳以上
フクホー 20歳~65歳
ライフティ 20歳~69歳

このように、規模に関わらず消費者金融ではやはり未成年に破融資していないのが一般的です。

しかし実は、中小規模の消費者金融の中には、学生ローンという名前で、学生を対象として融資を行っている業者があります。その中には、18歳から借りることができる業者も少数ですがあるんです。

ただし、学生ローンなら全て18歳から借りられるわけでもありません。学生ローンでも、20歳からしか借りられないとしているところもあります。いくつか例を挙げて、学生ローンの場合はどうなのか見ていきましょう。

学生ローンを扱う消費者金融 利用可能な年齢
アイシーローン 18歳以上の首都圏在住または在学の学生の人(高校生と予備校生は不可)
アミーゴ 20歳~34歳(高校生は不可)
イー・キャンパス 20歳~34歳(高校生は不可)
フレンド田 18歳以上の学生(短大生・大学生・専門学校生・予備校生が対象)
友林堂 20歳~33歳

このように、18歳から利用できる学生ローンもあれば、20歳からでないと利用できない学生ローンもあります。

クレジットカードの利用可能年齢

では、クレジットカードの利用可能年齢についても確認しましょう。クレジットカードは数多く発行されていますので、代表的なクレジットカード会社の中からいくつか見て行きたいと思います。

クレジットカード会社 利用可能な年齢
三井住友VISAカード「クラシックカード」 18歳以上
三井住友VISAカード「ゴールドカード」 30歳以上
セディナカード「セディナカードクラシック」 18歳以上
セディナカード「セディナゴールドカード」 18歳以上
ジャックス「ジャックスカード」 18歳以上(※キャッシング枠は20歳以上)
ジャックス「ジャックスカードゴールド」 20歳以上
JCBカード「JCB一般カード」 18歳以上
JCBカード「JCBゴールド」 20歳以上

クレジットカードの場合、ゴールドカードなどの特殊なカードの場合場は違うこともありますが、多くのカードが18歳から持てることになっています。

ただし、ここでご紹介した中ではジャックスがそうであるように、中にはキャッシング枠のみ20歳以上でなければつけられないようなカードもありますので、注意が必要です。

未成年が融資の対象になりにくい理由はズバリこれ!

以上のことから、未成年の学生がお金を借りることができるのは、クレジットカードを除いては一部の学生ローンのみであるということがわかります。なぜそんなことになっているのかというと、これにはちゃんとした理由があります。

未成年がお金を借りにくいのは、以下の2つの理由からです。

  • 民法の定めで未成年には契約行為をすることが認められていない
  • 未成年に融資するにはリスクが大きい

未成年は、民法の定めにより契約行為をすることができません。実は、未成年が単独でした契約は、取り消すことも可能なのです。となると、未成年と契約したとして、万が一契約を取り消されれば、未成年は残っている借入金のみを返済する義務を負います。

つまり、すでに使ってしまったお金は返さなくていいことになるので、融資した会社は損をすることになりますよね。そのため、未成年に融資をしないのが一般的です。

ただし、法定代理人の承認があれば問題はありません。そのため、未成年が利用できる学生ローンの中には、保護者の承認があることが利用の条件となっているものもあります。つまり、未成年は責任能力があるとは言い難く、自分では責任が負えないので保護者が代わりに義務を負っています。

また、未成年に融資するのはリスクが大きいことも、未成年がお金を借りにくい理由です。これは、成人していても勤続年数が少ない人がお金を借りにくいのと理由は共通していて、その会社で本当にずっと働くのかがわからず、また就職してすぐなので給料も低めであるためです。

18歳から借りられる業者が限られているのも、納得できますね。

どこから借りるとお得?借り入れ先別利率の比較

未成年にとっては借り入れできる先が少ないとはいえ、選択の幅が広い人にとっては、キャッシングするなら当然利率が低いところの方がいいですよね。

クレジットカードによるキャッシングも一つの選択肢として考えた上で、できればお得に借り入れがしたいものです。そこで、どこから借りるのがお得なのか、借り入れ先別に利率を比較したいと思います。

とはいえ、利率だけを比較するのはあまり意味があるとは言えません。なぜかというと、利用限度額が高いほど、金利は低くなる傾向にあるからです。そこで、利用限度額も合わせてご紹介します。利用限度額が低くなりがちな学生は特に、最大の利率での融資になると思って比較した方が良いでしょう。

