> > > 借入審査で通るコツ!大手銀行カードローン審査でも通用する

借入審査で通るコツ!大手銀行カードローン審査でも通用する

この記事ではカードローン審査で通るコツを案内していますが、どれも難しい内容とはなっていませんので、誰にでも実践可能な内容となっています。

人によってカードローン審査で通るコツは違ってきますので、状況によって案内も変えてあります。

これからカードローン審査で通りたいという人は、自分に合った案内を参考にしてカードローン審査を申込んでください。

大手銀行でサービス対応しているものも案内していますので、今までに借入などをされたことがない人ほど、今回の記事を読まれると多くのチャンスをものにできるでしょう。

先ずは大手銀行で審査!意外と審査に通る人が多い大手銀行

先に案内しておきますが、今回のカードローン審査で通るコツについては、大手銀行でチャレンジされたほうが効果的です。

大手銀行というと、一般的な人ではカードローン審査に通らないと思われているところがあります。ですが、実際は大手銀行ほどカードローン審査に余裕があるため、結果的に多くの人にチャンスを分け与えているのです。

具体的な大手銀行は以下のとおりです。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

これらの大手銀行には共通しているものもあります。以下のような点で共通しているものがあるため、多くの人がカードローン審査で通りやすいとされています。

  • 融資限度額に余裕がある
  • 保証会社が審査を行っている
  • ローンプランが豊富
保証会社とは

本来は担保・保証人などが必要な場合、担保・保証人を用意できないと審査が進行しないようになっています。

ですが、保証会社を通じてカードローン審査を受ける場合は、保証会社が保証を行ってくれる仕組みとなっているので、担保・保証人が不要な状態でカードローン審査を受けられるのです。

そのため、担保・保証人が必要となりやすい人でも、大手銀行であれば不要のまま審査を受けられます。

大手銀行の魅力!将来的に必要となる増額融資を先に受けられる

大手銀行と他の金融機関では、融資限度額がまったく違うので将来的な増額融資も不要ということが多いです。

具体的な差では、50万円と100万円で融資限度額に差が生じやすいです

例えば、大手銀行以外では50万円以上は借りられないと案内してくることが多いため、ほとんどの人は50万円以内で借入を希望しています。

つまり、増額融資を行わない限りは融資限度額に大きな差が生じないのです。

それに対して大手銀行では、初回から100万円まで融資を行ってくれることがありますので、100万円までの範囲で借りたいという人であれば、満足のいく融資を受けられるようになっています。

増額融資は100%融資される保証がありませんので、経営状況によってはカードローン審査に落ちることもあります。

このような対応が煩わしいと感じる人であれば、最初から大手銀行でカードローン契約を結ばれたほうが無難でしょう。

大手銀行と信用!信用を得たい人ほど大手銀行がお得?

大手銀行はブランド力が高いという魅力もあるため、これから信用を得たい人にもオススメの銀行です。

信用とは

日常の信用とは違い、実際に記録に残る形で評価されていくものが金融機関の信用です。

そのため、特定の利用方法が見られる場合でない限りは、金融機関を通じて信用が貯まっていかない仕組みにもなっています。

どのような対応で信用を得られるのか?というと、主に以下の対応が見られると信用が貯まっていくようです。

  • 有名な金融機関を利用している
  • 契約が長く継続している
  • 返済が長く安定している

このような仕組みになっていますので、大手銀行カードローンを長く継続して利用されていると、他の金融機関からも高い評価を得やすいというわけです。

逆に知名度が低く、一般の利用者に敬遠されがちな無名の金融機関を利用されても、信用を得ることができないまま無駄な時間を使ってしまうこともあります。

そのため、ブランド力も意識してカードローン契約を結ばれたほうが、契約者にとっては最良なのです。

審査に通るために必要なこと!自己管理の高さが影響する

大手銀行を利用できているだけで信用を得ることができると案内しましたが、このような状況からさらに信用を得るテクニックがあります。

今回ご紹介するテクニックも学ばれていると、将来的に新しくカードローン契約を結ぶことも楽になるでしょう。それほど現代においては、カードローン審査で通るコツを知っているだけで楽ができるのです。

具体的なテクニックについては以下を参考にしてください。

  • 返済はこまめに行う
  • 新しい借入の前に相談する
  • 新規申込は1件のみとする

今では多くの人が知っているテクニックです。しかし、このようなテクニックも意識して使っていかないと、大きな成果を得ることができません。

返済はこまめに行うというのは、俗にいう随時返済についても対応することを言います。

随時返済とは

毎月の返済を約定日のみで行うのではなく、自由なタイミングで行うことを随時返済と言います。

随時返済は大手銀行だけでなく、サラリーマン金融でも対応していることが多いため、基本的に行うことが難しいということもありません。

随時返済をされていると、そのような対応も記録に残るようになっていますので、評価を行う側としては「安心して貸せる相手」と判断できるのです。

次に新しい借入の前に相談しておくことも大事です。相談されていると借入申込者の現状がわかるだけでなく、人となりについても判断することができます。

人によっては小さな借入を希望されているだけで、大きな借入は不要という人もいますが、そのような人は収入に自信がないことも多くあります。

相談されていると、無計画ではないプランを提案してもらえるため、相互が納得した状態で信用の高い借入を実現できるのです。

その際に他ではカードローン申込を行わず、1件の申込のみで審査完了を待つようにすると、慌てずに丁寧な対応をしているということで評価されることもあります。

審査で通らない人の特徴!今ではパターン化されている?

