> > > 即日融資は不可能!?借り換えローンの性質を徹底解説!

即日融資は不可能!?借り換えローンの性質を徹底解説!

貸金業者からは、法律の定めによって年収の3分の1を超える借り入れはできません。ですが、複数の業者から借り入れを続けているうちに、利息を含めると借入総額が年収の3分の1を超えることもありえます。

そんな時には、借り換えローンで一本化する方法がお勧めです!複数の借り入れがあると返済の管理が大変ですが、それをまとめることで問題が解決できます。実は借り換えローンなら、年収の3分の1を超える借り入れも可能なんです。

それならすぐ申し込んで借り入れしたい!そう思うかもしれませんが、借り換えローンは返済を目的としている性質上、即日融資は不可能です。では、なぜそう言えるのか、借り換えローンについて徹底解説します!

管理が楽になり利息が下がる場合も!借り換えローンの特徴解説

そもそも、法律によって年収の3分の1を超える金額の借り入れはできない(これを総量規制と言います)はずなのに、なぜ借り換えローンなら年収の3分の1を超えて借り入れができるのかというと、法律によって例外が認められているからです。

借り入れ金額に関して規定している法律は貸金業法という名前の法律なのですが、それには“顧客に一方的に有利になる借り換え”の場合は例外とするという規定もあります。借り換えローンを利用することは利用者にとって有利になるので、その場合は例外として認めるということです。

それによって、借り換えローンの場合は合法的に年収の3分の1を超える借り入れができるわけですね。

では、借り換えローンが顧客に有利だと言えるのはなぜか、詳しく見ていきましょう。

借り入れローンは複数のローンを一本化できる商品!

借り換えローンは、現在複数の借り入れをしている場合、それを一本化して返済するという内容の商品です。

借り入れが多くあると、どの業者の返済もなかなか進まないという事態に陥ってしまいがちなのですが、それをまとめることによって返済を進めるのが目的のローンなんですね。

借り換えローンを利用すると返済管理が楽になる!

借り換えローンを利用する最大のメリットは、返済の管理が楽になることです。例えば、今借り入れ先が3社あるとしたら、3社とも返済日や返済金額が全て同じということは考えにくいですよね。

となると、会社ごとに返済日と返済金額を把握し、きちんと返済を行っていかなければいけないことになります。

借り入れ先が多くなればなるほど、この返済管理が難しくなり、返済を忘れがちになります。返済を忘れると、遅延損害金がつきますよね。ということは、本来支払わなくてもいい利息を支払うことになってしまうんです。

そこで、借り換えローンを利用することで借り入れを全てまとめると、返済日も返済金額も1か所分だけ覚えていればいいことになりますよね。それによって返済の管理がずいぶん楽になりますし、返済遅れによって余分な利息を払う可能性も減るのです。

低い利率が適用されれば支払総額が引き下げられることも!

借り入れの返済は、借り入れをした金額に利息をつけて行いますよね。ということは、利率が低いほど返済の支払総額が減ることになります。

一般的に、借り入れ金額が高くなればなるほど、利率は低くなる傾向にあります。そのため、1社での利用限度額が50万円ずつ、3社から借り入れをする場合より、まとめて1社から150万円借り入れをする方が利率が低くなる可能性が高くなっています。

同じ借り入れ金額の返済をする場合、利息の支払いが少ない方が返済が楽になりますよね。そのため、借り換えることで利用者が有利になるというわけです。

月々の支払金額を低くすることで楽に返済できる!

借り換えローンの商品は、返済期間と返済回数を希望によって設定できることが多くなっています。そのため、返済期間を長くし、返済回数を増やすことによって、月々の返済額を低くし、滞納することなく返済を続けようといったような返済計画を立てることも可能です。

現在の月々の返済額が多く、返済が滞りがちな人の場合、月々の支払金額を低くする方法で完済を目指すのもいいですね。

融資金は直接借り入れ先に振り込まれるので即日融資は不可能です

ここまで見てきたような特徴を持つ借り換えローンですが、複数の借り入れをまとめて返済するための商品であるという性質上、借りたお金は返済にしか使えません。

そこで、融資金は、借り換えローンの契約先から借り入れ先に振り込まれることがほとんどです。そのため、申し込み者の手元にお金が届くことは無い可能性が高いと言えます。だから、借り換えローンには即日融資という概念が無いんですね。

