> > > 無職だけど確実にキャッシングしたい!どんな方法がある!?

無職だけど確実にキャッシングしたい!どんな方法がある!?

景気が良いとは言えない状況がとっても長く続いているわが国ですから、お金に困る人も多いですよね。また、努力しているにもかかわらず、なかなかお仕事を見つけられないという方も少なからずいるはずです。

お金に困ったときに頼りになるのがキャッシングやカードローンですが、無職ではなかなか借りられないものです。だけど無職ほどお金に困っている状況もそうそうないですから、切実ですよね。

そこで今回は、無職でも確実に借りられる方法がないものか、考えてみました。今は無職ではない人も、いつかお役に立つときがくるかもしれませんので、よかったらご参考にしてください。

キャッシングの条件とは?一般的な申し込み条件を復習しよう!

無職でも確実に借りられる方法を考えるには、まず一般的な借り入れ条件を熟知しておく必要があります。既にご存知の方も多いかもしれませんが、今一度、一般的なキャッシングに必要な条件を復習しておきましょう。

消費者金融の申し込み条件

キャッシングやカードローンを利用するための条件は、消費者金融のキャッシングと銀行系のカードローンとで少々違いがあります。まずは、消費者金融の方から見ていきましょう。

例として、大手消費者金融であるアコムのカードローンの申し込み条件をご紹介します。それは、以下の3点です。

  • 20歳~69歳までの人
  • 安定した収入と返済能力を有する人
  • アコムの基準を満たす人

無職の人が気になるのは「安定した収入と返済能力を有する人」という文言ですよね。サイトの「よくあるご質問」のところを見てみると、主婦や学生でも申し込めるかという質問がありますが、これに対する答えにも上記の条件が繰り返して書かれています。

つまり、主婦や学生、その他どんな属性であろうとも、本人に安定した収入と返済能力があることが必須条件ということです。やはり、無職では申し込みさえできないということになりますね。これは、どの消費者金融も同様と言えます。

銀行系の申し込み条件

銀行や信用金庫・農協・労金などは一般的に、消費者金融とは異なった申し込み条件を掲げています。例として、三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込み条件を見てみましょう。

  • 満20歳以上65歳未満の人
  • 国内に居住する人
  • 保証会社(アコム㈱)の保証を受けられる人
  • 原則安定した収入がある人

ご覧のように、「安定した収入がある」ことも条件なのですが、「原則」という言葉がついているのが消費者金融との違いです。やはりサイトの「よくあるご質問」を参照してみると、パート・アルバイトはもちろん、学生や主婦(主夫)も申し込み可能と書かれています。

つまり、銀行系カードローンであれば、本人に収入のない学生や主婦(主夫)でも、少なくとも申し込むことはできるんです!実際に借入ができるかどうかは審査次第ですが、可能性がゼロならば申し込みなどさせませんから、家族に返済能力があれば可決となる希望はじゅうぶんあります。

無職なら銀行系を選ぼう!

ここまでお読みいただければ、無職の人には消費者金融よりも銀行系カードローンが向いていることがお分かりいただけたと思います。

消費者金融は審査云々以前に、無職の人は申し込みからしてできないのです。しかし、銀行系なら確実に申し込みが可能なのです。このことを知っておくだけでも、いざという時に時間のロスを減らすことができますね。

ただし、申し込んでも審査に通らなければ意味がないとも言えますので、無職でも審査に通る方法を以下の章で考えていきましょう。

無職でも借りられる状態もある!?ねらい目は銀行系カードローン

無職でも銀行系カードローンならば、申し込みができることをお話しました。でも、どうせなら審査で可決をゲットして実際に利用したいですよね。せっかくですから、そのためにできることには、どんなことがあるのか見ていきましょう。

パートと無職の差

無職の人が無職でいることには、様々な事情があります。定年退職、リストラ、病気で働けない、転職をするつもりで退職した等の他、専業主婦や学生なんかも無職に入ります。この中でも、借りやすさには差がありますが、それは後ほどお話するとして、まずは少しでも利用しやすくなる方法を考えましょう。

消費者金融や銀行が示す申し込み条件や利用条件には、「安定継続した収入」というものがあるのはすでにお伝えしたとおりです。収入があることが必要ではありますが、この条件には金額は書かれていません。

したがって、大企業の正社員のような高いお給料ではなくても、アルバイトでもパートであっても定期収入があればよいのです。パートでも収入がありさえすれば、無職では不可能な消費者金融でも申し込めるようになります。

つまり、借入という点から考えると、パートと無職の間には歴然とした大きな差があるのです。

少しでも収入を得るべし!

