> > > サービスが魅力のカードローン!借りられない場合はある?

サービスが魅力のカードローン!借りられない場合はある?

近年カードローンはとても手軽で便利になり、利用者も増えました。様々なサービスを提供し、満足度が高いカードローンですが、利用するためには必ず審査があります。

申込者をいくつか項目において審査することになりますが、残念ながら借りられない場合があります。カードローンで借入できないのはどのようなケースでしょうか?

また借入するためにはどうしたらいいのでしょうか?

こんな人は審査に落ちる!まずは自分の状況を確認しよう!

カードローンに興味があるけれど、審査に落ちたらどうしよう、そんな不安を抱えている人は大勢います。審査に落ちるのには、様々な原因がありますが、自分がなぜ審査に落ちたのかわからないという人もいます。

しかし、審査に落ちた原因を放置したまま、新たな申込をしても、同じ原因で再び審査に落ちてしまうということになります。まずは自分の属性や信用情報などを確認してみましょう。

属性とは年収や勤務先、信用情報を含めた個人の総合的な評価のことを指します。信用情報とは、個人の金融情報のことでローンやクレジットカードの利用履歴を指します。

これらの情報は金融機関の間で共有されますので隠すことはできません。まずは自分の属性や信用情報をチェックして、問題がないか確認しましょう。

カードローンに申し込む前に審査項目を把握しよう!

自分の属性や信用情報に問題がないかどうか、審査項目と照らし合わせながらチェックすると確認しやすいと思います。

安定した収入はあるか?

カードローン審査でまず最初にチェックするのが安定した収入があるかどうかということです。年収はもちろん多い方が限度額が高くなりますが、大事なのは年収の金額よりも安定した収入があることです。

毎月決まった収入があれば、収入が低くても、勤務先が中小企業でも問題がありません。アルバイトやパート、派遣社員や契約社員でも審査に通る可能性は十分あります。

勤務先への在籍確認に問題がないか?

カードローン審査では安定した収入があることが前提となりますが、安定した収入があることを確認するために必ず在籍確認があります。

在籍確認とはカードローン会社のスタッフが申込者の勤務先に電話をかけて、在籍を確認する作業です。とくに最近はカードローンの申し込みに収入証明書は不要なので、在籍確認は欠かせません。

在籍確認をスムーズに行うために、勤務先の電話番号が間違っていないか、きちんと電話対応できるかなど準備しておきましょう。

勤続年数が短すぎないか?

審査項目の一つに勤続年数があります。銀行のカードローンの場合は、勤続年数3年以上というのもありますが、最近はステップアップのための転職も珍しくありませんので、柔軟に対応してくれるカードローンも増えています。

それでも、最低でも半年以上の勤続年数が欲しいところです。

複数の借入をしていないか?

ここからは信用情報の話になります。

現在は総量規制という法律が施行され、借入は最高でも年収の1/3までと決められています。そのため、すでに他社から借入がある場合は、返済能力を問われることになります。

すでに多額の借入がある場合には、審査に不利になることもあります。

過去の金融履歴に問題はないか?

もし過去にローンを組んだり、クレジットカードを作ったりしたことがある人は、信用情報に問題がある場合があります。返済が遅れた、債務整理をした、自己破産をしたなどがあれば、お金を返さない人と判断されてしまいます。

中には自分では気づかないうちに信用情報に傷がついている場合もあります。たとえば、返済を自動引き落としにしていて残高不足に気づかず返済が遅れてしまったなどの場合です。

信用情報は信用会社に問い合わせれば、開示してもらうことは可能なので不安な人は自分で確認しましょう。

以上が審査項目からわかる審査に落ちる原因です。

カードローン審査に通るためには審査対策をしよう!

ここまでで、もし思い当たる原因があれば、改善する、時間をあけるなどの対策を取りましょう。原因が解消されなければ、再び審査に落ちる可能性があります。

さて、よりスムーズに借入するためには審査対策も怠らないようにしましょう。審査対策とはどのようなことをすればいいのでしょうか?

誤字脱字、書類の不備などがないか?

誤字脱字がないかどうかというのは申込の基本です。書類の不備などがあると、審査に時間がかかり、即日融資に対応できなかったり、また印象が悪くなってしまいます。

申込前の最終チェックを忘れないようにしましょう。

希望借入額が高すぎないか?

申込フォームには希望借入額を記入する欄があります。希望借入額を高くしすぎると、審査に通らないことがあります。借入目的を明確にして、無駄な借入を避け、最低限の借入額を申請しましょう。

借入額が多ければその分支払う利息も多くなりますので、注意しましょう。

一度に複数の申込をしていないか?

これはカードローン初心者にありがちなミスですが、審査に落ちた時のことを考えて、一度に複数の申込をしてしまうことがあります。

信用情報には申込履歴も記録されてしまいますので、申込が多いと大変お金に困っていると思われてしまいます。まずは情報収集をして、借入先を一社に絞るようにしましょう。

申告内容が正確か?

これは前述の信用情報と関係があるのですが、すでに借入がある人はきちんと借入先と借入額を把握している必要があります。適当に申告すると、虚偽の申告と見なされてしまう恐れがあります。

信用を失うだけではなく、虚偽の申告は犯罪になる場合もありますので、自分の借入履歴はきちんと把握しておきましょう。

審査対策を行うことで、あと少しで借入できたのに!というリスクを軽減することができるはずです。

それでもだめならとにかく審査の緩い借入先を厳選しよう!

そして、最後の詰めとして気を抜いてはいけないのが借入先です。

審査に自信がないのなら、できるだけ審査の緩いカードローンを選んで一発で審査可決を目指しましょう。

カードローンには銀行カードローンと消費者金融がありますが、審査が緩いのは消費者金融です。

消費者金融はなんだか怖いと感じる人もいるかもしれませんが、大手ならメガバンクの傘下に入っていますし、充実したサービスを提供してくれるのでおすすめです。不安要素は全くありません。

ここでは大手消費者金融の中でもとくに人気の高いアコムをご紹介しましょう。

アコムは三菱UFJファイナンシャルグループの消費者金融です。カードローンのほかにクレジットカードなども取り扱っています。

金利 限度額
3.0%~18.0% 最高800万円まで

アコムの特徴を見てみましょう。

30日間金利0円サービス

アコムでは30日間金利0サービスを実施しています。

30日間金利0サービスを利用するためには下記の条件を満たす必要があります。

  • アコムでの契約がはじめての方
  • 返済期日「35日ごと」で契約された方

利用可能金額は 1万円~800万円、利用用途は自由

限度額は最大で800万円となり、限度額内でしたら自由に借入、返済ができます。

自分に合った方法で借入や返済が可能

借り入れはインターネットや電話を使って指定口座への振込、カードまたは来店によるATM、窓口での借入が可能です。

返済は定率リボルビング方式となり、毎月決まった金額を返済するため、お金の管理がしやすくなります。

返済はインターネットからなら返済は24時間365日可能です。また返済日を忘れないためのメールサービスもあります。

返済日は「35日ごと」または「毎月指定期日」いずれかを選ぶことができます。

アコムの申込資格と申込方法

申込資格

  • 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

必要書類

  • 転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)
  • 借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)

申し込み方法

インターネット申込

アコムから連絡(メールまたは電話)

本人確認書類の提出(アプリ、アップロード、FAXなど)

審査完了後、「契約手続きのお願い」のメールに同意後契約完了
新着記事
ページトップへ