それでは、先ほど利用可能年齢を比較した業者を例として確認してみましょう。

銀行キャッシングの利率

それでは、まず銀行の商品から利率を確認してみましょう。

銀行名・商品名 利率(%) 最大の利用限度額
オリックス銀行「オリックス銀行カードローン」 3.0~17.8 800万円
新生銀行「レイク」 4.5~18.0 500万円
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 4.6~14.6 500万円
みずほ銀行「みずほ銀行カードローン」 4.0~14.0(コンフォートプラン) 1,000万円
三井住友銀行「三井住友銀行カードローン」 4.0~14.5 800万円
イオン銀行「カードローンBIG」 3.8~13.8 800万円
じぶん銀行「じぶんローン」 2.4~17.5 500万円
楽天銀行「楽天銀行スーパーローン」 4.9~14.5 500万円

銀行によって利率や利用限度額に差がありますが、利率はそれほど高くないという印象ですね。

大手消費者金融の利率

次に、大手消費者金融の利率です。

消費者金融 利率(%) 最大の利用限度額
アイフル 4.5~18.0 500万円
アコム 3.0~18.0 800万円
プロミス 4.5~17.8 500万円
モビット 3.0~18.0 800万円
ノーローン 4.9~18.0 300万円

大手消費者金融の場合、利率もわりと近く、多くの業者で上限の利率が18%となっています。

中小規模の消費者金融の利率

消費者金融の場合、利率は以下の通りです。

消費者金融 利率(%) 最大の利用限度額
アロー 15.0~19.94 200万円
セントラル 4.8~18.0 100万円
ビアイジ 15.0~18.0 100万円
フクホー 7.3~18.0 200万円
ライフティ 8.0~18.0 500万円

中小企業の消費者金融の中には、上限の利率が18%を超えているところも中にはありますが、大手と同じく18%を限度としているところがほとんどですね。

では、学生ローンの利率も合わせて見てみましょう。

学生ローンを扱う消費者金融 利率(%) 最大の利用限度額
アイシーローン 10.0~20.0 50万円
アミーゴ 14.0~16.8 50万円
イー・キャンパス 14.5~16.5 50万円
フレンド田 15.0~17.0 50万円
友林堂 12.0~16.8 30万円

学生ローンの利率には、上限が18%よりも低いものが多くありますね。ただし、学生向けの商品なので、利用限度額は低めに抑えられています。

また、貸金業者からは法律の関係で年収の3分の1以上は借りられませんので、最大でアルバイトなどで得た収入の3分の1までしか借り入れができないことも知っておきましょう。

クレジットカードの利率

では、クレジットカードの利率についても確認しましょう。クレジットカードの場合、キャッシング枠をいくらにするかは、申し込み時に決めたり、途中で申し込みや変更ができたりします。

クレジットカード会社 利率(%) 最大の利用限度額
三井住友VISAカード「クラシックカード」 15.0~18.0 300万円
三井住友VISAカード「ゴールドカード」 14.4~15.0 300万円
セディナカード「セディナカードクラシック」 上限18.0 200万円(新規の場合は50万円まで)
セディナカード「セディナゴールドカード」 上限18.0 200万円(新規の場合は50万円まで)
ジャックス「ジャックスカード」 18.0 50万円
ジャックス「ジャックスカードゴールド」 18.0(リボルビング払いなら15.0) 50万円
JCBカード「JCB一般カード」 15.0~18.0 個別に設定された金額内
JCBカード「JCBゴールド」 15.0~18.0 個別に設定された金額内

このように、多くのクレジットカードの利率が、15~18%程度になっていることがわかりますね。

年齢制限さえ合えばお得なのは銀行の商品!