というわけで、可決率をアップさせるためには、得られる金額は少なくても良いので、パートやアルバイトでもしてみることをオススメします。それだけで「無職」ではなくなるので、借入先の選択肢もずっと広がります。

とはいえ、病気や子育てなどで外に働きに行くことが難しい人もいるでしょう。そんな人は、自宅でできるお仕事を探してみるのも良いと思います。細々とでも定期的な収入があるだけでかなり違いますので、無理なくできる収入源を探してみましょう。

主婦や学生なら可能性大!

それも難しいという人は、収入の状態としては無職でも別の肩書を得られるよう工夫してみましょう。たとえば、専業主婦(主夫)や学生などは、本人に収入がないという点では無職ですが、銀行系カードローンであれば申し込むことは可能です。

これは、専業主婦(主夫)なら配偶者に、学生なら保護者に安定した収入と返済能力があることが前提となっているため、本人が返済できなくても代わりに家族が返してくれるであろうことを期待されるからこそのシステムなのです。

したがって、無職のままで借り入れをしたい人は、

  • 結婚するか学生になってみる
  • 銀行系カードローンを選ぶ

この2点を心がけると良いでしょう。もちろん、誰だってそう簡単に結婚したり学生になったりできるわけでもないのですが、もしも可能性があるのならそうしてみると、可決の確率がぐっと上がります。

主婦や学生でもOKの三菱東京UFJ銀行カードローンはどんな内容?

それでは最後に、無職でもある専業主婦(主夫)や学生でも申し込みが可能な銀行カードローンの中から、三菱東京UFJ銀行カードローンをご紹介します。

バンクイックの概要

三菱東京UFJ銀行のカードローンは、「バンクイック」という商品名です。主婦や学生でも借入可能とあれば、どんな内容か気になりますよね。その概要は以下の通りです。

項目 内容
限度額 10万円~500万円(10万円単位)
金利 4.6~14.6%
必要書類 運転免許証などの本人確認書類
保証人・担保 不要

銀行によっては「専業主婦の場合は最高50万円まで」等、限度額があらかじめ決められているところもありますが、バンクイックの場合はサイトには明記されていません。ただ、限度額は最高で500万円ですが、無職のままで500万円借りられるということはないと考えた方がよいでしょう。

限度額や増額のタイミングなどは、審査や利用状況によって異なってきますので、ゆくゆくはもっと多く借入したいとお考えであれば、返済をきっちりとしながらパートなどをしたりすることをオススメします。

ただ、無職であっても、保証人や担保は必要ありませんので、気軽に申し込むことができますね。

バンクイックの申し込み方法

さて、そんなバンクイックですが、実際に申し込むにはどうしたらいいのでしょう?申し込み方法は以下の3点から選ぶことができます。

  • インターネット&モバイル
  • テレビ窓口
  • 電話

この中で、借入がもっとも早くできるのは、テレビ窓口による申し込みです。テレビ窓口というのは、三菱東京UFJ銀行の店舗やATMコーナーなどに設置されている無人契約機のようなもので、ここで申し込むと最短40分で借入が可能です。

テレビ窓口で申し込む時の注意点

テレビ窓口で申し込む場合は、運転免許証などの本人確認書類の他に、勤務先の情報と100万円以上の借入の場合は収入証明書類が必要になります。必要な勤務先の情報とは、以下の通りです。

  • 勤務先の住所・電話番号
  • 社員数
  • 入社年月

テレビ窓口に申し込みに行く際は、この情報を忘れずにメモしてお出かけください。

テレビ窓口は、土日祝日も開いており、平日15:00以降という店舗窓口が閉まった後でも申し込めるのも魅力のひとつです。受付時間は以下の通りです。

曜日 受付時間
平日 9:00~20:00
土曜・祝日 10:00~18:00
日曜 10:00~17:00

土日祝でも少なくとも夕方までは即日融資が可能というのは、急ぎでお金が必要になったときにはとっても心強い存在ですね。

無職でも借入するには結婚が一番確実!?パートすればなお確実!

無職でもキャッシングやカードローンを利用する方法について、考えてきました。結婚して主婦(主夫)になる、学生になるなどすれば、銀行系のカードローンであれば申し込むことは可能になります。

ただ、絶対確実に借り入れができるかといえば、そうとも限りません。公務員であっても絶対確実に借りられると言い切れる人はいませんから、無職ならなおさらです。しかし、返済能力がある家族を持つ主婦や学生なら、かなり可決の可能性は高いと思われます。

しかし何よりも借入しやすくするのは、収入を作ることです。パートでもアルバイトでもいいので、少しでも収入を得られるよう工夫してみましょう。

新着記事
ページトップへ