> > > 年収証明書送付後、いつから借入できますか?

年収証明書送付後、いつから借入できますか?

借入をするときに色んな物を提出しないといけないですよね。借金をするのですから借入の申込書や免許証などの身分証明証は必要と思いますが、多くの業者ではそれらに加えて年収証明書を出さないといけない、というところもあるでしょう。

年収証明書を出さないといけないというのは、一体どういう理由からなのでしょうか。そして年収証明書を出さなくてもいいところもあるのか、出すかどうかで何が変わるのか?他にも、提出後、どのくらいで借りられるのかなどを検証します。

年収を知ろうとする理由

まず消費者金融や銀行系カードローンで年収を知ろうとする理由というのを知っておかないといけないでしょう。多くのカードローンでは、年収証明書を何らかの形で出さなければいけないところが多いのですが、それはどういう理由からなのかです。

これは消費者金融の場合から説明をしますが、消費者金融の場合は総量規制というのがあります。総量規制というのはいわゆる借金をするときにどこまで借入をすることができるのか、それを法律で縛っているルールのことを指します。

実はこの消費者金融向けの総量規制というのは、総量規制を破ったとしても、利用者側には特に罰則というのはないのです。もし破ってしまった場合には、利用者ではなく、業者側のほうが罰則を受けるのです。しかもかなり厳しい罰則です。

そうなると営業もできなくなるので、多くの消費者金融では必ず年収を聞くようにしているというわけです。もちろん年収を聞くだけでなく、ちゃんと働いているかというのも確認します。在籍確認で電話をするのも総量規制があるためです。

そして銀行系カードローンの場合はそういった総量規制はありませんが、それでも銀行系カードローンも消費者金融も基本的に借金をするときに年収証明書がなければ返済出来るだけの稼ぎがあるのかどうかというのを判断できません。

もしも年収証明書でチェックをしていないと、もしかすると100万円も稼いでいない人かもしれません。そういう人に仮に50万円ほど貸出をしたとしても、それは返済出来ないでしょう。返済できない人に貸出をするほど、カードローン業者はお人好しではないのです。

だからこそ返済をしっかり出来るかどうかというのをチェックするためにも、年収がいくらあるのかをチェックしないといけないのです。年収証明をしていないと、借金できないというのは返済ができるかどうかをチェックしないといけないからなのです。

年収を証明する方法とは

では年収証明書といいますが、どうやって年収がどのくらいあるのかということをわからせるのか?というと、いくつかの方法があると言われています。その方法は業者によって違いますので、事前に調べた上で借入申込をしましょう。

とは言えある程度「これならOK」という共通の証明の仕方というのがありますから、それらをご紹介しましょう。その証明の方法というのが下記の方法です。他にも出来る方法がある業者もありますが、よく見られるのがこれらです。

  • 源泉徴収票
  • 給料明細
  • 確定申告書

この三つはほとんどのところで使えます。使えない場合には他の方法を使うわけですが、どういうものなら出来るかを聞いて見るのが一番早いでしょう。

まずは源泉徴収票ですが、源泉徴収票は最も使われているといえるものです。サラリーマンやアルバイトをしている時には源泉徴収をされます。ある程度の所得税を支払った状態で給料が支払われるので、年末で調整されるのです。

その後にもらえるのが源泉徴収票と言われるものです。この源泉徴収票があればどのくらいの年収があるのかというのがわかります。なぜならこれで所得税を算出しているからです。税金はごまかせないですから確実な収入がわかるというわけです。

この源泉徴収票がもらえないところもあるので注意が必要です。特にアルバイトやパートの場合には源泉徴収をしていないというところもありますから、そういう場合にはもらえません。また出し忘れているという場合もありますので、その時は請求をしましょう。

次に使われているのが給料明細で、これも多く使われています。給料明細も簡単にいえばそれを12倍してしまえば年収というのがわかりますから、給料明細も使えます。ただ普通に1ヶ月分だけだしてOKというところはあまりありません。

たいていのところは2ヶ月分以上を出してほしいといいますし、ボーナスが出ているならその分の給与明細も出してくれと言われるでしょう。でなければ年収が実際にどのくらいあるのかがわかりにくいのでしょう。特にパート・アルバイトなどはそうです。

収入が変動しているのかどうかも重要ですし、変動していないならそれでいいですが、変動しているならその平均をとって借り入れの金額を決めるということが出来ます。ですので給与明細は借金をするなら絶対にとっておきたいところです。

最後が確定申告書です。確定申告書を出せばわかるのは自営業の場合や投資家などの場合です。ほとんどの人はサラリーマンでもパート・アルバイトでもそうですが、税金を納める時には会社が代わりに納めてくれています。

なので何もしなくていいですが、自営業の場合は自分でどのくらい所得があって、どのくらい税金を納めないといけないのかということを言わないといけないのです。そのため確定申告をしないといけないんですが、その時の書類が証明になります。

確定申告は収入やそこから経費を除いた所得というものもわかりますので、所得税の額もわかります。そうなると確実な年収というのがわかりますから、自営業の人はこれを使います。投資などで別収入がある人も使わないといけません。

以上の3つを使って年収証明書としているところが多いでしょう。もしこれらが使えないというのであれば、一体どういうものならOKなのか、直接問い合わせてください。まぁほとんどのところはどれか一つで大丈夫でしょう。

