> > > 投信の資金にできる?キャッシングの利用制限について

投信の資金にできる?キャッシングの利用制限について

近年、お金の使い道に強い関心を持つ人が増えています。以前は専門の人しか興味を持たなかったようなジャンルにまで、今は一般の人も手を伸ばすようになりました。

投信(投資信託)もそのひとつで、様々な人が参加しています。その規模はまちまちで、小口投資から大口投資まで、個人の事情に合わせた形で行うことができます。

投信と言えば、当たれば大きいと言われているもの。夢を乗せて一度は参加してみたいですよね。でも、その資金がなかったらどうすれば良いのでしょう。投信の資金のためにお金を借りることはできるのでしょうか?

投資信託とは?少額から参加できる専門商品!

そもそも、投信とは何なのでしょうか。お金を扱うことには変わりがないのですが、その詳細は一般の金融商品とはやや違う性質を持ちます。

  • 投資家から資金を集める
  • 専門家が運用する

投資家になることは、基本的に誰でも可能です。最近では一般の人の中にも、投資に熱心な人が増えているため、小口の投資もOKになっていることが多いようです。

投資家から資金を集めた専門家(投資信託会社など)が、その資金を運用し、運用に成功すれば資金が増えるという単純な仕組みです。

  • 株式
  • 債権(有価証券)

投資信託会社が、集めた資金を元に、株や有価証券を運用することを、主に投信と呼んでいます。投資信託会社によって、得意な運用内容が変わって来ますので、事前によく調べ、自分の好みの投資信託先を見つけることが重要です。

利益だけではない?損も含んだ投資信託!

投資信託の特徴として、「利益だけが生まれるわけではない」ということです。投資信託会社の運用により、資金が増えたり、あるいは減ったりします。これが損益です。

損益は出資者に還元されることが、投資信託の基本システムとなっています。よって、利益が出た時も、損益が出た時も、出資者にダイレクトに関係するのです。運用で得をすれば出資者も得をし、損をすれば出資者も損をするということですね。

投資信託は元本を保証されない投資システムです。絶対に損益を出したくないという人には、あまり向いていないと言えるでしょう。ただ、大きな利益が出た時の還元は大変な魅力ですから、投信の人気が衰えない理由も分かるというものですね。

やってみるなら資金投資!でも心もとない時には

投信に参加するには、投資信託会社を通すことが一番です。投資信託そのものが商品として取り扱われるため、商品を購入することによって参加します。

  • 証券会社
  • 銀行
  • 郵便局

投資信託が購入できる場所はこの三つです。主に証券会社で購入する人が多いでしょう。投資信託に力を入れているのも証券会社ですし、運用にも手慣れていると思われます。

投資信託を購入する、すなわち、資金を用意するわけですが、この資金が足りなければ、もちろん参加することはできません。しかし投信の魅力を知っている人であれば、できるだけ参加チャンスを逃したくはないでしょう。そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

投信のための資金は?借りるのもOK!

一般の人でも参加できる投信ですが、やはり資金の準備が気がかりになります。手元にある程度のお金があることが一番なのですが、そうでもない時もありますよね。

手元が寂しい時に限って、気に入った投資信託を見つけてしまうと厄介です。そんな時には借り入れで資金を準備することも悪くないと言えますね。

お金を借りるのであれば、まずは銀行です。しかし、投信のために資金を借りるとなると、銀行の審査では少し厳しいことになるかもしれません。ただでさえ厳しい審査ですので、損が出るかもしれない投信のためとなると、銀行としては考えてしまいそうですよね。

フリーローンを利用するのが一番ですが、銀行によっては利用使途を問われることもあります。投信目的全てがNGということではなくても、損の可能性がある以上、審査の障害に成り得ることも充分に認識しておきましょう。

銀行がNGなら?困った時の消費者金融!