カードローン審査で通るコツを案内してきましたが、審査で通るコツとは逆の対応をしていて落ちてしまう人もいますので、今回はどのようなパターンが審査上ではNGなのかを案内していきます。

審査上で最もNGとなるものは、他でもカードローン申込を行っている状態とされていますので、その点に注意して申込むようにしましょう

他でもカードローン申込をされている場合、それらの情報は金融機関で共有されている情報となります。

すると、限度額一杯以上で借入の申込をされていると、審査が長引いてしまうだけでなく審査に落ちやすくなってしまうのです。

このような審査で通るコツとは逆の対応は、主婦のようなカードローン未経験者に多いとされています。

多数で申込めばどれかに引っかかるはず!という思いで申込をされているわけですが、基本的に大手銀行ほどこのような対応を望んでいません。

というのも、大手銀行ではカードローン審査に時間がかかるためです。

このような対応をされていると、審査完了までに他で契約されてしまう可能性も高くなってしまうので、他の金融機関はそれも理解して判断しないといけなくなります。

近年では迷惑行為に分類されることもありますので、すでに申込をされている場合は他では申込まないように注意しましょう。

100%審査に通らないケース!意外なものも関係している

大手銀行でも、ブラックに対してカードローン審査を行っていると思っている人がいますが、ブラックは100%銀行でカードローン契約を組めません。

ブラックとは

過去に金融機関に対して迷惑をかけてしまった場合、分類上ではブラックという扱いになります。

個人信用情報機関にも登録されてしまう情報のため、個人信用情報機関に加盟している銀行では100%審査に通りません。

このような情報は段々と浸透している状態となっているため、ブラックに関する情報を正確に理解されている方も増えてきています。

ですが、以下のようなケースでも100%カードローン審査では通りませんので、以下についても注意してカードローン申込をされたほうが良いでしょう。

  • 限度額一杯まで借りている
  • 借入契約の件数が多い
  • 債務整理を依頼している

限度額一杯というのは、主に総量規制という規制を通じて判断するのがベストです。

総量規制とは

年収の3分の1以上は借りられないという規制を総量規制と言います。

銀行では適用されていないため、サラリーマン金融などノンバンク系で適用されている規制として有名です。

銀行は適用されていないから安心と思ってしまいますが、銀行でも年収に対して審査を行っているので、サラリーマン金融と比較しても大きな差がない状況で借りている人が多いのです。

特に銀行は借入件数に対して厳しい対応を行っていますので、3件以上の借入がある人では従来と同じ借入限度額で設定されません。

50万円以上借りられる人でも、50万円以内で設定されることが多いでしょう。もしくは、大手銀行のすべてで審査に通らないという結果になります。

債務整理を依頼している場合は100%審査に通りません。債務整理を行っているというだけで信用は最低になってしまうため、このような状況でカードローン申込を行うほどに評価を下げてしまいます。

簡単な対応で十分!ローン審査で便利なテクニック

誰にでもできるような簡単な対応で、カードローン審査で通るコツというものも存在します。

どのような内容なのかというと、主にクレジットカード契約を通じて信用を得るコツです

これからカードローン審査を申込もうと思っている人ほど効果的なので、カードローン契約前に実践されることをオススメします。

  • クレジットカード契約を結ぶ
  • クレジットカードで毎月の光熱費を支払う
  • クレジットカードの返済を安定して行う

上記を守るだけでローンに関する信用が上がっていきます。毎月の光熱費を支払うというのは、今では良く知られているテクニックでもあります。

光熱費というのは、クレジットカードで支払っても問題ありませんし、クレジットカードからはサービス代金の支払いという形で引き落としがかかるだけです。

クレジットカードのショッピング枠は10万円から設定可能となっていますので、20万円、30万円で設定されておくと良いでしょう。

人によっては、通常のクレジットカード利用も必要になる時があるでしょうし、10万円ではショッピング枠に余裕が無いものとなってしまいやすいです。

後は、クレジットカードの返済で遅延がない状態を維持するだけで問題ありません。

クレジットカードなどローンに関する契約というのは、カードローンと同じで長期利用が見られるほど評価が上がります。つまり、ゆったりと利用されているだけでも評価の対象になれるのです。

返済と完済は別物!?意外と知られていないローンの豆知識

カードローンをすでに2件以上契約されている場合、返済を小分けにするのではなく、一方を先に完済してしまったほうが賢明です。

その理由ですが、完済されていると契約件数が1件減るからです

ローンであまり知られていない知識なのですが、ローンというのは無駄にローン契約が残っている人ほど評価されない仕組みになっています。

そのため、完済を急がれたほうが早い段階で評価を得ることができるのです。

ローンは以下の対応でローン契約が解約される仕組みになっていますので、現在の借入では審査に通らないという場合に効果的なテクニックです。

  • 返済分を返済し終える
  • 完済後に解約を申込む
  • 解約が受理される

ローンの基本となりますが、完済後に放置されていると利用の意思ありと判断されてしまいます。

カードローン、キャッシングローン、クレジットカードなどが該当しますが、限度額に余裕がある以上は好きな時に好きなだけ使えるため、他のローンとは違い契約者本人が解約の申込をする必要があるのです。

