> > > カードローンでラクラク借入れ希望!甘い審査はココ

カードローンでラクラク借入れ希望!甘い審査はココ

カードローンでお金を借りたい!しかも、なるべくなら甘い審査のところでラクして借入れしたいですよね。そこで、ここでは甘い審査のところを紹介していきます。

審査が甘いと言っても、実は申し込む人の状況によって難易度は変わってくるのです。初めての借入れなら大手消費者金融、専業主婦なら銀行カードローン、過去に債務整理などの経験があれば中小消費者金融が申し込み先にピッタリとなりますよ。具体的にはどんなところがあるのか説明していきますね。

初めての借入れなら大手消費者金融がピッタリ!

初めて借り入れするなら大手消費者金融がピッタリです。大手消費者金融と言えば、アコム・プロミスなどがありますが、いずれもお金を貸したくて営業している貸金業者です。そのため無闇に審査を厳しくはしていません。

初めての借入れであれば、各社の利用条件を満たしさえすれば十分審査に通るのです。ポイントは年齢と安定した収入ですね。

借りれる年齢チェック

利用条件には、必ず申し込める年齢が明記されています。

金融機関名 年齢
アコム 20歳~69歳まで
プロミス 20歳~69歳まで
アイフル 20歳~69歳まで
モビット 20歳~69歳まで
上記の年齢を満たし、アルバイトやパートでも良いので毎月継続して安定した収入があれば、審査に通る可能性は高いのです。そのため初めての借入れで、甘い審査のカードローンと言えば大手消費者金融と言えますね。

専業主婦には銀行カードローンがオススメ!

初めて借り入れする人であれば、大手消費者金融がオススメと言いましたが、借りる人が専業主婦である場合は話しは別となります。消費者金融などの貸金業者には貸金業法が適用されていますが、その中には「本人の年収の1/3まで借入れできる」という総量規制が定められているのです。

専業主婦の場合は、自分自身で稼いだ収入がありません。そのため、借入れできるのは本人の年収の1/3までと言われても、0円となってしまうのです。もちろん、総量規制の例外として、配偶者貸付もありますが、取り扱っている消費者金融は中小消費者金融となり、大手消費者金融では取り扱っていません。

そこで、オススメとなるのが銀行カードローンとなります。銀行カードローンでは銀行法が適用となるため、専業主婦でも問題なく申し込みが出来るのです。

金融機関 専業主婦の申し込み
大手消費者金融 不可
中小消費者金融 配偶者貸付のあるところのみ可
銀行カードローン

専業主婦が申し込める銀行一覧

それでは、専業主婦が申し込める銀行を具体的に紹介しますね。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

これらは都市銀行となりますが、もちろん地方銀行でも対応していますよ。

  • 群馬銀行
  • 筑波銀行
  • 千葉銀行
  • 北海道銀行
  • 東北銀行
  • 大分銀行、等

銀行カードローンでは専業主婦の申し込みもOKとなっていますが、申込み時には配偶者に安定した収入があることが条件となります。配偶者がパート・アルバイト・年金受給のみの場合では申し込めないところもありますので、申込み先をしっかり調べて申し込む必要がありますね。

大手消費者金融では専業主婦の借入れはできませんので、専業主婦が甘い審査でお金を借りようと思ったら、銀行カードローンがピッタリとなりますよ。

過去に債務整理などのブラックありなら、中小消費者金融

最後に、ブラック情報がある人はどこに申し込むと審査が甘いのか紹介しておきますね。過去に返済の遅れや任意整理・自己破産・個人再生などの経験があると、銀行カードローンや大手消費者金融では審査に通ることができません。

そこでおススメとなるのは中小消費者金融となりますよ。中小消費者金融では、大手消費者金融では借りることができない人を対象としていますので、ブラック情報がある人でも借りれる可能性が高いのです。

  • フクホー
  • アロー
  • エニー
  • エス・ジー・ファイナンス
  • セントラル

上記は過去に債務整理などのブラック情報がある人でも、借入実績がある中小消費者金融となります。そのため、ブラック情報がある人でも安心して申し込みができますね。

しかし中小消費者金融では、「どこでもブラック対応している」というわけではありません。申込む前に口コミ情報などで、対応しているかどうかをしっかりチェックしておく必要がありますよ。

ブラックOKの中小消費者金融で借りる注意点

それでは、ブラックOKの中小消費者金融に申し込む時の注意点を説明しておきます。ブラックOKと言っても、過去のブラックに対しては申込みOKという意味になりますよ。

そのため、現在も返済の遅れがある場合は審査に通りません。中小消費者金融の審査に通るためには、過去の返済は行っており、現在は安定した収入があることが申し込み条件となりますよ。

ブラック情報が載るのは5年まで

また、信用情報機関には登録情報が載っている期間が決まっています。

信用情報機関 登録内容 登録期間
CIC 支払状況に関する情報 契約終了後5年以内
JICC 返済状況に関する情報 完済日から5年を超えない期間

つまり、ブラック情報があっても契約終了後5年を超えると、その情報は登録されなくなるのです。そうなると、過去にブラック情報があったかどうかは判断できなくなりますので、大手消費者金融でも借入れできるようになるのです。

ただし、これは信用情報機関に登録されなくなるだけですので、遅延を行った金融機関にはほぼ永久的に情報が残っていますよ。遅延や債務整理を行っていない金融機関に申し込みをしましょうね。

契約終了日や完済日が分からない場合は、信用情報機関へ問い合わせをして情報の開示を行うと、自分の情報がハッキリ分かりますよ。どの信用情報機関かは、借入した金融機関のホームページから調べることができますので、迷った時には金融機関のホームページをチェックしてみましょう。

借入した消費者金融のホームページをチェック

提携している信用情報機関が判明

信用情報機関をチェック

情報の開示

契約終了日や完済日が判明

自分にピッタリな甘い審査の見つけ方

ここまでを整理すると、どこに申し込むべきかが分かりますね。

申込む人の状況 金融機関
初めての借入れで不安 大手消費者金融
専業主婦で収入0円 銀行カードローン
過去に遅延、債務整理経験あり 中小消費者金融

自分にピッタリな金融機関に申し込むことで、審査に落ちる確率が減りますね。つまり審査が甘いと感じることができるのです。

これが、専業主婦なのに審査が甘いと思って大手消費者金融に申し込みをしてしまったり、ブラック情報があるのに大手消費者金融に申し込みをしてしまったりすると、審査に通ることはありませんので、審査が厳しいと感じてしまうのです。自分にピッタリなところへ申し込むことがポイントですね。

新着記事
ページトップへ