> > > コンビニでプロミスを使い倒す!時間・手数料・利用法まとめ

コンビニでプロミスを使い倒す!時間・手数料・利用法まとめ

カードローンを使うなら、コンビニはあなたの強い味方です!スピードと手間を省いてお得になるのがカードローンの魅力。

コンビニのおかげで、年中無休・24時間いつでもお金を借りられます。困った時にいつでも助けてくれるのは、コンビニと提携しているカードローンです。

大手消費者金融会社であるプロミスは、コンビニでの利用が大変お得。手数料や利用法をチェックして、プロミスを使い倒しましょう!

プロミスはどのコンビニで使える?何ができるの?

まずは、プロミスが利用できるコンビニを知っておきましょう。ほぼすべてのコンビニで利用できるので安心です。

プロミスを利用できるコンビニ一覧

ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップ・スリーエフ・コミュニティストア・デイリーヤマザキ・生活彩家・セーブオン・ポプラ・セイコーマート

「イーネット」「ローソンATM」「セブン銀行」の表示のあるコンビニで利用できます。 上記の中の、ローソンとセブンイレブン以外のコンビニでは、イーネットが利用できます。

コンビニで何の手続きができるのか

コンビニのATM利用では、「返済」と「借り入れ」ができます。つまり、プロミスをふつうに利用する分には何でもできる!ということで安心ですよね。

また、出金可能額の照会もできます。自分が今いくらまで借りられるのかもきっちりわかるので楽にお金を借りる・返済することができます。

また、返済だけできるシステムもあります。ローソンにある「Loppi(ロッピー)」と、ファミリーマートにある「ファミポート」では、借りることはできませんが返済のみオッケーです。

返済だけする時はローソン・ファミリーマートのメディア端末を利用して、キャッシングの時はコンビニ設置のATMを利用するのもよいでしょう。

コンビニでプロミスを利用するための時間・手数料のまとめ

せっかく便利なコンビニでも、手数料がたくさんかかってしまったり、利用できる時間が極端に短かったりすればちっともお得ではありませんよね。

コンビニでプロミスを利用できる時間や手数料について、わかりやすくまとめました。

一部の時間帯を除き24時間使える!

コンビニが開いている時間はいつでもプロミスを利用できると思っておいて大丈夫です。安心ですよね。

しかし、例外はあります。毎週月曜日の0時から7時の間のみ、コンビニATMの利用はできなくなります。システムメンテナンスのためです。

日曜の深夜から翌朝にかけては、急な借り入れや返済はできない!と、覚えておきましょう。

手数料はいくらかかるのか

残念ながら、コンビニATMを利用するのには手数料がかかる場合があります。便利な分、いくらかの手数料はかかるのですね。

どのコンビニでも、一律、以下の手数料がかかります。返済も借り入れも両方同じ手数料です。

一万円以下の場合

108円

一万円を過ぎる場合

216円

ちなみに、手数料を払うタイミングは、借り入れ時と返済時で異なります。借り入れの時にかかる手数料は次の返済の時に一緒に払います。返済の時の手数料はその場で一緒に払います。

コンビニでの利用が無料になる方法

「借り入れの時ならまだ分かるけれど、返済にも手数料がかかるのか・・・」と思ったあなたに朗報です!コンビニを利用しても、返済だけなら無料でできる方法があるのです。

それは、ローソン・ミニストップ・ファミリーマートのメディア端末を利用することです。いわゆる「Loppi」「ファミポート」ですね。ATMではなくそちらを利用すれば、手数料無料で返済できるのでお得です。

さらに!コンビニでの借り入れの時にも無料にする方法が、プロミスならあるのです。それは、プロミスのポイントサービスを利用することです。

ポイントは、インターネット会員になれば貯めることができます。ポイントが貯まれば「手数料無料サービス」や「無利息サービス」が利用できるので、インターネット会員になって損することはありません。

プロミスに登録する時に、メールアドレスを登録するだけでインターネット会員になることができますし、メリットしかありませんので、いざという時にコンビニの手数料をカットするためにもぜひインターネット会員になっておきましょう。

無人契約機対コンビニ、お得になるのはどっち?

