> > > 知ってると便利!?ブラックリストでも即日借りれるキャッシング

知ってると便利!?ブラックリストでも即日借りれるキャッシング

インターネットを利用していると、ブラックリストでも借りれる即日キャッシングという噂やクチコミをよく見かけますが、このような情報については間違っていないものと、大きく間違っているものの2つが存在します。

重要なのは、そのままブラックリストでも借りれる即日キャッシングの一覧情報などを信じてしまわないことです。近年では、キャッシング契約されたことがない初心者を専門的に狙っている業者まで存在します。

悪徳業者と言われているキャッシング業者がそうなのですが、ブラックリストでも借りれるケースと、そうでないケースを知っているだけでもずいぶんと安全な業者を利用する割合が違ってきます。

インターネットの利用では正しい知識を仕入れるように努め、悪徳業者に引っかからないように注意する必要もあるのです。

レイクはブラックでもOK?

まず、カードローンやキャッシングでよく出てくるブラックとはどのような条件を満たしている人なのかについて案内します。

ブラックとは、厳密には定義付けられていないキーワードです。というのも、ブラックリストというものを業者側が用意しているだけで、ブラックというキーワードを専門的に使っているわけではないからです。

もし、ブラックリスト入りするような人がいた場合には、「この人はブラックになりそうだから要注意しておこう」と扱われるだけであったりします。

ブラックに近いというだけで、レイクのようなサラリーマン金融が毛嫌いをしているわけではありません。ちなみに、ブラックには定義付けられている部分が少ないとなっているのですが、インターネット上では下記のような条件の場合に用いられることが多いです。

  • 多重債務で苦しんでいる人
  • 自己破産の申請を行った人や自己破産者として登録されている人
  • 借入金額だけでなく借入件数も多い人
  • サラリーマン金融などを多く利用している人
  • 悪徳業者を利用している為にトラブルが多い人

上記のリストを見ると、いかにブラックというのが曖昧な単語かよくわかります。基本的にブラックと言われるような立場になると、ブラックという扱いで常に審査を受けないといけないわけではありません。

というのも、上記のリストの4番目についてはブラックとしての立場では、かなり弱めの立場に該当するからです。

4番目のブラックとして扱われている人の場合、サラリーマン金融の利用を少なくする、返済を急ぐようにするだけでも、数ヶ月後に一般の利用者として扱ってもらえるようになったりします。

最後にレイクでは、ブラックリストでも借りれるのか?というと、今では借りられないようになっているという回答が出ています。もし、レイクでも借りられたという情報があった場合ですが、微妙なブラック状態にあってブラックとして扱われなかったのではないかと考えられます。

なぜ借りられるケースもあるのか

レイクでは、ブラックリストでも借りれるという情報が意外と多く存在します。ブラックリストでも借りれる即日キャッシングなどの情報では、どう考えても借りられない部類の人であるのがわかっている人であっても借りられています。

例えば、以下のようなケースであっても借りられるという情報が、インターネットでは見つかったりします。

借金が多くてもレイクでは借りられた・・・というケースがレイクの情報では多いです。しかし、借金と言うのは総量規制という規制であっても年収の3分の1まで借りられるようになっているので、これだけの条件を満たしているだけでは借りられなくなるわけではありません。
過去にトラブルを起こしたのに借りられた・・・というケースでも借りられることがあります。トラブルは直接的被害を関係会社で出していない場合には審査にあまり影響を与えません。例えば、A社で迷惑をかけたという場合は、無関係なレイクでは借りられるようになっているのです。
借金で生活苦になったが借りられた・・・というケースもあります。借金ですでに苦しんでいるのにどうして?と思われますが、借金苦でもそうですが生活に直接的な問題を引き起こすケースでは、公的な融資であったりサラリーマン金融などの融資は甘かったりするのです。

このように学んでみると、インターネット上の情報は大きく誤ってもいない点がわかります。安易にブラックリストでは借りられないと思ってしまわないように注意しないといけません。

借りられるようにする方法

レイクだけでなく、サラリーマン金融でブラックリストでも借りれるようにする方法について案内しています。サラリーマン金融とは、大手のことなのでプロミス、アイフル、アコム(※レイク含む)の4社だと思っておいてください。

その借りられるようにする方法ですが、クレジットヒストリーを積むという方法です。近年では注目を集めている方法なのですが、ブラックリストでも借りれるようになるということで有名です。

クレジットヒストリーとは、借入実績のことだと思っておいて結構です。インターネットでは難しく書かれているケースが多いのですが、そもそもお金を借りられない人というのは、トラブル実績が多いか、もしくは借入実績がない人なのです。

クレジットヒストリーは、クレジットカードをもつ中年男女が増えるようになってから、一気にインターネットを通じて知られるようにもなりました。

というのも、クレジットヒストリーは高年齢になるほどに積みづらくなるという特性があるからです。基本的に無実績のブラックリストでも借りれるの40代男女については、クレジットカードでは激甘な審査をされているところでしか通らないとされています。

