> > > 消費者金融のキャッシングは保証人なし!その理由とは!?

消費者金融のキャッシングは保証人なし!その理由とは!?

友人の保証人や連帯保証人になってしまって、借金を肩代わりする羽目になったなんていうお話、見聞きしたことがある人も多いですよね。こんなお話から、お金を借りる時には保証人が必要だと思っている人も多いと思います。

しかし今では、消費者金融や銀行カードローンでお金を借りるとき、ほとんどの場合、保証人は必要ありません。これまでキャッシングを一度もしたことがないという人にとっては、もしかしたら驚きの事実かもしれません。

一体なぜ、保証人なしでお金を借りることができるのでしょうか?保証人がどんなものなのかも含めて、保証人不要でキャッシングできる理由を探ってみましょう。

知っておくべき!保証人って何?連帯保証人とはどう違うの!?

保証人と聞くと、なんだかとっても重大な責任を背負いそうな雰囲気が漂いますよね。実際のところ、保証人とはどんな立場なのでしょうか。よく似た言葉に「連帯保証人」がありますが、この二つはどんな違いがあるのでしょうか?

保証人とは

従来、借金をするときは原則として保証人が必要でした。保証人は、借金をした本人(主債務者)が返済できなくなってしまった時に、代わりに返済する義務を負います。しかし、保証人には、以下の権限があります。

  • 催告の抗弁
  • 検索の抗弁

法律の専門用語なので難しいですが、ひとつずつ見ていきましょう。

催告の抗弁とは、貸金業者がいきなり保証人に代弁を求めてきた場合に、まずは主債務者本人に請求するよう主張できる権利です。

また、主債務者本人が返済できる状況であるにもかかわらず返済をしない場合、貸金業者に主債務者の財産に強制執行をするよう求めることができます。これを検索の抗弁といいます。

つまり、これら2つの抗弁ができるため、主債務者に返済能力があるにもかかわらず、保証人だからといって代わりに返済しなければならないということはありません。ただし、すでにお伝えしたように、主債務者が返済できない場合は、保証人が代わりに返さなければなりません。

連帯保証人とは

それでは、連帯保証人はどのような立場なのでしょうか。連帯保証人が保証人と異なる点は、上記2つの抗弁ができないというところにあります。

つまり、貸金業者から連帯保証人が返済を求められた場合、主債務者に返済能力があったとしても代わりに返済しなければならないということなのです。このような意味では、連帯保証人は、主債務者とほとんど同義と考えてもよいでしょう。

というわけで、保証人にくらべて連帯保証人はとても重い責任を負います。なので、確実に回収するために、貸金業者が大口融資をするときには、保証人ではなく連帯保証人を求めるケースが多くなっています。

しかし、返済を求められてもできずに、大変な思いをする連帯保証人も多いようです。簡単に連帯保証人になるべきではないということですね。

消費者金融のキャッシングが保証人不要で利用できるワケとは

保証人にくらべて連帯保証人は責任が重いこと、連帯保証人になったら請求に応じて、債務者に代わって返済しなければならないことをお話しました。貸す側にしてみれば、貸したお金は確実に返してもらいたいですから、当たり前ではありますよね。

では、なぜ消費者金融のキャッシングや銀行カードローンは、保証人を立てなくても借りられるのでしょうか?

大口融資では連帯保証人が必要なことも

かつて、今ほどキャッシングが手軽なものではなかった時代は、保証人が必要な借り入れも多かったようです。

しかし今現在、一般的なキャッシングやカードローンでの借り入れにおいて、連帯保証人を立てないと借りられないという業者は、規模や業務形態の如何にかかわらず見当たりません。

ただ、現在でも、返済してもらえないとよりダメージの大きい大口の銀行融資や、状況によっては住宅ローンなどでも連帯保証人を求められることがあります。しかし、借入額が比較的少額なキャッシングでは、もう連帯保証人は不要となっています。

保証会社の存在

貸したお金をきちんと返してもらうための手段として連帯保証人があったわけですが、この連帯保証人が要らないということは、最悪、返してもらえなくても良いということ?なんて思ってしまうかもしれませんが、もちろんそんなことはあり得ません。

返済をより確実なものにするためには、現在では保証会社による審査と保証が通常とられる方法となっています。連帯保証人の代わりに、保証会社に保証してもらうというわけです。

キャッシングやカードローンの申し込み条件のところを見てみると、年齢や安定収入といったものの他に、「保証会社による保証を受けられる人」という条件があるところも多いものです。

つまり、キャッシングに保証人が必要なくなった背景には、保証会社に保証を依頼する貸金業者が増えたからであり、その方が個人に連帯保証人を求めるよりも、貸し倒れになるリスクが減らせるという事情があるのです。

保証会社は何をするの?