銀行での審査に不安を覚えるのであれば、消費者金融で借りることをおススメします。消費者金融は銀行に比べれば審査が比較的緩めであり、利用使途も詳細を求められません。

ただし、事業性資金としての利用は、NGであることが多いのも現実です。投信のための資金を事業性資金と取られる可能性がないとは言えないので、申し込みの時には伏せておいた方が良いでしょう。

または、最初から詳しく相談してしまうのも一つの手です。というのも、消費者金融の中には、事業者向けの融資商品を取り扱っているところもあるからです。

利用使途自由のフリーキャッシングより、事業性資金が相応しいと判断されれば、そちらを勧められることもありますよ。自信がない時には相談するのが一番でしょう。

投信のキャッシング、消費者金融のキャッシング、その違い

消費者金融でお金を借りることを、キャッシングと言うことがほとんどです。しかし、投信に詳しい人なら、投信には投信のキャッシングがあることもご存知でしょう。

【投資信託用語としてのキャッシング】
投資家が特定の投資信託(MMF、MRF、中期国債ファンドと呼ばれる種類)の解約を行った時に行われる。
解約相当代金を即日、投資家の口座に振り込んで支払うこと。
これにより、投資家は希望した時に投資金を口座から引き出すことが可能になる。

解約相当代金とは、元々投資していたお金のことです。つまり、キャッシングという用語であっても、消費者金融でのキャッシングのような、借金としての扱いではありません。

これからご紹介するキャッシングは、消費者金融の融資(借金)のことです。どちらかと言えば一般的な意味合いでのキャッシングですね。投信のキャッシングと混同しないように気を付けて下さい。

借りるなら消費者金融で!即断即決即審査!

消費者金融と言うと、手軽で速いというイメージがあります。また、金利が少し高いという噂もありますね。普段は銀行からの融資をメインとしたり、利用したことがない人は、事前に調べておく必要があります。

金融機関 審査 金利 主な特徴
銀行 厳しめ
時間がかかる
低め
(平均3.0%前後~)
利用使途が限定されることが多い
限度額が1000万円前後も可能
消費者金融 緩め
最短で即日融資可能
高め
(平均15%前後~)
利用使途が広い
限度額が500万前後

銀行と消費者金融を比較すると、分かりやすい点ではこういった面が見られます。どちらにも利点があるということが分かりますね。

審査については言うまでもありません。銀行の審査に時間がかかるのは昔からです。とはいえ、今は銀行でも即日審査の商品も増えていますので、気になる商品についてはチェックしてみるのも良いでしょう。安定して速いのは、消費者金融であることは間違いありません。

本当に高いの?金利をチェック!

金利についても、かなりの差があるように見えます。しかし、実は消費者金融も、利用額によってはそれほど高い金利にならないことがあります。高い金利が適用されるのは、利用額が低めの人に対してであることがほとんどです。

利息を節約したいのであれば、一度の利用で高額を借りることも考えるべきでしょう。特に、投信の資金ともなれば、いくら小口からOKとはいえ、それなりの金額が必要になります。せっかくのキャッシングですから、損をしないように考えておきたいですね。

また、借りる金額が低くて、高い金利が適用されるとしても、返済期間によっては、一概に損とは言えない時もあります。実際に、金利から利息を計算してみましょう。

【借入金額×金利%÷365日×一ヶ月(30日or31日)=一ヶ月分の金利】

こちらが金利からの利息算出方法です。これを元に、金利15%の消費者金融で、10万円を30日間、借り入れしたとして考えてみましょう。

【10万円×15%(0.15)÷365日×30日=1233円】

いかがですか?10万円を借り、30日で返済すれば、利息は1233円で済みます。利息が他界か安いかは、それぞれの感覚の違いがあるかもしれませんが、決して法外な金額になるわけではありません。

希望金額と返済計画を照らし合わせてみたら、このように、案外低めの利息で済むことがあるかもしれませんよ。よく考えて利用してみましょう。

手っ取り早く借りるには?まずは大手をチェック!

