> > > あらかじめ知っておきたい!申し込みから審査の流れとは!?

あらかじめ知っておきたい!申し込みから審査の流れとは!?

普段はお金を計画的に運用している人でも、「今回ばかりはどこかからお金を借りないと無理かも…!」なんていう時が、いつか来るかもしれません。

そんな時、借入先はいろいろありますが、これまで金融業者からお金を借りたことがない人にとっては、キャッシングやカードローンはとても不安なものですよね。でも、使ってみれば案外簡単ですし、賢く使えばとっても便利なものなんです。

でも、現金を手にするまでにどんな流れがあるのかを知っておかないと、やっぱり心配ですよね。ここでは、申し込みから融資までの流れを、キャッシング未経験者にも分かるようにご紹介しますので、少しでも不安を軽減してくださいね!

すべての借入はココからスタート!まずは申し込みから審査まで!

お金を借りたいとなったら、まずは申し込みをしなければなりません。でもその前に、どこに申し込むかを決める必要もあります。というわけで、それぞれの借入先の特徴を踏まえ、まずは申し込み方法から審査までについてお話します。

借入先にはどんなところがあるの?

お金を借りる場合、使い道によっては住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンもありますが、ここでは使い道自由の一般的なキャッシングについてお話します。そのような手軽な借り入れができるところとしては、主に以下の3種類があります。

  • 消費者金融(キャッシングやフリーローン)
  • 銀行(カードローン)
  • クレジットカードでのキャッシング

すでにクレジットカードを持っていて、そこにキャッシング枠が付いている人は、お金に困ったらすぐにその枠内の金額を借りることができます。意外と、ご自身のクレジットカードの機能をご存じない方も多いので、よく分からない方は一度確認してみてください。

クレジットカードのキャッシングができないという人は、新たにクレジットカードを申し込むか、消費者金融や銀行のキャッシングやカードローンに申し込むことになります。

それぞれの借入先の特徴

クレジットカードはカードでショッピングもできますし、保険がついているなどメリットも多いですが、限度額があるのでカード以外にも借入先があると助かります。カードはすでに持っている方も多いでしょうから、消費者金融や銀行で借りる場合のそれぞれの特徴をご説明しておきます。

種類 金利 限度額 審査
消費者金融 高め 少なめ 中小は緩め
銀行 低め 大きめ 厳しめ

個々の業者によって様々ですが、大まかに言えば上記のような傾向があります。いくら借りたいのか、属性は良いのか等によって選ぶべきところも違ってきますので、ご自身に合うところを考えてみましょう。

いよいよ申し込み!

利用したい業者が決まったら、いよいよ申し込みです。申し込み方法は業者によって異なりますが、多くの消費者金融や銀行では、以下のような申し込み方法を用意しています。

  • インターネット
  • モバイル
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭窓口
  • 無人契約機

近年では、どの業者も必ずサイトを持っており、そこから申し込みができるようになっています。詳しい借入の内容を確認する意味でも、事前にサイトを訪れることをオススメします。そして、そのままインターネットで申し込むのもいいですね。

しかし、即日融資を希望する場合は、業者によっては無人契約機に行かなければならないなど、条件がある場合もありますのでご注意ください。

審査ってどんなもの?

申し込みをすると、審査があります。この審査によって、お金を借りられるかどうかが決まるので、非常に重要なものです。審査は、申し込み時に伝えた以下のような情報を元に行われます。

  • 名前・年齢・性別
  • 家族構成・居住形態・居住年数
  • 勤務先・年収・勤続年数
  • 希望借入額
  • 他社からの借入件数・借入総額
  • 保険証の種類
  • 固定電話の有無
審査の基準は公にされていませんが、一般的に「20歳以上であること」「安定継続した収入と返済能力があること」が重視されます。この2点さえクリアできればまず可決は得られると思いますが、上記の各項目が望ましければ望ましいほど、限度額が上がるなどさらなるメリットが期待できます。

銀行カードローンでは、無収入の専業主婦でも借りられるところも多いので、該当する方は銀行を選ぶと良いでしょう。

可決の知らせが来たらいよいよ現金ゲット!受け取り方も様々!

上記の情報を元に業者側が審査をし、返済能力があると判断されれば審査に通ります。審査に通った、すなわち可決の連絡が来たら、いよいよお金を借りることができます!ここからは、審査が終わって以降の流れを確認しておきましょう。

審査の結果はどう通知される?