さて、今まで、コンビニでの利用方法についてまとめてきました。コンビニでのATM利用は確かに便利ですが、他にも、急いでいる時に利用しやすい「プロミス専用ATM」も忘れてはなりません。

急いでプロミスを利用したい時、お得になるのはコンビニと専用ATMのどちらなのか、検証してみましょう。

三井住友銀行・プロミス専用ATMなら手数料無料

コンビニでの利用は手数料がかかってしまう場合がありますが、プロミス専用ATMなら手数料は無料です。また、三井住友銀行のATMでも手数料はかかりません。プロミスが三井住友銀行のグループなので、手数料はカットできるのです。

ということは、手数料だけでいえば、コンビニでの利用よりもその両者のATMの方がずっとお得になりますね。しかし、時間やスピーディーさに関してはどうなのでしょうか?

深夜帯に利用できるのはコンビニが有利

プロミスのATMは、朝7時から24時まで利用できます。平日も土日祝日も利用できて、長時間利用できるので、かなりお得といえます。

しかし、深夜帯から早朝の利用はやはりコンビニを利用するしかありません。終電を逃したタクシー代、のようなイメージで利用するのであれば、コンビニの方が便利です。

また、三井住友銀行のATMは、店舗によってATMの営業時間がバラバラです。たとえば、東京の渋谷のATMは日曜日以外は24時間営業しているところもあるので、コンビニよりもお得に借りられます。

一方で、地方のプロミスATMでは平日しか営業していないところや、夕方18時で終わってしまうところも多いので、注意しなければなりません。

一目を気にするならコンビニがオススメ

今は、ずいぶんとイメージがよくなりましたが、一昔前はカードローン会社は悪いイメージもありました。金利がやけに高いということや、取り立てが厳しいことがあったためです。

ですので、いまだに、プロミスを利用していることが周りにバレてしまうと恥ずかしいと思う方も多いかもしれません。そんな時に、プロミスのお店に入るのは、たとえATMが無料だとしてもちょっと気になりますよね。

気軽に入りやすいコンビニでのATMなら、女性でも学生さんでも利用しやすいです。ですので、多少手数料がかかったとしても、コンビニを利用するという人も多いです。

ポイントサービスを上手に利用すればコンビニでも手数料が0円になりますし、やはりコンビニは強い!ですね。

コンビニで利用するならこんなカードローン会社もお得

パンやおにぎりを買うついでにちょっと返済、なんて便利な生活ができる世の中。コンビニをよく利用するあなたに、オススメのカードローン会社をご紹介します。

プロミス以外のカードローン会社を比較して、本当にあなたに合ったカードローン会社を選びたいあなたはぜひこの情報を受け取ってくださいね。

銀行のカードローンはコンビニでも手数料が無料

カードローンには、「消費者金融会社」と「銀行」の2種類がありますが、銀行のカードローンの方が、消費者金融会社よりもずっとお得になります。

都市銀行のカードローン一覧

三井住友銀行カードローン・みずほ銀行カードローン・三菱東京UFJ銀行「バンクイック」・りそな銀行カードローン

これらの都市銀行のカードローンは、コンビニATMに提携していますので、たとえコンビニでの利用だったとしても手数料を0円で借り入れ・返済が行えるのです。

ただし、銀行のカードローンだとしても、地方銀行や信用金庫の場合、コンビニATMと提携していないところもありますので、コンビニ利用をメインに考える場合はしっかり下調べを行いましょう。

「アコム」は利用できるコンビニが限られる

大手消費者金融会社であれば、プロミスのようにほとんどすべてのコンビニで利用できるのですが、大手の中でもアコムだけは注意が必要です。

アコムは、「セブン銀行」の表示のあるATMしか利用できないからです。つまりセブンイレブンだけでしか利用できないのですね。

大手消費者金融会社の中では、プロミスを始め「モビット」「アイフル」は基本的にどこのコンビニでも利用可能です。
ただし、アコムは無利息期間サービスがあり充実したサービスを行っているので、コンビニの便利さだけで決めるのはあまりオススメできません。

総合的にカードローン会社を選ぶコツ

これまで、コンビニATM利用について見て参りましたが、カードローンはコンビニ以外でも便利に使えます。たとえば、インターネットを利用した銀行振り込みサービスもそのひとつです。

コンビニでの利用はどうしても手数料がかかってしまいます。ただ、サービスを利用すれば無料になる場合もありますが、そのサービスを利用するのであれば、他にもいろいろとお得なサービスがあるのでそちらも視野に入れた方がよりお得になります。

今はパソコンやスマホを通じてのインターネット利用が一番便利なので、それらを活用したサービスで比較するのが、カードローン会社を正しく選ぶコツといえます。

コンビニをよく使うあなたは、コンビニとインターネット利用の2点に絞って、カードローン会社のサービスを比較して選ぶとよいでしょう。

新着記事
ページトップへ