また、過去にトラブルがあったとしても、レイクは今では新生銀行レイクとして運営をしているので、単純に借金があるだけで信用において問題があると判断しません。なので、さらに高い評価を受けやすくするためにクレジットヒストリーを積むのです。

これは、サラリーマン金融で高い効果があるだけなので、大型ローン(住宅・不動産)でも同等の結果を得られるというわけではありませんので注意してください。

小さな借金でも実績になる

前述しましたが、カードの信用情報にはクレジットヒストリーが存在します。

しかし、どのようにしてクレジットヒストリーを積んでいくのか?と考えてしまい、「大きな借入を計画してしまう人」がいたりします。ですが、小さな借入で小さく返済されていたとしても、クレジットヒストリーは高まっていくようになっています。

というのも、クレジットヒストリーは借入の度合いではなく、返済の安定性と記録として登録されているかで判断されているからです。

単純にまとめると、個人信用情報機関(CICが有名)を通じて判断しています。カードローンやキャッシング、クレジットカードなどの利用情報は、契約後に返済が発生しているために機関で記録されるようになっています。

この記録や登録を行っているのが、銀行やサラリーマン金融となっているのです。なので、銀行やサラリーマン金融を長期に渡って利用していると、高額のカードローンやキャッシングを組みませんか?という情報が舞い込むようになっているのです。

逆に、小さ借金を面倒だと思って返済していないと、「踏み倒しの多い契約者なので注意して欲しい」といった評価がされます。小さな借金であっても、業者(貸した側)にしてみれば損害を与えられているわけです。

なので、安易に大きな返済だけを急いで、他の返済を行わないという面倒をしないよう注意しましょう。

レイクは銀行?サラ金?

サラ金とは、サラリーマン金融の略称のことです。昔はレイクはサラリーマン金融として経営をしていたのですが、今では新生銀行と提携するようになり新生銀行レイクとして経営を行うようになりました。

どのような変化となっているのかについては、下記にまとめてあるとおりの変化となっています。

  • サラリーマン金融から銀行になった
  • 銀行になったが金利は~18.0%のままとなっている
  • 保証会社としてレイクは新生銀行と提携している
  • レディースローンも銀行法が適用されている
  • 借入金額が大きく下限金利が昔より低くなった

サッとリストアップしましたが、特にサラリーマン金融の頃から極端な変化があったわけではありません。

銀行法が適用されるようになって何が違うようになったのか?というと、主に総量規制対象外になった点で大きな変化があったとされています。

総量規制は、サラリーマン金融といったノンバンク系では必ず規制がかかるようになっているのですが、銀行(信用金庫も含む)では総量規制がかかっていないのです。簡単にまとめると、借入上限額が大幅にアップしたのが現在の新生銀行レイクです。

総量規制と総量規制対象外

ブラックリスト入りしていてもレイクでは借りられるチャンスがある・・・という点を案内しました。

ですが、肝心のどのような審査条件を満たすと借りられるのか?どれほどの金額までで借入が可能になっているのか?については案内していません。

これらについては、下記のような内容となっておりますので、下記の表に記載されている内容を正確に理解されておいたほうが、ローン審査をされる際には有利となりやすいです。

借入条件の詳細 現在、新生銀行レイクで借入を検討している人。年齢は20歳~69歳までで安定した収入を得ている人であれば問題がない。また、本人確認(在籍確認電話)は必ず発生するようになっているので、明確な個人情報を記載できない場合には審査対象とならない
借入金額の詳細 1~500万円(日本の銀行では最大で1000万円の銀行も存在する)。金利(実質年率)は4.5~18.0%。返済期間は最大で5年間、返済回数の最大は60回となっているのでサラリーマン金融と同じか、それ以上となっている

次に総量規制についてですが、総量規制はシンプルな規制となっており年収の3分の1までしか借りられなくなる規制となっているだけです。

また、ローンの総額で年収の3分の1まで借りられるようになっているわけなので、ローンを単体で審査しているわけではありません。なので、下記のようなケースでは借りられなくなっています。

  • 300万円の年収の人が・・・自動車ローンで100万円、カードローンで50万円は不可。100万円で規制がかかるので、自動車ローン以外でローンは組めない
  • 300万円の年収の人が・・・クレジットカードで40万円。カードローンやキャッシングを3件で70万円という場合、最後に申請した契約では審査拒否されてしまう(審査通過ならずとなる)
  • 500万円の年収の人が・・・不動産ローンや住宅ローンで200万円の借金をしている場合、他のローンについては銀行では可。しかし、サラリーマン金融などからは借りられなくなる

上記を見ていると、最後の500万円の年収の人だけ審査が曖昧になっているのがわかります。総量規制ではあまり注意書きとして出てこないのですが、不動産ローンや住宅ローンについては生活で必要とされるものに該当するローンとなっているので、銀行などによっては銀行のフリーローンなども同時に申し込めたりします。

銀行では、借入をまとめてくれる際には、厳しい審査を行わないケースが多いのです。

多数の借入ありでもOK?