比較してお分かりいただけたと思いますが、年齢制限の問題が無ければ、お得なのは上限の利率が低い銀行の商品です。ですが、年齢制限がある場合、そこから選ぶことはできませんよね。

だからこそ、クレジットカードによるキャッシングが特にお勧めなのは未成年の学生だと言えるのです。

これはキャッシングに限った話だけではなく、クレジットカードの場合、持っていることでポイントが貯まる、現金を借りるわけではなくても買い物した代金を立て替えてもらうことができるなど、別の意味でも便利な面があります。

ただし、クレジットカードの場合年会費が発生することもあり、それも含めてお得かどうかを見極める必要があります。

クレジットカードの中には学生向けのものもあり、学生の間は年会費がかからない、ポイントサービスが充実しているなどの特典まで付いている場合もあるので、未成年の学生はそのようなカードを選べばいいわけですね。

そこで、学生が便利に使えることを考えて発行されている、お勧めの学生向けクレジットカードをご紹介したいと思います。

持つならこのカード!お勧めの学生向けのクレジットカード紹介

クレジットカード会社の中には、学生向けのカードを発行しているところもあります。学生向けなので、学生が便利にお得に使える内容になっています。

では、詳細を見ていきましょう。

三井住友VISAカード「デビュープラスカード(学生)」

三井住友VISAカードから発行されている「デビュープラスカード(学生)」は、以下のような特徴を持っています。

基本情報の内容 詳細
年会費 初年度無料、翌年から税別1,250円(年1回以上カードの利用があれば翌年は無料)
申し込める人 18歳~25歳の学生(高校生以外)
特徴 入会後3カ月間ポイント5倍、その後は常にポイント2倍になる
キャッシングについて 利用枠5万円まで、利率は18.0%

このカードは、高校生以外の学生(聴講生や研究生、科目履修生などは含まない)向けのカードで、18歳から申し込むことができます。

ただし、未成年が申し込む場合には、親権者の同意を得ることが必要です。さらに、PiTaPaカードを合わせて持ちたい人の場合、25歳未満の人は親権者の同意を得る必要があります。

年1回以上の利用で年会費が無料になるので、年会費を気にせず持つことができるカードですね。さらに、若い世代の人がお得に使えるよう、常にポイント2倍の特典までついています。そのため、通常のカードを持つよりも効率よくポイントをためることができます。

それから、以下の保険も付帯されているので、安心してカードを持つことができます。

  • 最高で100万円までのショッピング補償
  • カードの紛失や盗難の際のサポート

ただし、注意しなければいけないのが、このカードの場合キャッシング枠は5万円までだということです。それ以上の借り入れはできませんが、未成年でもお金が借りられますので、サークル活動や講義で必要なものを用意するなど、ちょっとお金が欲しい時に便利に借り入れできます。

現金が必要な場面ももちろんありますが、クレジットカードなので、物を直接購入すれば問題ない場面では、利息を支払って借り入れをすることなくクレジットカードとしての使い方で困った場面を乗り切れることもあります。

クレジットカードとしても使え、いざという時にはキャッシングもでき、その上利用することで年会費無料で持つことができるカードなので、学生にお勧めです。

三井住友VISAカードからは、他にも「三井住友VISAクラシックカード(学生)」と「三井住友VISAクラシックカードA(学生)」という学生向けのカードも発行されています。

これらにはポイントの優待などのサービスが無い代わりに、旅行傷害保険がついているなどの特徴があります。ポイントよりも補償を優先したい人の場合は、こちらのカードを選択する方が向いています。

ライフカード「学生専用ライフカード」

ライフカードから発行されている「学生専用ライフカード」は、以下のような特徴を持っています。

基本情報の内容 詳細
年会費 無料
申し込める人 18歳~25歳の学生(高校生以外)
特徴 海外ショッピングで5%のキャッシュバック、学生専用問い合わせ窓口の設置
キャッシングについて 利用枠10万円まで、利率は15.0%

このカードは、高校生以外の学生(大学生、短大生、大学院生、専門学校生)向けのカードで、18歳から申し込むことができます。ただし、未成年が申し込む場合には、親権者の同意を得ることが必要です。

年会費は無条件で永久無料なので、年会費の心配をすること無くカードを持つことができます。それから、以下の補償も付帯されています。

  • 最高で2,000万円までの海外旅行傷害保険
  • 届け出から60日前にさかのぼっての、カードの紛失や盗難による不正使用の補償

さらに、携帯電話の利用料金をカード決済にすると、抽選でAmazonのギフト券500円分がもらえます。10人に1人の確率で当たると言いますから、かなり当選確率が高いですね。