また、場合によっては申し込み者がお金を受け取って返済をすることもあるのですが、借り換えローンは利用額が高くなることもあり、審査は慎重に行われます。そのため、融資までに時間がかかります。そういった意味からも、即日融資は難しいと言えます。

プロミスの借り換えローンは、唯一自動契約機や店頭窓口で申し込めばその場で審査結果が聞けると明記されている商品です。ですが、借りたお金はプロミスが借り入れ先に振り込むため、やはり即日融資を受けることはありません。

メリットだけでない?知っておくべき借り換えローンのデメリット

借り換えローンはとても便利なものなのですが、メリットだけではなくデメリットもあります。それを知った上で利用しないと、後から困ることになる可能性もあります。

そこで、借り換えローンのデメリットも確認したいと思います。

返済計画によっては返済総額が増額することも!

先ほど、借り換えローンのメリットとして、返済期間を長くし返済回数を増やすことによって、月々の返済額を低くし、滞納することなく返済を続けられるような返済計画を立てることも可能だということをお話ししました。

ですが、この方法は場合によっては考えもので、返済期間が長くなればそれだけ利息を支払う期間が増えるため、元金がなかなか減らず支払う利息が多くなることもあるのです。

実際に、アコムやプロミスなどの借り換えローンでも、返済期間などの契約内容によっては返済総額が増える場合もあることが案内されています。そのため、そういう可能性があることも知って、返済総額が増えない範囲での返済計画を立てることをお勧めします。

それに気をつければ、これに関してはデメリットとはなりません。

借り換えローンを利用すると追加融資は受けられない!

借り換えローンは、これまでの借り入れを返済することが目的のローンであり、また年収の3分の1を例外的に超えて融資できるローンでもあることから、追加融資は受けられない決まりになっています。

そのため、借り換えローンでは、一度借り入れをしたらその後は返済のみを行うことになります。

借り換えローンの利用を考えたということは、返済が大変な状態になっているということですよね。そういった事情を考えると、返済のみを行って借り入れ残高を確実に減らして行くことはいいことなのですが、何か出お金に困った時に不便さを感じる可能性もあります。

そういう意味で、デメリットと言えないことも無いということです。

借り換えの対象となるのは貸金業者からの借り入れのみ!

また、借り換えの対象となる借り入れに制限があることもデメリットの一つと言えます。借り換えローンの対象となるのは、以下のようなローンです。

  • 消費者金融からの借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング機能を利用しての借り入れ

つまり、銀行のカードローンや、クレジットカードによるショッピングの代金などは借り換えローンの対象とはならないんですね。そのため、現在の借り入れ先の多くが銀行というような人の場合、借り換えローンを利用してもあまり意味がないことになります。

そもそも、銀行のカードローンは消費者金融と比較して金利が低いところも多く、借り換えをしても得にならないこともあります。そのため、現在の借り入れ先の多くが銀行の人は、特に慎重に借り換えローンを利用するかどうかを考えましょう。

とはいえ、借り入れ先が複数あったら返済の管理に困ることは変わりませんよね。そんな時には、借り換えに利用してもいいと明記されている銀行カードローンの商品を利用して複数の借り入れをまとめる方法もあります。

借り換えを目的として利用できると明記している銀行カードローンの商品には、例としてオリックス銀行の「オリックス銀行カードローン」や、楽天銀行の「楽天スーパーローン」などがあります。

銀行は貸金業者ではないため、銀行のカードローンを利用する場合、年収の3分の1を超える融資をしてはいけないという決まりはありません。そのため、銀行のカードローンの中には、借り換えローンとして利用することを想定した商品もあるのです。

こんな商品があります!借り換えローンを扱う業者紹介

それでは、借り換えローンとはどのような商品なのか、実際に借り換えローンを扱う業者の商品内容を見ることで確認したいと思います。

同じ借り換えローンでも業者によって内容に違いがありますので、そこにも注目していただければと思います。業者によって借り換えローンと言ったりおまとめローンという言葉を使ったりしていますが、考え方は同じです。

厳密に言えば、借り換えローンの場合は1社から別の会社の商品に借り換えることとも言えるのですが、多くの業者が借り換えローンを複数の借り入れをまとめる商品と位置付けていますので、ここでは同じと考えます。

2種類の借り換えローンがある!アイフルの商品

大手消費者金融では、貸金業法に基づいた借り換え専用ローンを扱っているところが多く、アイフルもその一つです。アイフルの場2種類の借り換えローンが用意されていて、アイフルとの取り引きがあるかどうかでどちらを選ぶかが決まります。

