> > > 諦めない!無職の年金受給者でも借りれるカードローンあり!

諦めない!無職の年金受給者でも借りれるカードローンあり!

普段は計画的にお金を使っていても、イレギュラーなことで予想外の出費がある時、お金を借りられれば……と思うのは普通のことです。

カードローンやキャッシングなど、お金を借りる手段はたくさんあります。でも、基本的には職があって、一定の収入が定期的にある人、という条件がつきますね。

その条件だと、無職、しかも年金生活者が借りるのは難しいのでは……と困っている人も多いようです。事実、借りられないこともあったとか。

でも、諦めるのは早いですよ。無職の年金受給者でも、お金を借りる方法はあります。もちろん安全で、正規の業者からですからね!

お金を借りたい!基本的な条件とは

お金を借りるなら、まずはどこから借りようと思いますか?ご家族や身内に借りるのは恥ずかしい……と思う人なら、お近くの金融機関を考えるでしょう。もっとも、今時は金融機関に借りた方が、あとくされなくて良いという人も増えていますね。

金融機関で借りるとするなら、次の二つの機関が人気です。

  • 銀行
  • 消費者金融

年齢によっては、消費者金融についてあまり知識がない方もいるかもしれませんね。とはいえ、今の時代、個人融資に関しては、銀行と並ぶ一大勢力金融機関となっています。銀行で借りるよりも、消費者金融で借りた方が良いと言う人も増えているほどなんです。

どちらで借りるにせよ、借りるには条件を満たすことが重要です。どのような条件が必要とされるのかをチェックしてみることにしましょう。

借りるなら?最低限満たしておきたい条件!

銀行のカードローン、消費者金融のキャッシングでお金を借りる時、無条件で借りられるわけではありません。最低限でも以下の項目で、各金融機関が定める条件を満たしている必要があります。

  • 年齢
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収
  • 他社からの借入について
こうやって見てみると、職業、勤続年数などといった項目から、銀行や消費者金融は、基本的に現役世代に対しての融資がメインであることが分かります。確かに、返済のことを考えると、現役世代(サラリーマン世代)に融資をする方が良いとも言えますね。

しかし、これでは余りにも高齢者にとって厳しすぎます。長い間働いてきて、やっと年金を受けられる歳になってゆっくりしよう……という人が、ちょっとした融通もつけられないなんて、何となく憤りを感じてしまいそうです。

無職?高齢者?どうして借りるのが難しいのか

無職、または年金受給者になると、お金を貸してくれる金融機関はぐっと減ってしまいます。それまではセールスの電話をうるさいくらいにかけて来たのに、失礼極まりない話ですよね。でも、貸す側にもそれなりの言い分はあるわけです。

お金を貸す時、何よりも気になるのが返済能力のこと。金融機関は、以下のようなことを視野に入れて、先に説明した最低条件を設定しているものです。

  • 月々の返済に困らない収入があるのか
  • 返済することによって日常生活を圧迫することはないか
  • (高齢者なら)寿命の心配はないか

とにかく、月々の返済はきちんとしてもらわなければいけません。ただ、返済するために生活を切り詰めすぎて、不自由な生活をさせてしまっては、業界の評判を落としてしまいます。

そして何より、高齢者となってくると、体にいつ何が起こるか分からないという、何とも現実的な問題が重なって来るのです。冷たいようですが、現実を見据えた上での条件設定をしてしまうのも、ビジネスとしては仕方のないことかもしれませんね。

年金受給者も借りられる?返済能力に注目!

年金受給者がお金を借りられないという話も、やはり寿命などから考えられる、返済の滞りを視野に入れた上でのことでしょう。そもそも、年金というものは、収入として認められるのだろうか?と悩む人が後を絶ちません。

確かに年金は定期的に入って来るものですが、その性質としては、サラリーマン時代と違ったものであると認識している人が多いようです。サラリーマンであれば「稼いだ」お金だったわけですが、年金となると、「支給する」ものだと実感するからでしょうか。

だからと言って、年金受給者が無収入として扱われるのは少しおかしいことだと思いませんか?実は年金で暮らしていても、きちんとお金を借りることは可能なんです。

年金は安定収入!国家システムのお墨付き!

結論から言ってしまいますと、年金受給者が金融機関でお金を借りることは「可能」です。今の時代、65歳を超えたからと言って、すぐに寿命というわけでなし、長寿化社会を考えたビジネス展開が為されています。金融機関も同様です。

  • 年金受給開始年齢の65歳以上でも借りられるる
  • 返済は年金で行って良いる
  • 無職でも年金受給者であれば可能る

返済能力=年金、と考えれば、これほど心強い返済能力もないのではないでしょうか。何しろ、年金は国が支給するものです。定期的に必ず口座に振り込まれますし、もしミスでもあったら大変なことですから、それこそしっかりと、確実に入金されますよね。

この年金が収入として考えられますので、充分に返済能力があると解釈されます。今は年金生活者をターゲットにした金融商品も数多く出ていますし、カードローンやキャッシングも手軽にできるようになっていますよ。

銀行は無理?そんな時には消費者金融へ!

とはいえ、問題もあります。69歳前後になってくると、銀行でもお金を借りにくくなってくるのです。これはもう、本当に寿命関連を視野に入れられたと思うしかありませんね。こればっかりはどうしようもありません。

でも、お金を借りたいのは事実。確実に年金で返せるのに、借りられないのは困ってしまいます。こうなったら、銀行にはこちらから見切りをつけてしまうと良いでしょう。借りられないのにお付き合いを続けようとする必要はありません。

こんな時、借りるのなら消費者金融です。消費者金融は怖いというイメージをお持ちの人もいるかもしれませんが、今は銀行よりも手軽で使いやすく、とても人気のある金融機関になっていますよ。これを利用しない手はありません。

借りるならここ!年金受給者もOK!

