> > > ピンチを脱したい!!無職OKなキャッシングはあるの!?

ピンチを脱したい!!無職OKなキャッシングはあるの!?

誰かからお金を借りるとき、時間はかかったとしてもいつか全額返せることが前提となります。ましてや、借入先が金融業者だった場合は、必ず金利も含めて返済しなければならないのは、誰もが知っていることですよね。

しかし、返せるということは、働いていて収入があることを意味します。なので、原則として無職の人は、どこからもお金を借りられないことになっています。無職ということは、お金に困っている状況ですから、一番お金を借りたい人が借りられないという困った悪循環と言えますね。

でも、本当に無職の人は一切借入できないのでしょうか?無職OKという有り難い業者がもしもあれば、知っておきたいですよね。

無職の人は本当に借りられない!?借りられる例外パターンとは

そもそも無職の人が借りられないというお話は、絶対的真実なのでしょうか?実は、そうでもありません。無職でもキャッシング可能な例外もあります。まずは、借りられる無職とそうでない無職があることをお話したいと思います。

基本的な申し込み条件

消費者金融やクレジットカード会社、銀行など、お金を貸すお仕事をしている業者はすべて、申し込み条件を設けています。各業者で独自の基準を持っていますが、ほぼすべての業者に共通する条件があります。それは、

  • 満20歳以上
  • 安定継続した収入と返済能力があること

これら2つの条件です。特に重視されるのが「安定継続した収入と返済能力」の方で、これがない人は申し込んでもまず否決となるでしょう。安定継続した収入ということは、今現在働いていて、今後も働いていくということです。つまり、基本的に無職の人は申し込めないということなんです。

無職でも借りられることもある

しかし、無職だからといって、全員が絶対にキャッシングできないというわけではありません。以下のような人は、無職でも借りられる可能性があります。

  • 専業主婦
  • 学生
  • 失業手当受給者
  • 年金受給者

上記の人は、本人に労働による収入がなくても、配偶者や親に収入があるか、労働によらない収入があるという状態の方々です。業者としては返済さえしてくれればいいわけですから、家族や手当による収入があるこのようなケースでは、融資を受けられる可能性があります。

特に銀行カードローンの場合、配偶者に安定収入がある場合は、無収入の専業主婦(主夫)でも借りられるところが多いです。

もちろん、本人に安定継続した収入がある場合に比べて、審査は厳しくなります。働き口を見つける方が早くて確実なのは間違いないでしょうが、事情があって働けない方もいますから、そのような場合は結婚するとか、学生の身分を得るとかすれば、柔軟審査をしてくれるところなら借りられる可能性も出てきます。

専業主婦専用の申し込みサイトが!楽天銀行は無職の味方!?

原則として無職の人は借入できないけれど、専業主婦や学生など例外もあるというお話をしました。そこで、ここからはそんな無職OKの業者をご紹介していきたいと思います。まずは、楽天銀行のカードローンである、「楽天銀行スーパーローン」からです。

楽天銀行スーパーローンの概要

楽天という企業を知らない人は、おそらくいないのではないでしょうか。そんな大企業のグループ会社である楽天銀行のカードローンが、「楽天銀行スーパーローン」です。その概要は、以下の通りです。

項目 内容
限度額 500万円
(ただし専業主婦の人は50万円)
金利 4.9~14.5%
申し込み条件 ・満20歳以上62歳以下で日本に住んでいる人
(ただしパート・アルバイト・専業主婦の人は60歳以下)
・毎月安定した収入がある人または専業主婦
・楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・限度額が300万円を超えるときは収入を証明する書類
一般の人は限度額500万円ですが、無職である専業主婦の人は50万円までとなっています。しかし、配偶者の収入を証明する書類などは必要なく、運転免許証があればそれだけで済むので、大変お手軽です。

申し込み方法

無職でも申し込めるところは多くない中、楽天銀行スーパーローンは専業主婦の人専用の申し込みページを設けています。キャッシングやローンにおいては肩身の狭い思いをしがちな専業主婦ですが、楽天銀行はそんな専業主婦に対して歓迎ムードすら漂う、貴重な業者です。

大手消費者金融などは申し込み方法が多彩なのが一般的ですが、楽天銀行のスーパーローンへの申し込み方法は、インターネットだけとなっています。

専業主婦で無職の方は、公式サイトの「専業主婦の方のカードローンお申込みはこちら」というリンクをクリックすれば、申し込み画面に移ります。

楽天銀行は専業主婦ならOKと明言していますが、手当収入のみの無職でも大丈夫かはっきりしていません。専業主婦以外の無職の方は、念のため申し込み前に問い合わせてみることをオススメします。

みずほ銀行カードローンも専業主婦OK!困ったときに頼りになる!

銀行カードローンからもうひとつ、みずほ銀行のカードローン商品をご紹介したいと思います。こちらも、無職である専業主婦でも配偶者に安定収入があれば申し込めます。もちろん、女性の配偶者に安定収入があれば、専業「主夫」でも大丈夫です!

みずほ銀行カードローンの商品概要

みずほ銀行のカードローンには、「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」の2種類が用意されています。どちらになるかは、審査によって銀行側が決めるので、無職の場合はコンフォートプランになる確率が高いです。

そこで、コンフォートプランの商品概要を以下にご紹介します。

項目 内容
限度額 10万円、20万円、30万円、50万円、100万円~1,000万円
(ただし専業主婦の人は30万円)
金利 4.0~14.0%
申し込み条件 ・満20歳以上66歳未満で日本に住んでいる人
・毎月安定した収入がある人または配偶者に安定収入がある人
・保証会社の保証を受けることができる人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・限度額が200万円を超えるときは収入を証明する書類
・印鑑

楽天銀行スーパーローンに比べると、無職の人の限度額がじゃっかん少ないものの金利が少しお得ですので、借りたい金額に応じて選ぶと良いですね。

申し込み方法

みずほ銀行の普通預金口座を持っている方なら、「WEB完結申し込み」を利用すれば最短で即日融資が受けられます。WEB完結はインターネットで申し込んで、可決となったら必要書類をカメラ撮影して登録用URLにアップするだけです。

手持ちのキャッシュカードが、そのままローンカードとしても使えるようになるので、大変便利です。口座をお持ちの方なら、ぜひこのWEB完結をご利用ください。

一方、みずほ銀行に口座を持っていないという方は、審査に通ったら口座を作る手続きも必要になります。申し込み方法はインターネット・郵送・電話などいくつかありますが、インターネットが一番スピーディです。

無職でも立場によっては借入可能!銀行カードローンもオススメ

ご紹介してきたように、無職と言えども専業主婦(主夫)であれば、限度額に制限があるとはいえ、問題なく銀行のカードローンに申し込むことができます。配偶者に安定収入さえあれば、何も臆することはありませんので、どうぞ胸を張って申し込んでみて下さい。

しかし、専業主婦(主夫)以外の無職となると、少々難しくなります。大手の一般的なキャッシングなどはまず不可能ですので、融資を受けるためには結婚するなどして立場を変えるか、パート・アルバイトをすることになります。

病気などで働けない場合は、公的機関に相談するなどして、借金以外の方法を考えた方が良いことも時にはあるでしょう。一人で抱え込まず、金融機関を含め、ご自身にとって最適な方法を共に考えてくれるところがきっとありますので、そのようなところも有効活用してみてくださいね。

新着記事
ページトップへ