証明書が必要ない業者

年収証明書が必要なところばかりですけれども、何故か場合によっては証明が必要ないところもあります。少額融資をしているところであるとか、少額融資の商品の場合については、証明書が必要ないというところもあります。

例えばとある銀行系カードローンでは100万円以上の借り入れをする人だけ、所得証明というのをしなければならないとされています。それ以外の人は年収を証明する書類というのが必要ないというのです。これはどうしてなのでしょうか。

それは必要ない、というわけではなく年収自体はちゃんと言わないといけません。申込書などで年収を書かないといけないわけですが、ある程度の収入があるという前提で貸出をしているということです。少ない金額なら大丈夫と考えているのです。

例えばですが少ない金額で借入をした場合と高い金額を借りた場合、業者側としてはどちらのお客さんのほうが年収証明をしてほしいと思うか?と考えてみましょう。100万円のお客さんと10万円のお客さんにそれぞれ貸出をします。

この場合、自分がお金を貸すのであれば10万円のお客さんならまぁいいかと考えるかもしれません。しかし100万円のお客さんから返済がされないとなるとどうでしょうか。一気に100万円が焦げ付いてしまうわけで困ると思います。

これは消費者金融でも銀行系カードローンでも考え方は一緒です。借入をたくさんしている人のほうが、もし返済されなかった時のダメージというのが大きいというわけです。逆に少額ならしょうがないと思える可能性もあります。

また、50万円の借入をする場合を考えてみますが、総量規制だと50万円の借り入れをするためには最低でも150万円の年収が必要になります。150万円の年収というのは正社員であれば、中小企業で勤めていたとしても、まず貰える金額です。

ですのでそんなに証明しなければいけないほどではない、ということです。少額の融資、多くの場合は30万円とか50万円、大きくても100万円程度までですから、それ以上の枠をもらいたいというのであれば、さすがに証明は必要になるでしょう。

しかし最近の消費者金融でも銀行系カードローンでも、かなり証明書が必要ないところも増えてきています。ある一定金額までは証明が必要ないので、かなり借りやすくなっています。パート・アルバイトでも、証明しなくていいのは楽でしょう。

どのくらいで借入可能に?

さて、では証明書を出した後にどのくらいで借入をすることが出来るか?という点は気になるところだと思います。しかしこの証明書を出してから、どのくらいの期間で借金をすることが出来るかというのは、特に決まっているわけではありません。

例えば場合によってはその日のうちに借入をすることが出来るところもありますし、借入ができるのが3日後というようなところもあります。そして証明書を出すタイミングなどにもよるのです。なので一概に言えないとい言うのが答えでしょう。

ただ、この証明書を出すのは何も最初の申込みの時だけではありません。最初の申し込みの時に必要ですが、もう一つは増額の時にも必要になります。増額申請をするときに証明書がなければ、増額できないこともあるのです。

例えば増額をするときに100万円を超える借入をしたい、それだけの枠をほしいというのであれば、まず所得の証明をしてほしいと言われると思います。となると、増額をするためには申請書と同時に証明書を出さないといけないのです。

逆に10万円から20万円に枠を大きくするときなどには、あまり年収がどのくらいあるのかということを聞かれることはないでしょう。20万円であればそこまで厳しく見る必要がないからです。増額の時もその増額で希望する金額によって必要かどうか決まるのです。

そして増額もそうですが、提出してからあまり時間がどのくらいか?というのは決まっていません。場合によっては3日間かかるようなところもありますし、1日で済むところもあります。業者によって違うといえるでしょう。

ただ、最近は少しずつ高速化してきていると言われています。即日融資というのも当たり前になりつつある中で、借金を借りるための審査もスピーディーになってきているんです。だから年収証明書を出してからすぐに借りられるところも増えました。

すぐに借りられる場合には年収証明書を出してから、その日のうちに借りられるでしょう。しかし土日を挟むであるとか、深夜であるとか、ちょっと審査に時間がかかるという時には2,3日は時間がかかってしまう事があります。

ですのでまずは2日くらいは待ってみてください。で、2日待っても何も変わらないということがあるのであれば、それは問題があるので問い合わせをしましょう。もしかすると、申込みがちゃんと受け付けられていない可能性もあるので気をつけてください。

スピードはどんどん早くなっていますから、年収証明書を出してから、すぐに借りられると確実には言えない間でも、昔よりもいい時代になってきているのは間違いないでしょう。今こそ借り時の時代であるといえるかもしれません。

年収証明書はなくなる?

最終的に年収証明書があまり必要ない時代になってきて、提出をせずとも借入ができている人が多くなってきています。ということは今後はもしかすると年収証明書の必要性というのがなくなるのか?というと残念ですが、それはないでしょう。

もともと年収を証明しないといけないのは二つの理由からで、一つは総量規制などの法律で決まっている以上の借入をさせないことです。そしてもうひとつはちゃんと返済ができるかどうか、その収入の大きさを調べているのです。

今もその重要性というのは変わりません。ちゃんと調べておかないと返済されない可能性が高くなってしまいますし、そうなれば業者側が単純に損をしてしまいます。そうならないためにもちゃんと年収を調べるということは変わらないと思います。

年収証明書は逆に言えば強い味方にもなるのです。ちゃんと稼いでいるということを証明できれば貸してもらえますし、更に昇給したというのであれば借入枠を大きくしてもらいやすくなるのです。何事も考え方次第で使えるものではないでしょうか。

新着記事
ページトップへ