> > > 転職中だからこそキャッシングが必要!借りやすい会社の探し方

転職中だからこそキャッシングが必要!借りやすい会社の探し方

転職中というのは何かとお金がかかりますよね。転職中ということは、すなわちまだ仕事が見つかっていないということなので、キャッシングができないのはわかっているはず。だけど、転職中こそキャッシングが必要な人は多いのではないでしょうか。

転職中にお金が必要になったとき、借りやすい会社をどうやって探せばいいのか、さまざまな角度から検証してみたいと思います。

キャッシングについて考えてみる

キャッシングとはなんぞや、から考えてみたいと思います。キャッシングとは、ズバリ「お金をキャッシュで借りる」ことですね。ただし、誰でもキャッシングできるわけではありません。保証人や担保の代わりに、個人の信用情報を元に貸してくれると思ってください。

個人の信用情報とは、どんなことでしょうか。まずは身元がはっきりしていて、キャッシングしたあと、きちんと返済できるだけの属性を持っている人のことを言います。お金を貸す側の条件に見合えば、めでたくキャッシングできるということになります。

キャッシングができる人の条件

では、キャッシングをするための条件とはどんなことを指すのでしょうか。金融機関によって多少の違いはありますが、ほとんどは以下のような条件を満たしていれば問題ないでしょう。

項目 条件
年齢 20歳~69歳(69歳、70歳の場合のところもあり)
収入 安定収入のある人
仕事 公務員・正社員・派遣社員・パート・アルバイトなど
勤続年数 金融機関によって違うが概ね1年以上が望ましい
借入状況 他社からの借入れはないほうが望ましい
返済状況 きちんと返済してることが条件の場合が多い

年齢に関してですが、未成年は基本NGだと思ってください。未成年でも例外はありますが、その場合は、保護者の同意書が必要な場合が多いでしょう。未成年は法律で守られているため、保護者の同意書なしに、未成年への貸付をおこなってしまうと、返済できなくても取り立てができなくなってしまうのが理由です。すなわち未成年には「返済義務がない」ということなんですね。

安定収入がある」というのは、お金を借りるわけなので、返済するためには収入がないとできませんよね。そのため「安定収入」という条件は、各金融機関が設けている条件のひとつです。ただし、安定収入といっても、公務員や正社員でなくても構いません。派遣社員・パート・アルバイト・フリーランスなど、とにかく安定した収入が継続してあれば可能ということになります。

意外と大事なのが「継続年数」です。これは、「安定収入」ということにもつながるのですが、ある一定期間継続して働いていないと、「年収がどの程度なのか」がわかりませんよね。さらには、働き始めたばかりだと、本当に継続できるかどうかということもわかりません。そのため、金融機関では、最低でも1年程度は継続して働いている人を対象としているところが多くあります。

他社からの借入れ状況も、金融機関が重要視する条件のひとつです。他社からの借入れがあまりにも多いと、返済できるかどうか不安になりますよね。そのため、「何社からどの程度借り入れているのか」「現在の借入れ総額はいくらなのか」「返済きちんとされているか」などを必ずチェックします。

特に消費者金融では、総量規制の対象なため、年収の1/3が融資の限度額となっています。この年収の1/3というのは、ひとつの消費者金融での上限ではなく、すべての消費者金融での総額になります。例えば、すでに他社から年収の1/3の融資を受けていれば、それ以上借り入れることはできない、ということになります。

借りやすい金融機関はどこ

キャッシングするにあたって、借りやすい金融機関はどこでしょうか。借りやすい金融機関とは、「審査が甘い」「即日融資」「提出書類が少ない」などが条件としてあげられると思います。これらの条件にあてはまる金融機関を以下にまとめてみました。

消費者金融

「借りやすい金融機関」といえば、間違いなく消費者金融でしょう。お手軽で審査も柔軟、かつとにかくスピーディなことで有名です。借入額が50万円以下であれば、収入証明書の提出が不要というのもありがたいところではないでしょうか。

ただし、消費者金融は、銀行にくらべて若干金利が高めだということと、総量規制の対象なので、融資の減額は、年収の1/3が上限と決まっています。年収の1/3を超える借入れをしたいのであれば、消費者金融では難しいと思ってください。

以下は、お手軽に借入れができる大手の消費者金融です。

金融機関 審査 即日融資 提出書類
プロミス 最短30分 最短即日 身分証明書
50万円以下は収入証明書不要
アコム 最短30分 最短即日 身分証明書
50万円以下は収入証明書不要
アイフル 最短30分 最短即日 身分証明書
50万円以下は収入証明書不要
モビット 最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 最短即日 身分証明書
50万円以下は収入証明書不要
ノーローン 最短30分 最短即日 身分証明書
50万円以下は収入証明書不要

銀行

銀行といえば、ちょっと敷居が高いというイメージをもっている人もいるかもしれませんが、最近の銀行は消費者金融と肩を並べるくらいお手軽になってきています。即日融資ができる銀行も増えてきてはいますが、借り入れる銀行の口座を持っている人が条件になるところが多いので、銀行で即日融資を受けたい場合は、事前に口座を準備しておいたほうがいいでしょう。

銀行は消費者金融にくらべて、金利が低めなので、長期に渡って返済する計画がある人は銀行でのキャッシングを考えたほうがいいかもしれません。さらに、銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超えての借入れが可能です。高額融資を考えている人は銀行がおすすめです。