審査の結果を待つ間は、ドキドキするものですよね。果たして審査結果はどのように知らされるのでしょうか?これも、業者によって様々ですが、

  • メール
  • サイトの専用ページ
  • 電話
  • 郵送

主にこのような手段があります。サイトにログインすると審査結果が分かるようになっている業者もありますし、メールで通知されるところもあります。また、無人契約機で申し込めば、その場で審査結果が分かります。

審査結果は、可決でも否決でも必ず連絡があります。早いところだと30分ほどで審査結果が出ます。否決の場合、なぜダメだったのか聞きたくなるのが自然な感情ですよね。でも、否決理由を教えてくれるところは、通常ありません。これについては、あらかじめ理解しておきましょう。

現金を手にしよう!

審査に通ったら、ついに現金が手に入ります。融資のやり方も、業者によっていろいろありますが、多くの場合は以下のどれかになります。

  • 希望の口座に振り込み
  • 業者指定の口座に振り込み
  • ローンカードで引き出し

つまり、元々持っている口座に振り込んでもらうか、新たに業者指定の口座を作ってそこに振り込んでもらうか、はたまたATMでローンカードを使って現金を引き出すかの、いずれかというわけです。

即日融資の場合は、希望口座への振り込みか、無人契約機で申し込んでその場でローンカードを受け取る方法になることが多いでしょう。

ここまでの流れを読むと大変な気がしてきますが、申し込みから融資まで最短で30~40分程度という業者も少なくありません。過去に延滞や自己破産などがなくて、普通に働いている人ならば特に問題なく融資を受けられる確率も高いですから、気軽に申し込んでみても良いのではないでしょうか。

返済もきっちりと!

借入は、借りたら終わりではありません。当然ながら金利を含めた金額を返済しなければなりません。基本的に、月に1回返済日が来ます。

返済方法は、銀行引き落としにすると返し忘れがなくて便利です。お給料が入る口座から引き落とすように設定すれば、残高不足で延滞になることも防ぎやすいですね。

キャッシングやカードローンは、一般的に限度額の範囲内なら何度でも自由に借り入れができるようになっています。返済すればその分の借入枠が復活しますので、返せるときにまとめて返すのもオススメです。詳しくは、各業者にお問い合わせください。

代表的な消費者金融アコムを例にとって流れを把握してみよう!

業者の決定から申し込み、審査を経て実際の融資・返済までの流れを一通りご紹介してきました。借入というのがどんなものか、その概要はつかめたでしょうか。この流れを復習するためにも、代表的な消費者金融アコムを例にとって、実際の利用をイメージしてみましょう。

アコムのカードローンとは?

まずは、アコムのカードローンがどういったものなのか、ご紹介しておきます。

項目 内容
限度額 1万円~800万円
金利 3.0~18.0%
利用条件 ・20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力がある人
・アコムの基準を満たす人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・借入額50万円以上または他社との借入総額が
100万円以上の場合は収入証明書類

アコムは大手なので、属性不良の方には厳しい審査結果が待っている可能性が高いです。しかし、通常は理由もなく否決になることはないですし、初めての方には優しい消費者金融と言えます。

インターネット・電話・むじんくん(無人契約機)・郵送の4種類から、お好きな申し込み方法を選べます。ただし、即日融資希望なら、郵送以外の方法を採りましょう。インターネットで申し込んだうえで、むじんくんで手続きするのが一番早いと思われます。

アコムの審査結果通知法

アコムの場合、インターネットまたは郵送で申し込むと、電話かメールで審査結果が通知されます。電話の場合は個人名でかけてくるので、万が一他の人が電話をとっても安心です。また、前述の通り、むじんくんで申し込んだ場合は、その場で結果が分かります。

融資方法は、振り込みとATMによる現金引き出しの2つがありますので、その時の都合によって便利な方を選ぶことができます。

申し込み後の流れを知ってキャッシングをスムーズに利用しよう!

初めての方にとっては不安や緊張でいっぱいのキャッシングですが、意外と簡単だと感じた方も多いのではないでしょうか。借り過ぎには注意して返済をきちんとしてけば、何も恐れることはありません。

むしろ、適度な利用実績があった方が、信用を積み重ねることができて、次回のクレジットカードやキャッシングの申し込みのときに有利に働くメリットもあります。

流れを把握できたら、安心ですよね。次回のお財布のピンチにはぜひ、キャッシングやカードローンを検討してみてください!

新着記事
ページトップへ