女性のカードローン審査!そんな時は女性専用を利用する

カードローンはローンプランを軸にして選ばれたほうが、自分に最適なカードローンで契約することができます。

具体例では、女性専用のカードローンを選択されたほうが、通常より自分に合ったカードローン選びになるというものがあります

なぜ、通常のカードローンより最適なローンプランとなるのか?については、以下のようなサービスが存在するため最適となりやすいのです。

  • 女性スタッフが相談に乗ってくれる
  • 女性特有の悩みに対応している
  • 審査が甘いことが多い

通常のカードローンでは、上記のような対応を行っていないため、女性の場合はストレスを感じながらカードローン申込をされているケースが目立ちます。

今でも、女性は銀行やサラリーマン金融でカードローン契約をすることを嫌がっていますし、可能であればお世話になりたくないと思っている女性も多いのです。

その理由で良く挙がってくるものの中に、スタッフが男性である場合が多いというものがあります。

スタッフが男性の場合、あまり信用できずに電話相談される人が多く、そのため最適なローンプランも組めないまま、紹介されてきたローンプランで納得する女性が多いのです。

女性専用のカードローンでは、女性スタッフが相談に乗ってくれるだけでなく、美容や資格など女性特有の悩みについても丁寧に対応してくれます。

大手銀行でもサービス対応することが増えてきているので、審査の甘さも考慮に入れると通常のカードローンを選ぶより、女性専用カードローンを選択されたほうが賢いでしょう。

このようなローンを知っているだけでも、カードローン審査で通るコツを知っていることに相当します。

主婦のカードローン審査!今では主婦専用の審査が存在する?

カードローン審査で落ちやすい職業というものも決まっているのですが、特に落ちやすいとされている職業は主婦とされています。

主婦はパートタイマーとして収入を得ていることが多いため、一般的にはカードローンを持てない職業と認知されていることが多いです

しかし、主婦、専業主婦のどちらでもカードローン審査を行ってもらえるプランが存在しますので、なるべくそのようなカードローンで審査申込を行うようにしましょう。

カードローンの名称は、そのまま主婦専用カードローンという名称で販売されています。

一般的なカードローンとの違いについては以下のとおりとなっていますので、一般的なカードローンに比べて無難なローンを組みたい人に最適です。

  • 50万円以内で融資を行っている
  • 長期の借入は認められないことが多い
  • 金利は一般的な金利より高い

また、どうして主婦のような収入でも大手銀行で借りられるのか?というと、以下のような理由もあり大手銀行でもカードローン審査の対応を行っているためです。

  • 安定した収入を得ていれば審査対応が可能
  • 保証会社が審査対応の担当をしている

主婦専用カードローンはサラリーマン金融で販売されていた商品なのですが、今ではサラリーマン金融が大手銀行の傘下、もしくは提携企業となっているケースが増えていますので、そのノウハウもあり対応可能となっています。

保証会社もほとんどがサラリーマン金融となっていますので、基本的に大手銀行という理由だけで、一般の利用者、一般の利用者より収入が劣る人でもチャンスがあるのです。

確実に審査で通ることも!配偶者貸付で借入する方法

カードローン審査で通るコツの中ではかなり意外な方法となりますが、カードローン審査で通るコツの中には配偶者貸付も存在します。

配偶者貸付とは

配偶者を通じて借入契約を行う方法で、配偶者が安定継続した収入を得ているようであれば審査で通るチャンスが多くなります。

銀行では積極的に対応してくれる貸付の種類となっていますので、今のところ、借金などがあまり無いような状況であれば、配偶者貸付という形で借りてみるのも良いでしょう。

ただし、以下に該当する配偶者を通じて配偶者貸付を申込むことはできません。

  • 配偶者の収入が不安定
  • 配偶者の借金が多い
  • 配偶者と金融機関の間でトラブルが発生している

カードローン審査で通るコツとして、基本的に自営業に近い形で収入を得ている場合、中々カードローン審査では通らないというコツもあります。

サラリーマンとして雇用されている人であれば良いのですが、毎月の収入が不安定になりやすい要因があるようでは、新規でカードローン契約を結べないのです。

ギャンブルなどで得た収入も同じです。人によっては、ギャンブルで得た収入を年収に加算する人もいますが、今では個人信用情報を通じて正確な年収もすぐに分かってしまいます。

このような行為の繰り返しでどうにかしてお金を借りようとしていると、迷惑行為が目立つ人物として配偶者貸付を行えないこともあります。

トラブルメーカーでは、最終的にカードローン審査で通るコツを駆使しても審査に通らなくなってしまうのです。

新着記事
ページトップへ