インターネットで借入について見ていると、「ブラックリスト入りしてしまっている人は、多数の借入ありでも借りれるようになっていますか?」という質問をよく見かけます。

レイクでは、銀行法でキャッシング審査などを行っているので、このように不明瞭な借金が多数存在している場合でも、通常の審査と同じように扱ってくれるようになっているのです。

補足として、サラリーマン金融でも同じような審査は行ってくれます。ですが、サラリーマン金融では50万円以上から審査が厳しくなり、再審査と必要書類の提出が義務付けられているケースが多いとなっています。

なので、銀行もサラリーマン金融も審査については同じというわけではありません。

また、どうして新生銀行レイクでは借入が多くても、キャッシング審査をしてくれるようになっているのか?というと、それはノウハウがあるので多様なケースに対応できるようになっているからです。

例えば、相手が男女のどちらかであっても審査では極端な差が発生しません。これはレイクがサラリーマン金融時代の頃から同じです。

さらに、借入額が多かったとしても、銀行ではおまとめローンという全てのローンを1つにまとめるローンが存在しているので、特に審査上でトラブルになるというわけでもなかったりします。

おまとめローンのメリットは下記のとおりです。

  • 借入額が大きくなった状態でまとめられるので金利が引き下がる
  • 信用のおける銀行で借金を一本化できる
  • クレジットヒストリーなどを上げやすい銀行で一本化できる
  • 返済について苦労が多い場合には見直し検討をしてくれる
  • 将来的にさらに大きなローンにも対応してくれる

メリットだらけとなっていますので、きっとデメリットもあるはず・・・と思われていたりします。

ですが、銀行で対応しているおまとめローンでは、あまりデメリットがありません。というのも、複数の借金を複数の口座やATMに対して返済するより、1つの銀行でまとめてしまったほうが効率がはるかに良くなるからです。

実際に借金トラブルのほとんどは、1つ1つの口座に対して入金が遅れるなどして発生しています。管理しないといけない口座が減るだけでも、将来的にブラックリスト入りしてしまうリスクが引き下がるのです。

借入が難しくなるケース

前述までは、新生銀行レイクで楽しく新しい借入を行っていくための予備知識です。しかし、こちらでは下手をすると将来的に新生銀行レイクを使えなくなってしまう話についてまとめてあります。

まず、銀行やサラリーマン金融に関係なく、借金を同じ業者で連続して行うということはできないので注意してください。

例えば、A銀行で借金をした後にA銀行で同じような借金をするというのはNGです。インターネットでは、そのような方法で大金を借りることも可能と言っていたりもしますが、ずいぶんと以前にそのような対応については対応しないように変わっています。

他に下記のような対応をされた場合であっても、将来的にローンは難しくなりやすいです。

  • 新生銀行レイクの借入で金融トラブルを発生させてしまった
  • サラリーマン金融からの借入件数・金額が非常に多い
  • カードローンやキャッシング申請時にトラブルが目立つ契約者となっている
  • 借入において過大な借入希望が目立つ
  • 相談・連絡において中傷的な行為が目立つ

リストについて1つずつ案内していきますが、新生銀行レイクで金融トラブルというのは、借金返済で長期に渡り遅延している場合がそうです。もしくは、返済不能状態となり弁護士などに仲介してもらった場合でも、損害を与えた個人として信用情報に登録されます。

2番目の借入についてですが、借入件数や金額は4件以上・100万円以上となっている場合に審査では厳しい措置が取られやすいとなっています。なので、少しだけ返済をして完済するだけでも審査は違ってきます。

3番目のトラブルが目立つというのは、ローン申請において不安定な情報などを記入した場合がそうです。電話番号が間違っていたり、もしくは家族構成に大きな食い違いが見られるなどした場合、一定期間のみ申請を拒否するなどのペナルティを受けます。

4番目の過大な借入希望が目立つですが、基本的に借入をしている最中に新規で大きな借入をしないようにするだけでいいです。もし、限度額を引き上げて欲しい場合は増額審査の依頼を行うようにしておきましょう。

5番目の中傷的な行為とは、実際に店内で迷惑行為をする、もしくは電話などの口答で口調が荒いために契約作業の進行が難しいと判断されるケースです。今では、個人の印象も判断の1つとして見られるようになっているので、丁寧な対応を心がけるようにしましょう。

新生銀行レイクとレディース

新生銀行レイクレディースローンというものがありますが、正確には女性版の新生銀行レイクです。

レディースローンというと、特殊な女性向けの職業に対しての審査と思われていたりしますが、そのようなローンではありません。女性だけで家族を養っているケースなど、生活苦になっている女性を助けるローンとして機能している割合が高いです。

生活苦で利用するローンでは、生活ローン、学資ローン、住居や食費に関するローンが存在するのですが、新生銀行レイクではそのようなローン形態をレディースとしてまとめてくれているのです。

もし、上記のような状況に陥っているのに貸してくれる業者がないという場合には、レディースローンを利用し相談をされてみるところから、新生銀行レイクを使っていくか検討されてみると良いです。男女に関係なく、レイクでは親身な相談をしてくれます。

新着記事
ページトップへ