以下、お手軽感にキャッシングができると評判の銀行です。

金融機関 審査 即日融資 提出書類
新生銀行レイク 最短30分 最短即日 身分証明書
100万円以下は収入証明書不要
イオン銀行 最短当日 最短即日
(口座がある人)
身分証明書
200万円以下は収入証明書不要
みずほ銀行 最短当日 最短即日
(口座がある人)
身分証明書
200万円以下は収入証明書不要
東京三菱UFJ銀行 最短30分 最短即日
(テレビ窓口利用)
身分証明書
100万円以下は収入証明書不要
楽天銀行 最短当日 最短即日
(口座がある人)
身分証明書
100万円以下は収入証明書不要

転職中の人について考える

転職中の人とキャッシングについて考えてみましょう。転職中といっても、完全に会社を辞めてしまった場合と、以前の会社にまだ在籍している場合とがあると思います。どちらも確かに「転職中」かもしれませんが、実はこのふたつ、キャッシングをする場合、天と地ほどの差があるので注意が必要です。

どういうことかというと、金融機関にキャッシングの申し込みをする場合、申し込んだ時点で「仕事をしているか」「仕事をしていないか」で、大きく違ってきます。すなわち、申し込みの審査で「安定した収入のある人」という条件があるので、いくら転職中といえども「仕事をしていない」場合は、審査に通らない可能性が高いということになります。

次の職場が決まっているといくら訴えたとしても、実際にはまだ出勤しておらず、働いた実績がないわけなので、「安定した収入がある」と、認めてくれるところは少ないでしょう。

転職中の人がキャッシングをする場合

転職中の人がキャッシングをしようと思った場合、以下の二通りのパターンがあります。それぞれのパターンについて、キャッシングとの関連を考えてみましょう。

  • 転職中だが前職に就いている場合
  • 転職中だが前職を退職した場合

転職中だが前職に就いている場合

転職中の人でキャッシングの可能性が高いのは、まだ前職に就いている場合です。まだ転職前なわけなので、キャッシングを申し込むときは、今現在の勤務先で申告しましょう。あえて「もうすぐ転職します」ということは言わないほうがいいでしょう。

キャッシングを利用する場合、なにより大事なのは「審査に通ること」なので、今の勤務先情報で申し込んで、とにかく審査を通過させましょう。審査に通ったら、転職後に新しい勤務先を申請すれば問題ありません。ただし、転職直後だと、融資の上限額が減らされる可能性があるため、できれば転職後1年程度経ってからのほうがいいかもしれませんね。

キャッシングの審査は、「今現在仕事に就いているか」というのが重要視されるので、本来であれば正直に話すべきかもしれませんが、ここは致し方ありません。ぶっちゃけ、一度キャッシングの審査に通ってしまえば、きちんと返済さえしていれば転職したことはバレないはずです。審査は申し込み時だけで、定期的にやっているわけではないので、大丈夫でしょう。

ただし、転職後1年程度できちんと金融機関には報告することを忘れないようにしてください。

転職中だが前職を退職した場合

転職中ではあるけれど、前職を退職してしまって、次の会社に入社するのを待っている状態の人はどうでしょうか。この場合、かなり厳しいとおもっていいでしょう。

確かに次の会社は決まっているわけですが、「今現在」で考えると、無職ということになりますよね。キャッシングの審査は「今現在」が大事なわけなので、いくら次の会社が決まっていようとも「無職の人には融資できません」ということになる可能性が高いでしょう。

本来であれば、前職のときに申し込んでおくのが一番良かったのでしょうが、退職してしまったのであればどうしようもありませんよね。この場合は転職後に申し込むしかありませんが、それすらも可能性が低いので注意してください。働き始めてすぐというのは、その会社での実績がないわけなので、金融機関としても判断しにくくなります。なるべくであれば、転職後1年程度経って実績を積んでからのほうがいいでしょう。

とはいえ、どうしても転職中にキャッシングをしたい場合はどうすればいいのでしょうか。ダメ元にはなりますが、前職の実績を証明する収入証明書を添えて、「次の会社が決まっている」ということをきちんと金融機関に説明してみるのもいいかもしれません。

この場合は、ネットなどで申し込むのではなく、窓口まで足を運んで、担当者にきちんと説明しましょう。顔を突き合わせて情に訴える作戦ですね。担当者も人間なので、説明を聞いて信頼してくれれば借入れできるかもしれません。それでだめならあきらめたほうがいいでしょう。

注意してもらいたいのは、手当り次第に申し込むのだけはやってはいけません。「審査に落ちた」という情報は個人の信用情報に登録されてしまうので、無駄に×がついていくだけです。窓口で担当者に説明して、だめなら申し込むのはあきらめましょう。

転職中の人が借りられる金融機関

では、転職中の人が借りられる金融機関はどこになるのでしょうか。前職に就いている人であれば、たいていの金融機関でキャッシングは可能でしょう。退職してしまった人は厳しいかもしれませんが、安心してキャッシングできるところを抜粋してみました。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • ノーローン
  • 新生銀行レイク

やはり、お手軽で審査が甘いというところでは「消費者金融」になるでしょう。新生銀行レイクだけは銀行キャッシングになりますが、元々は消費者金融のレイクを新生銀行が子会社化したものなので、お手軽感や審査の甘さは消費者金融といっていいでしょう。

まとめ

転職中には何かとお金が必要になるでしょう。それを見込んで「退職前にキャッシングを申し込んでおく」というのが賢い選択でしょうが、退職してしまったあとではどうしようもありませんよね。その場合は、上記に記載した消費者金融で、きちんと説明することをおすすめします。

消費者金融は、顧客の立場になって考えくれることで有名です。困っている人を何とか助けようとしてくれているので、信頼してもらえるよう説明すれば何とかなるかもしれませんよ。諦める前に一度窓口に足を運んでみてください。行って良かったと思ってもらえれば幸いです。

新着記事
ページトップへ