> > > 収入が無くても借りられる!キャッシングのコツを伝授!

収入が無くても借りられる!キャッシングのコツを伝授!

今、収入が無いから借りたい!しかし、「無理だろうな」とあきらめる必要はありません。そこで、キャッシングをするにあたって、知っておきたい法律があります。知識が無くても、簡単に利用できるこの頃ですが、知っておいた方が、より有利にキャッシングを活用できること間違いなしです。

キャッシングはちょっとしたコツで、おトクに借入できたりしますから、情報網は多い方が便利ですよ。ここでは、収入が無くても借りられる方法を中心に、キャッシングのコツをご紹介します。

まず法律を知ろう!総量規制という借入のキマリ

キャッシングをすることは、貸金業法という法律に基づいて決められています。その中でも、私達利用者に関わる内容は、以下の通りです。

  • 貸金業者登録した者だけが、貸金業を営める
  • 総量規制によって、貸付総額は年収の3分の1を限度とする

貸金業者とは必ず貸金業者登録しなければなりません。登録されていないものは、全て違法ですから、利用すると高額な金利などを要求される事があるので、注意が必要です。私達利用者は、違法業者でない事を確認した上で利用すべきです。

違法業者が絶対的に悪いわけですが、その様な違法業者に引っ掛からない様にすることは、自分の責任になります。

総量規制とは、消費者金融やカード会社、信販会社からのキャッシングを制限するもので、借入総額が年収の3分の1以上借入できない仕組みを言います。よって、収入の無い人の借入れは一切できません。ただし、銀行からのローンは対象外とされていて、借入総額に算入されません。

きちんとした業者を選ぶ目を持つことが大切!簡単な方法アリ

貸金業者を選ぶのは自分ですから、正しい業者を見分けることが大前提です。正しい業者は、貸金業者登録をしていると言いましたが、それを見分けるにとっても簡単な方法があるのです。そんなことを気にせず貸金業者を利用していた人は、今まで悪徳業者に引っ掛からなかたのが、ラッキーだったと思います。でも、これからは確認しましょう。

大手を選ぶなら、よっぽど悪徳業者である事はありません。しかし、ホームページやダイレクトメールが本物っぽいと、正規の貸金業者か見分けがつきません。また、大手に似せた違法業者も沢山あるのです。

そこで、貸金業者を調べる方法ですが、金融庁のホームページの「貸金業者検索サービス」で、会社名などのキーワードを入力すると、登録済みの正規の会社であるかどうかが瞬時に分かります。このサイトを利用すれば、絶対に違法業者には引っ掛かりませんので、是非活用してください。

総量規制を使えば、専業主婦でも楽々キャッシングできる

先の章で、銀行ローンは総量規制対象外といいました。総量規制に該当する消費者金融のローンは収入があることが前提ですから、何らかの職に就いている必要がありました。

しかし、総量規制対象である銀行ローンは無職でも借入が可能なのです。

その際の条件が一つだけあります。

配偶者が就業していて、安定した収入がある人

収入が一切ない人に返済能力は有りませんから、生計を一緒にしている配偶者の収入をもって、審査を通す方法です。

銀行によりますが、専業主婦の借入限度額は、30万~50万としているところがほとんどです。

配偶者に借入がほとんどなければ、あっという間に審査も終わりますので、専業主婦でも楽にキャッシングができます。夫婦逆転の、専業主夫であっても、奥さんに安定収入があればキャッシングは可能です。

総量規制対象を使っても、借入できない場合がある

専業主婦(夫)は配偶者の安定収入があれば借入可能ですが、収入の無い人が借入を希望する場合で、配偶者がいない場合は、同一世帯(生計を一緒にしている)の親子などの血縁者がいても、借入はできないことになっています。

夫婦の場合は、生活を一緒にしていることが婚姻していると言う事実で裏付けが取れるからだと思いますが、親族の場合は本当に生計を一緒にしているか、安定した収入があるかという裏付けが取れないから利用できない様です。

借入しようとする主婦自身が年金受給者の場合、借入出来ない事がありますが、配偶者に安定した収入る場合は、専業主婦ということで、銀行ローンで借入する事は可能となります。

総量規制対象外であっても、借入が出来ない条件もある事を理解しておくと良いと思います。

高齢者で借りられる方法があります

高齢者になると、借入できるところが激減します。65歳を超えると、勤めていても借入が難しくなります。年金収入のみとなると、消費者金融では、ほぼ借入できません。大手銀行と大手消費者金融の年齢制限を表にしてみました。

会社名 みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 アコム アイフル
年齢 20~66 20~65 20~69 20~69

年金収入は、安定収入とみなしていない貸金業者が多い中で、銀行であれば年金収入でもOKとしている企業もあります。

ここで登場するのが、総量規制対象外である銀行ローンです。全く収入の無い人は、返す当てもないのですから、借入は不可能です。しかし、年金受給者は定期的に収入があります。そして、総量規制対象外ですから、銀行は年金受給者に貸付することは合法です。

高齢者で年金受給のみの人は、銀行ローンを探すと良いと思います。

高齢者で年金以外の収入があるなら、消費者金融がおススメ

先に借入可能年齢を挙げましたが、消費者金融の方が年齢制限が最高69歳までと、幅が広いので、年金以外の収入がある人は、消費者金融で借りた方が、長い期間利用できるということになります。

消費者金融も、銀行も各種手続きが簡素化されているので、不便さは無くなってきています。しかし、高齢者にとってみれば、モバイル申込みも、Web申込みも複雑です。土日関わらず、窓口が開いている消費者金融の方が、いつでも問い合わせできますし、窓口手続きも簡単なのでおススメと言えます。

不動産があるなら、担保ローンも利用可能!

資産はあるけど、お金を借りたい場合ってありますよね。例えば、土地や家は有るけど、現在は収入がほとんどないから、お金を作り出す為に、土地や家を売却しますか?そこに自分が住んでいる場合、そんな考えは非現実的ですよね。一時的にお金が必要なだけですから、資産を持ったまま借入できる、他の方法を探すべきです。

無担保ローンが主流になってきた今日でも、担保ローンは健在です。銀行ローンはもちろんの事、消費者金融でも取り扱っている会社があります。無担保ローンに比べ、手続きに時間がかかりますが、担保がありますから、利息も5%~10%安く済みますし、金額にもよりますが、否決する事はまずありません。

担保ローンを希望するなら、消費者金融より金利が低い銀行が良いと思います。また、大手よりも地元の方が(地域の情勢を熟知している為)、適正な評価で融資をしてくれる可能性が高いのでおすすめです。

不動産がある高齢者なら、リバースモゲージも利用価値あり

高齢者の方で不動産を上手く活用して、お金を利用したい人にご紹介したいのが、「リバースモゲージ」です。銀行で取り扱っている商品で、主に高齢者をターゲットにしたものです。土地や持ち家を担保として、お金を借入して、その人の死後に家を明け渡すというローンです。

生前中は現金で返済する必要が無く、自分の財産を無駄なく利用する事ができるので、一案だと思います。大手銀行などで、積極的に取り扱っています。

新着記事
ページトップへ