消費者金融は、年金受給者、かつ高齢者(69歳前後)も借りられる会社が多く、幅広い年代の人に利用されています。金利も貸金業法でしっかりと管理されているため、生活を圧迫されるような返済を求められることもありませんよ。

消費者金融 年齢 限度額
アイフル 20歳~69歳 1000円~500万円
アコム 20歳~69歳 1万円~800万円
プロミス 20歳~69歳 1万円~500万円

他にも消費者金融は色々とありますが、まずは誰でも名前を聞いたことがあるような、超大手をチェックしてみましょう。年齢は下限が20歳、上限は69歳となっていますね。これなら年金受給者も充分に範囲内です。

これ以上の年齢になってくると流石に厳しいものがありますが、69歳までお金が借りられるのなら、ある意味では充分と言えるのではないでしょうか。計画的に使って行きたいものですよね。

メリットたくさん!審査の速さは天下一品!

また、消費者金融の良いところは、審査がとても速いということです。銀行ならば数日かかるような審査でも、消費者金融なら当日でOK。いわゆる「即日融資」というものですね。これは急いでいる人にはとても助かるシステムです。

当日、すぐに借りられるからと言って、審査がおろそかになっているわけではありません。審査するべきことを絞り込み、会社的に信頼できると思ったラインをしっかり設定してあるからのスピードなんです。

全国どこでも専用ATMがありますし、最近では口座に振り込むサービスも始まっているのが消費者金融です。銀行からお金を借りることが難しくなったら、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

返済も楽々!リボ払いで安定返済&ATMでどこでも返済!

消費者金融は返済もとても簡単です。生活の負担にならないよう、かなり便利な方法が揃えられていますよ。

  • 専用ATM、提携ATMから返済できる
  • リボルビング払いで月々の返済が安定する

まず、大手の消費者金融は、ほとんどが専用ATMを用意しています。街中で見かけたことはありませんか?返済日までに専用ATMから入金すれば良いので、散歩のついでに行くこともできますね。

また、提携ATMはコンビニや銀行にも設置されています。どちらもご近所にあるものばかりですよね。これなら支払いを忘れず、計画的に気持ちよく使うことができそうです。

返済の方法としては、銀行などの残高スライド方式ではなく、一定額を毎月支払っていくリボルビング払い(リボ払い)となります。年齢によっては耳慣れない方法かもしれませんが、今のキャッシングはこれが主流となっています。

もちろん、余裕がある時に一括で支払うこともできますし、一括ではなくても、普段より多めに支払うこともできます。何にせよ、かなり自由の利く返済方法だと言えますね。

うっかりミスに要注意!申し込みで気を付けること

利用したい消費者金融が決まったら、次はいざ申し込みです。しかし、ここでどうしても気を付けておいて欲しいことがあります。ちょっとしたミスで審査に落ちてしまっては、せっかく便利な消費者金融を利用できるチャンスを逃してしまいますからね。

まず、必要書類をきちんと揃えるところから始めましょう。そんなの当たり前だ!と思われそうですが、手軽だという印象ゆえに、ついつい忘れがちになってしまう人もいるようです。

証明書 種類
身分証明書 運転免許証、健康保険証、住基カード
収入証明書 源泉徴収票、給与明細、納税証明書

身分証明書はどんな消費者金融でも必ず提出が求められます。理由は説明するまでもありませんね。万が一、他人の名前を騙ってお金を借りに来られたら、消費者金融が犯罪の方簿を担ぐことになってしまいます。ここはしっかりとした証明書が必要です。

収入証明書は、一定の金額以上を借りたいと思っている人に提出が義務付けられています。その金額は消費者金融によって違いますが、大体が100万円単位での借り入れを希望する人に提出を求めるようです。

どちらも申し込みの時点で用意しなければいけないものです。後で慌てないためにも、申し込みの前に用意しておくと良いでしょう。

これはNG!多重申し込みは即ブラックに!

消費者金融だけではなく、お金を借りる時、ついつい保険のために数社を同時に申し込みたくなってしまいます。しかし、これは絶対にNGだと覚えておきましょう。多重申し込みが分かってしまうと、その場で申し込みブラックと判断され、審査に落ちてしまいます。

申し込みブラックとは、多重申し込みをしてしまった人のことを指すのですが、このブラックになるとそれなりに大変です。向こう半年は、どこに申し込みをしても、審査に落ちることになると思っておくと良いでしょう。

というのも、数社も同時に申し込まなければならないほどにお金に困っている、返済できるのだろうか?と怪しまれてしまうからなんです。せっかく返済能力があってもこれでは本末転倒です。申し込みは一社に絞って、じっくり結果を待つのが良いでしょう。

年金さえあれば借りられる!高齢者でも諦めない

年金はれっきとした収入として扱われていることが分かりましたね。また、心配されがちな年齢も、消費者金融であれば何ら問題がないことも分かりました。高齢者、年金受給者でも、お金を借りる方法はしっかりと用意されています。

いつどんな時にお金が必要になるかは分かりません。そんな時のために、今すぐ使うことはなくても、念のために消費者金融で利用契約だけをしておいても良いかもしれませんね。申し込んだからと言って、すぐに利用しなければならないというわけでもありませんから。

消費者金融は便利な金融機関です。使い過ぎに注意さえすれば、生活の一助になってくれるでしょう。計画的に利用して、生活に潤いをプラスできるといいですね。

新着記事
ページトップへ