では、詳細を見ていきましょう。

かりかえMAX(アイフルの利用が初めての人向け)

項目 内容
利率(%) 12.0~17.5
契約限度額 500万円
利用可能年齢 20歳以上
返済期間 最長で10年(返済回数120回まで)
融資方法 受け取ったお金で申し込み者が返済(アイフルが直接入金する場合もあり)

利用するには定期収入と返済能力があることが求められ、申し込みには以下の書類が必要です。

  • 他社の借り入れ条件が確認できる書類
  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類

申し込み方法は以下の通りです。

  • かりかえMAX申し込み専用ダイヤル
  • インターネット

契約方法は以下の通りです。

  • 店頭窓口
  • 郵送

おまとめMAX(アイフルと契約中、または過去に利用したことがある人向け)

項目 内容
利率(%) 12.0~15.0
契約限度額 500万円
利用可能年齢 20歳以上
返済期間 最長で10年(返済回数120回まで)
融資方法 受け取ったお金で申し込み者が返済(アイフルが直接入金する場合もあり)

利用するには定期収入と返済能力があることが求められ、申し込みには以下の書類が必要です。

  • 他社の借り入れ条件が確認できる書類
  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類

申し込み方法は以下の通りです。

  • おまとめMAX申し込み専用ダイヤル
  • インターネット

契約方法は以下の通りです。

  • 店頭窓口
  • 郵送

アイフルを利用中または利用したことがある人の場合、利率が優遇されていますね。どちらも返済専用の商品なので、追加の借り入れはできません。

自動契約機での手続きも可!アコムの借り換え専用ローン

アコムの借り換え専用の商品は、正式名称を「貸金業法に基づく借換え専用ローン」と言います。

では、詳細を見ていきましょう。

項目 内容
利率(%) 7.7~18.0
契約限度額 300万円
利用可能年齢 20歳以上
返済期間 契約方法によって違いあり(下記参照)
融資方法 アコムが借り入れ先に振り込み(申し込み者が清算する場合もあり)

利用するには安定収入と返済能力があることが求められ、申し込みには以下の書類が必要です。

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類
  • 返済用の口座の情報が確認できるものと届出印

申し込みたい時には、フリーコールに電話します。その後は、担当者の案内に従って手続きをしましょう。

契約方法は以下の通りです。

  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • 郵送

アコムの場合、契約方法によって毎回の返済額の設定に違いがあります。店頭窓口・郵送契約の場合、毎回の返済額は貸付金額の1.0%以上になるように設定します。自動契約機での契約の場合、毎回の返済額は貸付金額の1.5%または2.0%以上になるように設定します。

そのため、以下のように返済期間にも差が出てきます。

  • 店頭窓口・郵送契約…最長で13年7カ月(返済回数162回まで)
  • 自動契約機(1.5%以上の場合)…最長で12年3カ月(返済回数146回まで)
  • 自動契約機(2.0%以上の場合)…最長で8年(返済回数95回まで)

これは返済専用の商品なので、追加の借り入れはできません。

店舗ならその場で審査結果が聞ける!プロミスの借り換えローン

プロミスの借り換え専用の商品は、正式名称を「貸金業法に基づくおまとめローン」と言います。

この商品では、慎重な審査が行われることは明記されていますが、それでも自動契約機や店頭窓口で申し込みをすると、その場で審査結果を聞いて契約まで済ませることができる、対応スピードが速い商品です。

では、詳細を見ていきましょう。

項目 内容
利率(%) 6.3~17.8
契約限度額 300万円
利用可能年齢 20歳以上65歳以下
返済期間 最長で10年(返済回数120回まで)
融資方法 プロミスが借り入れ先に振り込み

利用するには安定収入があることが求められます。パートやアルバイトによる収入でも問題ありません。申し込みには以下の書類が必要です。

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類

申し込み方法は以下の通りです。

  • プロミスコールに電話
  • 店頭窓口に来店
  • 自動契約機に来店

契約方法は以下の通りです。

  • 店頭窓口
  • 自動契約機

これは返済専用の商品なので、追加の借り入れはできません。

最適なプランを提案してもらえる!ノーローンの借り換えローン

ノーローンの借り換え専用の商品は、正式名称を「おまとめローン(貸金業法に基づくお借換え)」と言います。

ノーローンでも、初めて契約する人とノーローンで契約中の人とでは内容が違います。どちらの場合でも、最適なプランの提案を受けることができます。

では、詳細を見ていきましょう。

初めて利用する場合

項目 内容
利率(%) 12.0~18.0
契約限度額 300万円
利用可能年齢 20歳以上69歳以下
返済期間 最長で8年(返済回数96回まで)
融資方法 案内なし

