> > > いざという時に困らない!キャッシングのやり方

いざという時に困らない!キャッシングのやり方

クレジットカードを持っている人であれば、キャッシングができると大変便利ですよね。キャッシングの手続きしていますか?キャッシングはクレジットカードを持っているだけでは行うことができません。キャッシングができるように申請する必要があるのです。

ここでは、三井住友カード、JCBカード、オリコカードのキャッシングの申請から実際に現金を手にするまでの過程を紹介していきます。申請後には審査も必要となっていますので、早めの手続きが肝心となりますよ。

知らない人は損をする!クレジットカードでキャッシング

ショッピングなどでお金を支払う時に便利なクレジットカードですが、現金を手にする方法、知っていますか?現金を手にするにはキャッシングというサービスを利用することになります。

目的 利用する枠
買物 ショッピング枠
現金が必要 キャッシング枠
最初にクレジットカードを作る時には、ショッピング枠が目的ですよね。その時に最初からキャッシング枠を付ける気持ちがあれば、クレジットカードを作る時に一緒に申請する方法があります。もし、この時にキャッシングの希望額を記入しなければ0円となってしまい、キャッシング枠は作れていませんよ。
キャッシング枠を付けるタイミング 方法
最初からキャッシング枠を希望 カード作成時に希望額を記入
後からキャッシング枠を希望 カード会社へ改めて申請

いずれのタイミングでキャッシング枠を付けても、審査はあります。けれど、カード作成時に希望額を記入しておくと、ショッピング枠の審査と同時にキャッシング枠の審査も行えますのでスムーズに利用できますよ。

キャッシング枠さえ付けておくと、お金が急に必要になった時でもコンビニATMや金融機関のATMですぐに借入れができるので、急な飲み会や冠婚葬祭にも慌てず参加できますね。それでは具体的にキャッシングのやり方を見ていきましょう。

日本で初めてVISAカードを発行!三井住友カード

三井住友カードと言えば、日本で初めてVISAカードを発行した会社となりますので、その信頼性は抜群ですね。キャッシング枠を作るには先ほど紹介した通り、申込みが必要となります。

必要事項の入力

申込

必要書類の提出

結果の連絡

上記が申し込みの流れとなります。既にクレジットカードを作っている場合は、会員ページから必要事項の入力をすると、申し込み完了となるのです。思ったよりも簡単に申請ができますね。

三井住友カードの必要書類

クレジットカードのキャッシング枠では貸金業法が適用されます。そのため、必要書類も消費者金融と同じく、他社を含めた借入残高の合計が100万円を超える場合、または三井住友カード1社での借入希望枠が50万円を超える場合は年収証明書類が必要となります。

申込み完了後に表示される画面に従って収入証明書の画像を提出するか、郵送にて収入証明書のコピーの提出を行いましょう。

  • 源泉徴収票
  • 給与の支払明細書(直近2ヵ月分)
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 年金証書
  • 年金通知書

結果は後日

審査結果は後日となります。具体的には申し込み完了後もしくは必要書類の到着後、7営業日程度となっています。つまり、「今日お金が必要だから、今日中にキャッシングを使えるようにしたい」ということには対応していません。あらかじめ申し込みをして利用できるようにしておく必要があります。

WEB通知書サービスを利用している方であればメール配信、利用していない方であれば書面にて結果連絡となりますので、WEB通知書を利用していない場合は、更に郵送の日数が必要となります。

三井住友カードのキャッシング詳細

三井住友カードでは、キャッシングリボとなっていますので、返済方法はリボ払いとなります。

三井住友カード 詳細
融資額 10万円~300万円
金利 年15.0%~18.0%
担保・保証人 不要

貸金業法が適用となりますので、融資額は年収の1/3を超えない金額が上限となります。また、学生の方は上限5万円まで、65歳~69歳の方は上限50万円まで、70歳以上の方は上限10万円まで、未成年の方(学生除く)は上限30万円までとなっていますよ。

この上限額を超えて申込みをすると審査に落ちる原因となってしまいますので、自分の上限額をしっかりチェックして申し込みをしましょう。

対象 借入上限額
学生 5万円まで
未成年(学生を除く) 30万円
20歳以上65歳未満 最高300万円までで、年収の1/3を超えない金額
65歳~69歳 50万円
70歳以上 10万円

キャッシングの利用方法

さて、キャッシング枠の設定が出来ると、借入れが出来るようになります。

  • インターネット、電話による借入れ
  • コンビニATM、金融機関のCD・ATMによる借入れ

上記の借入れ方法があります。インターネット、電話による借入れではカード利用代金支払い口座に現金が振込みされます。そして、コンビニや金融機関のATMを利用すると直接現金が借入れできますね。