保証会社は、まず申し込みがあった人の属性を審査します。そして、属性に問題がない場合は、消費者金融や銀行に対して「この人ならしっかり返済してもらえそうです」という保証をします。

しかし、保証をしたにもかかわらず、借りた人が返せなくなってしまうこともあり得ます。そうなった場合は、保証会社が本人に代わって貸金業者へ返済をするという流れになっています。

審査の基準は保証会社ごとに微妙に違っており、中には特定の保証会社でいつも否決になるという人もいます。たとえば、三菱東京UFJ銀行のカードローンの保証会社は、アコムです。アコムに申し込んで否決の人は、三菱東京UFJのカードローンでも否決となる確率が高いというわけです。

以上、保証会社が保証するため、申し込む人が連帯保証人を立てなくても借入が可能になっていることをお話しました。裏を返せば、保証会社がダメと言えばお金を借りることができないことになります。審査に通りやすくするためにも、安定収入を身につけて返済をきちんとしていくことが大切です。

保証人がいらないと、どんなメリットとデメリットがあるの?

保証人不要でお金を借りられるというのは、困ったときには大変ありがたいシステムです。でも、デメリットはないのでしょうか?現在の保証人不要のキャッシングにおけるメリットとデメリットも、合わせて知っておきましょう。

保証人不要のメリット

保証人を立てなくてもキャッシングが利用できることで、どんなメリットが得られるでしょうか。主に、以下のようなことが考えられます。

  • 人間関係を崩壊させる危険がない
  • 保証を頼める人がいなくても申し込める
  • 時間を節約できる

連帯保証人を頼んで借金を肩代わりさせてしまえば、どんなに良好な関係を築いてきた相手であっても、もう以前のように仲良くすることは難しくなるでしょう。保証人には、このように人間関係を崩壊させてしまうリスクがあります。

また、保証人が必要だった時代には、保証人を頼める人がいないとお金に困ってもどこからも借りられないということもあり得ました。しかし、今では誰にも頼まなくても、借入が可能になっています。

さらに、保証人を頼みに行って書類にサインしてもらって…とやっていると、即日融資などまず不可能です。お金が必要なときは急ぎの場合も多いですから、困ったらすぐに申し込めてスピーディーな融資が受けられるのも、保証人不要の大きなメリットです。

保証人不要のデメリット

保証人がいらないのは嬉しいことばかりのようにも思えますが、実はデメリットもあります。

  • 金利が高めに設定されている
  • 審査が厳しくなる傾向がある

考えられるのは、このようなデメリットです。

現在では即時審査や即日融資も当たり前になっていますから、保証人を求めている時間もありません。また、素早く融資の可否を判断するために、審査も簡便になっています。このように、じっくり審査することが難しいため、返せない人に貸してしまうおそれもあります。

そうなった場合の損害を少しでもカバーするために、保証人不要のキャッシング商品では、あらかじめ高めの金利が設定されているのです。

また、保証人不要ということは、万一貸した相手が返せなくなった場合も、保証人に取り立てることができません。その場合、保証会社が返済するわけですが、保証会社も商売ですから、代わりに返済などしたいはずがありません。

このような保証会社のリスク回避のため、属性に不安要素のある人は自動的に否決となってしまう、つまり審査が厳しくなるおそれが高まるのです。これらが保証人不要のキャッシングのデメリットと言えますね。

保証人不要のキャッシングは手軽で便利!でもデメリットもある!

今では、どこの消費者金融でも保証人を立てることなく、キャッシングを利用することができます。これはスピード融資にもつながっていて、とてもお手軽で便利なシステムですよね。実際、保証人が要らないおかげで助かったという人も多いのではないでしょうか。

自分で保証人を見つける必要がないので、もしも返済できなくなっても家族や知人に迷惑をかけなくても済みますが、だからといって返済を怠ってもいいなんてことはありません。延滞や債務整理は後々の自分の首を絞めることになりますので、必ず計画的に利用しましょう。

また、保証人不要なのは便利な反面、金利が高いなどのデメリットがあることも、あらかじめ知っておきたいですね。物事の良い面と悪い面をきちんと理解して、上手にキャッシングしましょう!

新着記事
ページトップへ