利用するには給与収入があることが求められます。申し込みには以下の書類が必要です。

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類

申し込みたい場合はホームページ上で案内されている問い合わせ先に連絡を入れ、案内に従うようにしましょう。

ノーローンとの契約がある場合

項目 内容
利率(%) 12.0~18.0
契約限度額 400万円
利用可能年齢 20歳以上69歳以下
返済期間 最長で8年(返済回数96回まで)
融資方法 案内なし

利用するには給与収入があることが求められます。パートやアルバイトによる収入でも問題ありません。申し込みには以下の書類が必要です。

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類

ノーローンとの契約がある人は、契約の無い人に比べて契約限度額が100万円高く、さらに契約がある場合はパートやアルバイトによる収入でも借り入れが可能という点で違いがあります。

申し込みたい場合はホームページ上で案内されている問い合わせ先に連絡を入れ、案内に従うようにしましょう。

どちらも返済専用の商品なので、追加の借り入れはできません。

インターネットで申し込み!ライフティの借り換えローン

準大手の消費者金融、ライフティの借り換え専用の商品は、正式名称を「貸金業法に基づくおまとめローン」と言います。借り換えローンの商品としては珍しく、インターネットから申し込むことが利用の条件となっています。

では、詳細を見ていきましょう。

項目 内容
利率(%) 8.0~18.0
契約限度額 300万円
利用可能年齢 20歳以上69歳以下
返済期間 最長で10年(返済回数120回まで)
融資方法 ライフティが借り入れ先に振り込み

利用するには安定収入があることが求められます。申し込みには以下の書類が必要です。

  • 他社の借り入れ条件が確認できる書類
  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類

最初に確認したように、申し込み方法はインターネットのみです。契約方法は郵送になります。

これは返済専用の商品なので、追加の借り入れはできません。

中小規模の消費者金融でも扱い有り!アローの借り換えローン

大手や準大手だけではなく、中小規模の消費者金融の中にも借り換えローンを取り扱っている業者があります。その中の1つ、アローの借り換え専用の商品は、正式名称を「貸金業法に基づく借換ローン」と言います。

では、詳細を見ていきましょう。

項目 内容
利率(%) 15.0~19.94
契約限度額 200万円
利用可能年齢 20歳以上65歳以下
返済期間 最長で10年(返済回数120回まで)
融資方法 案内なし

借り換えローンとして利用するには、金利が高い印象があります。

利用するには職に就いていて、健康保険に加入していることが求められます。また、他社の返済が遅れている人は契約することができません。申し込みには以下の書類が必要です。

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類

申し込み方法は以下の通りです。

  • インターネット
  • ファックス
  • 郵送

申し込みのフォームは資金使途が自由なローンの場合と同じなのですが、インターネットから申し込む場合はお金の利用目的のところに他社返済が選択できますので、それを選びます。ファックスや郵送の場合は、資金使途蘭に記入欄がありますので、そこに他社返済と記入しましょう。

アロー自体はもともとカードローン形式での融資は行っていないので、借りた後は返済のみを行う形になります。

利用額が高ければ金利が安くなる!フクホーの借り換えローン

中小規模の消費者金融では、フクホーも借り換え専用の商品を扱っています。フクホーの借り換え専用の商品は、正式名称を「貸金業法に基づく借換ローン」と言います。

では、詳細を見ていきましょう。

項目 内容
利率(%) 貸付金額により変動(下記参照)
契約限度額 200万円
利用可能年齢 20歳以上65歳以下
返済期間 最長で10年(返済回数120回まで)
融資方法 案内なし

利用するには職に就いていて、健康保険に加入していることが求められます。また、他社の返済が遅れている人と、会社役員や自営業の人は契約することができません。

利率は以下のように変動します。

  • 貸付金額が5万円から10万円未満…7.3~20.0%
  • 貸付金額が10万円から100万円未満…7.3~18.0%
  • 貸付金額が100万円から200万円未満…7.3~15.0%