利用方法 借入 利用手数料
インターネット、電話 振込み 無料
コンビニ、金融機関 ATM・CD 有料

すぐに現金が手に入るのはATMとなりますが、手数料が無料となるのは振込みとなっていますので、いつまでにお金が必要かによって、計画的に行動する必要がありますね。

海外に行く機会が少ないなら!JCBカードがお得

海外に行く機会が少ないなら、JCBカードが日本人向けには審査が比較的甘くなっていますのでお得です。国内ではまず使えないところはありませんね。ちなみに「海外では使えないところがある」と言われていますが、最近では使えるところも増えてきており、海外でも困らないカードとなってきていますよ。

JCBカードはVISAやマスターカードに比べ日本人向けには審査が比較的甘いと言われており、VISAカードを作ることができなかった人でもJCBカードなら作れたという人もいますので、作りやすいカードと言えますね。

キャッシング枠を作るには、三井住友カード同様に申請が必要となっています。申請後に審査があり、審査に通ることができるとキャッシングの利用が可能となりますね。

JCBカードのキャッシング詳細

JCBカードのキャッシングの詳細は以下になっています。

JCBカード 詳細
融資額 500万円まで
金利 年15.0~18.0%
担保・保証人 不要

JCBでも当然貸金業法が適用となりますので、年収の1/3を超える借入れは出来ません。申し込む時には注意が必要ですね。

JCBカードのキャッシング利用方法

JCBカードもキャッシングのやり方は三井住友カードと同様になっています。インターネット・電話から振込みによる借入れか、金融機関やコンビニのAMTで借入れとなりますよ。

MyJCBにログイン

キャッシングサービスのご利用方法・照会

振込みの申し込み

カード利用代金支払口座へ最短数十秒で振込み(手数料無料)

インターネットの場合は上記の流れとなります。電話の場合はカードを手元に準備の上、JCBキャッシングテレホンサービスへ電話かけ、申込みをしましょう。

返済方法

JCBカードの場合では、キャッシングの返済方法はリボ払いと一回払いの選択ができます。そのため、ゆっくり返済したい場合はリボ払いを選択、一回でまとめて払いたい場合は一回払いを選択することができますよ。自分のペースで、無理なく返済ができますので助かりますね。

あとからリボ払いに変更可能!オリコカード

最後にオリコカードのキャッシングのやり方を紹介していきます。オリコカードでは、ポイントの還元率が高く、ポイント重視の人が持ちやすいカードとなっていますね。そんなオリコカードでキャッシングをするには、もちろんキャッシング枠の設定が必要ですよ。

カード会社に申請を行い、キャッシング枠をつくる為の審査に通る必要があります。審査に通ることができると、いつでも好きなタイミングでお金を借りることができますので、早めに設定しておくと安心ですね。

オリコカードのキャッシング詳細

オリコカードのキャッシング詳細は以下になっています。

オリコカード 詳細
融資額 100万円まで
金利 年15.0~18.0%
担保・保証人 不要

クレジットカードのキャッシング機能では融資額は100万円までとなっています。オリコでは、他にもカード発行と同時に借入れの申込みが可能なキャッシング専用カードもあります。その場合では、融資額も500万円までと高額になっていますよ。

オリコカードのキャッシングのやり方

オリコカードでもこれまで紹介した三井住友カードやJCBカードと同様に2種類のキャッシングのやり方があります。

状況 キャッシング方法
手元に現金が必要 提携金融機関、コンビニ等のAMT/CD
銀行口座に必要 インターネット・電話で借りる

いずれの方法でキャッシングするにしても暗証番号が必要となりますので、暗証番号はしっかりと覚えておく必要がありますね。振込みの場合は手数料無料となっています。

また、平日であれば13:30までの受付分は即日振込が可能となっています。最短30分以内で振込み可能なので、銀行口座の残高が少ない時や公共料金の引落しを忘れていた時には便利ですね。

返済方法

返済方法は、JCBと同じく2種類から選択できます。1回払いかリボ払いですね。ただし、オリコカードではキャッシング1回払いの支払いをあとからリボ払いに変更できるサービスがあります。

そのため、キャッシングした時には1回で払えそうだったけど、出費が重なって分割払いにしたいと思ったら、変更することができるのです。あとから融通をつけることができますので、助かりますね。

キャッシングのやり方の共通点

さて、3種類のクレジットカードでのキャッシングのやり方を見てきましたが、いかがでしょうか?大まかな流れとしては、だいたいどこも同じでしたね。

キャッシングの申し込み

審査に通る

キャッシング可能

返済
キャッシングを利用しようと思ったら、まずは枠をつくる為に申し込みをしましょう。そして、審査に通ることができると年収の1/3を超えない金額で借入れができますよ。キャッシングはインターネット、電話、コンビニ・金融機関のATMから行えますね。

それでは、ここまでの流れを踏まえて手持ちのクレジットカードがある人は、キャッシング枠を作るところから始めてみましょう!

新着記事
ページトップへ