このカードの場合キャッシング枠は、10万円までで、利率は15.0%です。

カードの利用の有無にかかわらず、年会費が発生しないのが安心ですね。さらに、学生専用の問い合わせ窓口があるなどの配慮がされていることも嬉しいカードです。

セディナカード「セディナカードファースト」

セディナカードから発行されている「セディナカードファースト」は、学生専用のカードではないのですが、学生や10代・20歳の若い人に向けて発行されているカードです。

このカードは、以下のような特徴を持っています。

基本情報の内容 詳細
年会費 初年度無料、翌年から税別1,000円(年1回以上カードの利用があれば翌年は無料)
申し込める人 18歳~25歳の人(高校生以外)
特徴 通常のカードと同じ
キャッシングについて キャッシング枠新規は50万円まで、利率は上限18.0%

このカードは、高校生以外で18歳から25歳までの人が申し込めます。

年会費は年1回以上の利用があれば無料なので、年会費が負担になることはあまりなさそうですね。

このカードには、セディナの通常のカードと違う特典は無いのですが、補償はとても充実しています。

  • 最高で1,000万円までの海外旅行傷害保険
  • 最高で1,000万円までの国内旅行傷害保険
  • 最高で50万円までのショッピング補償
  • 届け出から60日前にさかのぼっての、カードの紛失や盗難による不正使用の補償

このカードはキャッシング枠が新規でも最大50万円までと、学生専用カードと比較して枠が大きめになっているのが特徴です。ただし、借りられるのは最大で年収の3分の1までなので、枠の上限いっぱいまで利用できるとは限りませんので、注意しましょう。

JCB「JCB CARD EXTAGE」

JCBから発行されている「JCB CARD EXTAGE」も、学生専用のカードではないのですが、学生・10代・20代の若い人に向けて発行されているカードです。

このカードは、以下のような特徴を持っています。

基本情報の内容 詳細
年会費 無料
申し込める人 18歳~29歳の学生(高校生以外)または本人か配偶者に安定継続した収入がある人
特徴 ポイント優待サービスがある(下記参照)
キャッシングについて 利用枠はカードの発行案内または利用明細に記載、利率は15.0~18.0%

このカードは、高校生以外の学生や、本人か配偶者に安定継続した収入がある人で18歳から29歳までの人が申し込めます。

ポイントは、以下のように優遇されます。

  • 入会から3カ月間…ポイント3倍
  • 入会から4カ月以降…ポイント1.5倍
  • 海外での利用…ポイント2倍、優待店を利用すると大幅なポイントアップ

年会費は無条件で永久無料なので、年会費の心配をすること無くカードを持つことができます。それから、以下の補償も付帯されています。

  • 最高で2,000万円までの海外旅行傷害保険
  • 最高で100万円までのショッピング補償

このカードの場合のキャッシング枠は、カードの発行案内や利用明細に記載されることでわかります。

学生向けのクレジットカードではキャッシング枠は高額ではない!

ご覧頂いておわかりいただけるように、学生向けのクレジットカードの場合キャッシング枠はあまり高額には設定されていません。

その点では学生ローンの方が使い勝手がいいのですが、クレジットカードの場合ショッピングにも使える、ポイントサービスがあるなどの点で有利になることがあります。

よりお得にキャッシングをするなら!年齢や利率に注意しよう

以上のように、銀行や消費者金融からのキャッシング、クレジットカードのキャッシングにはそれぞれにメリットとデメリットがあり、それを知った上でどこからキャッシングをするのか決めなければいけません。

未成年の学生がキャッシングをする場合は、年齢が問題になるので、18歳から持てるクレジットカードによるキャッシングはとても便利なのですが、上限のキャッシング枠が低いなどの問題点もあります。

そこで、未成年の学生がキャッシングしたい場合には、以下の点を参考にしてどこでキャッシングをするのか考えてみましょう。

  • まとまった現金が必要な場合→未成年でも利用な可能な学生ローンがお勧め
  • ショッピング機能を利用することが多く現金がそれほど必要ない場合→クレジットカードによるキャッシングがお勧め

クレジットカードの場合、リボ払いにするなどの返済方法を選ぶのでなければ、利息なしでショッピングをすることも可能です。また、ポイントがつくなどのメリットもありますので、それを最大限に生かす方法があります。

ですが、まとまった現金が必要ということになると、クレジットカードのキャッシングでは対応できないこともあります。その場合には、未成年でも利用できる学生ローンを選ぶと、必要なお金が借りられる可能性が高くなります。

目的に合わせて借り入れ先を考え、賢くキャッシングしたいものですね!

新着記事
ページトップへ