消費者金融もたくさんの会社があります。普段使い慣れていないと、一体どこで借りればいいのか迷ってしまいますよね。そんな時、何はともあれ、名の知れた大手で借りるのが安心です。大手は新規客の対応に慣れていますし、スムーズに利用することができます。

消費者金融 金利 限度額 特徴
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短10秒での口座振り込み
モビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円 電話連絡、郵送物無し
アイフル 4.5%~18.0% 1000円~500万円 最短30分審査
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円 30日間無利息サービス

まずはこういった大手で借りてみて、慣れたら他の消費者金融を探してみても良いかもしれませんね。大手ではない、中小規模の消費者金融の中にも、優れた会社はたくさんあります。とはいえ、大手には大手ならではの利点があるのも事実です。

業界ナンバーワン!プロミスの利点とは

プロミスは業界でもナンバーワンの実力を誇る、超大手と言っても過言ではない消費者金融です。金利はずば抜けて低いというわけでもなく、いわば平均的な数値を示していますが、利用のしやすさは相当なもの。

中でも、最短10秒での口座振り込み(瞬フリ)は、他の消費者金融の追随を許さないサービスです。

  • 三井住友銀行の口座を有していること
  • 平日9:00~14:50の手続きであること

以上の条件を満たしていれば、融資を申し込んだ10秒後には、あなたの口座に希望金額が振り込まれるようになります。投信でも急ぎの時は確実にありますし、そんな時には絶対に思い出したいサービスですね。

どこよりも手軽!モビットはWebだけで全て完結

モビットは「手軽に利用できる」という消費者金融の利点を、究極まで追求したと言える会社です。申し込みの時にはどうしても、身分証明書や収入証明書と言った、こまごまとした書類が必要であったり、職場への電話確認をされたりします。

しかし、そういったことを嫌がる人のために、Webで申し込みから融資までを完結させる方法を採用しています。職場へ電話が行くこともなければ、煩わしい郵送物に悩まされることもありません。

  • 三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行に口座を持っていること
  • 社会保険証、組合保険証を持っていること

利用にはこの二つの条件を満たす必要があります。どちらも一般的なお仕事をしている人であれば、それほど困難な条件ではないと言えるでしょう。面倒な手続きなしで利用を開始したい人には、かなりおススメの消費者金融です。

最短で借りる!アイフルなら30分で融資可能

思い立ったらすぐに借りたいという人には、アイフルがおススメです。アイフルは金利などで目立った特徴はありませんが、融資までの時間がとにかく速いという利点があります。

一番の特徴は、申し込みをした後、電話を一本かけるだけで、審査の順番を速めてもらうことができるということでしょう。本当に急ぎの時には思い出したいサービスです。

また、キャッシングの際に必要になるカードも、自宅では受け取れないという人のために、無人契約機で発行することができます。Webからの申し込みを終えていれば、その日の22時までに発行できますので、空いた時間に取りに行くことも可能ですね。

知名度トップ!アコムで安心キャッシング

知名度で言えば、アコムが代表的でしょう。キャッチーなCMが印象的で、一度見たら覚えてしまう人も多いのではないでしょうか。

有名なだけあって、サービスも独自路線を打ち出しています。中でも、初めての利用者に限り、借り入れから30日間は無利息というサービスが特徴的です。

  • 初めての利用であること
  • 返済プランを35日間にすること

初めての利用は誰にでもありますので、条件のひとつは簡単に満たすことができます。返済プランに関して、よくある「一ヶ月に一度」ではなく、「35日に一度」という選択をする必要があります。

とはいえ、35日の間の30日目までに返済を終えれば良いだけですので、それほど難しい条件ではないでしょう。これだけで無利息になるのなら、少しでもお得に利用したい人には嬉しいですよね。

無担保で資金調達可能!消費者金融を上手に使おう

消費者金融は、融資の時に担保を求めることがありません。利用使途も事業性資金以外はフリーです。投信に限らず、便利に利用できることは明らかです。

投信の資金は、いつ急を要するか分かりません。そんな時のために、余裕を持って、先に契約しておくのも良いかもしれませんよ。普段は利用しなくても良いですし、お守り代わりに持っておくのはいかがでしょうか。

大きな利益が期待できるのが投資信託です。資金繰りに関しても、しっかり準備が必要ですね。利用できるものは何でも利用して、ビッグチャンスを逃さないように頑張って下さいね!

新着記事
ページトップへ