フクホーの場合、利用金額が高くなればなるほど利率が下がる傾向にあることがわかりますね。申し込みには以下の書類が必要です。

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類

申し込み方法は以下の通りです。

  • インターネット
  • 来店
  • 電話

フクホーの場合も、インターネットの申し込みのフォームは資金使途が自由なローンの場合と同じで、資金使途の欄に他社返済の選択肢があります。

フクホーでも、もともとカードローン形式での融資は行っていないので、借りた後は返済のみを行う形になります。

借り換え専用ではないが便利!オリックス銀行のカードローン

ここからは、借り換えに利用してもいいと明記されている銀行のカードローンをご紹介したいと思います。

銀行のカードローン商品には利用限度額が高いものもあり、借り入れをまとめたい時に便利に使えるものもあります。その一つが、オリックス銀行のカードローン「オリックス銀行カードローン」です。

では、詳細を見ていきましょう。

項目 内容
利率(%) 3.0~17.8(利用限度額によって決定)
最大利用限度額 800万円
利用可能年齢 20歳以上65歳以下
契約期間 1年(原則自動更新)
融資方法 カードローン形式

利用するには安定収入があることが求められます。申し込みには以下の書類が必要です。

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類(利用限度額が300万円超の時)

申し込みと契約は、インターネット上でできます。

この商品はカードローンなので、利用限度額の範囲内で何度でも利用できます。その点安心感はありますが、すでに借り入れが多くて困っている場合は、できるだけ返済を優先させるようにしたいものです。

シミュレーションで比較できる!楽天銀行のカードローン

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」です。この商品も、借り換えローンとして利用しても良いことが明記されています。

では、詳細を見ていきましょう。

項目 内容
利率(%) 4.9~14.5(利用限度額によって決定)
最大利用限度額 500万円
利用可能年齢 20歳以上62歳以下(専業主婦やパート・アルバイトは60歳以下まで)
契約期間 1年(原則自動更新)
融資方法 カードローン形式

利率は、以下のように決められています。

  • 利用限度額が10万円から100万円未満…14.5%
  • 利用限度額が100万円から200万円未満…9.6~14.5%
  • 利用限度額が200万円から300万円未満…6.9~14.5%
  • 利用限度額が300万円から350万円未満…4.9~12.5%
  • 利用限度額が350万円から500万円未満…4.9~8.9%
  • 利用限度額が500万円…4.9~7.8%

利用するには定期的な安定収入があることが求められます。申し込みには以下の書類が必要です。

  • 本人確認のための書類
  • 収入証明のための書類(利用限度額が300万円超の時)

申し込みと契約は、インターネット上でできます。

この商品もカードローンなので、利用限度額の範囲内で何度でも利用できます。借り換え専用のローンではないので、資金使途に制限はありません。そのため、しようと思えば借りたお金を別の用途に使うことも可能なのですが、そうなると負担が増大するだけで返済は進みません。

このことは、楽天銀行でも注意喚起されています。そのため、返済のためにお金を借りたのなら、必ず返済にお金を回しましょう。

楽天銀行の場合、ホームページ上で返済シミュレーションが行えます。それを事前に利用することで、デメリットの部分で挙げた返済総額の増加を防ぐことができますので、とても便利です。

返済を楽にしたい人へ!メリットを最大限活かせる商品を選ぼう!

以上のように、借り換えローンは通常のカードローンとは性質が違うもので、複数ある借り入れを一本化することを目的とした商品です。

そのため、融資を受けた場合、借り入れ先に借り換えローンの申し込み先からお金が振り込まれることも多く、即日融資を受けるという概念で利用するものではありません。

ここまででご確認いただいたように、借り換えローンにはいろいろな商品がありますので、以下の点に注意して商品を選ぶようにしましょう。

  • 現在借りているよりも利率が低くなりそうですか?
  • 返済総額が今より多くなるような返済期間にしていませんか?
  • 現在の借り入れは借り換えローンの対象となる借り入れですか?

せっかく借り換えをするのなら、そのメリットを最大限活かしたいものです。そのため、利率が今よりも高い商品を選んでいないか、返済期間の設定によって返済総額が上がることはないかをしっかり確認してから申し込みをしましょう。

また、銀行のカードローンのように借り換えの対象とならない商品もありますので、現在の借り入れが対象とならない場合は、借り換えにも使える銀行のカードローン商品を選択する方法もあります。

急いで申し込むのではなく、しっかり商品を比較して、より自分に合った商品を探すようにしましょう!

新着記事
ページトップへ