> > > コンビニでのキャッシングは可能!スリーエフの場合を解説

コンビニでのキャッシングは可能!スリーエフの場合を解説

「コンビニでキャッシングはできるの?」と、疑問をお持ちではありませんか?最近のキャッシングサービスはコンビニでも使えることが多く、「スリーエフ」でもキャッシングできる例が多いです。

スリーエフは「イーネットATM」が設置されているコンビニの一つです。イーネットATMは、キャッシングサービスがよく提携しているATMの一つです。このATMを使うことで、スリーエフでもキャッシングができます。

ただし、注意点等もあります。これらを事前に確認した方が確実にキャッシングできますので、スリーエフでのキャッシングの仕組みや方法等について、詳しく解説していきます。

スリーエフにはイーネットATMアリ!提携サービスの借入が可能

まずは、スリーエフでキャッシングできる主な仕組みからご紹介しましょう。スリーエフにはイーネットATMが設置されている点がポイントです。イーネットそのものについてなど、一つずつご説明していきます。

イーネットって何?

イーネットとは、次のようなサービスのことです。

  • コンビニATMサービスのこと
  • 多くの金融機関・貸金業者と提携
  • 提携会社のサービスはイーネットATMで利用できる
  • 「入金」「出金」「借入」「返済」などが利用可

よく考えたら、小売店であるはずの「コンビニ」にATMがあるのって、不思議ですよね。これが普通になったのは、コンビニでお金をやりとりできるような専用サービスができたからです。

その専用サービスの一つが、コンビニATMサービスである「イーネット」なのですね。これがあるからコンビニにATMが設置され、そのATMを通してお金をやりとりできます。

お金をやり取りできる相手や取引内容は、イーネットが提携した金融機関や貸金業者によります。イーネットと提携している会社のサービスであれば、イーネットのATMを通じてその会社のサービスを利用できます。

これが、イーネットというサービスの概要です。

イーネットと提携しているキャッシングサービスとは

イーネットと提携しているキャッシングサービスも簡単にご紹介しておきましょう。まずは次のサービスをご覧ください。

  • レイク
  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • モビット

有名な大手キャッシングサービスは、すべてイーネットと対応済みです。これらサービスに加え、メガバンク4行のカードローンもすべて利用できます。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • りそな銀行カードローン

これら主要サービスに加え、地方銀行のカードローンでもイーネットに対応している例は多いです。たとえば「千葉銀行」や「横浜銀行」のカードローンでも、イーネットATMを使ってキャッシングできます。

このように、イーネットと提携しているキャッシングサービスは多数あります。主要な銀行や貸金業者のキャッシングであれば、イーネットのATMでキャッシングできることが多いのです。

スリーエフはイーネットATM設置チェーン

イーネットや、イーネットと提携しているキャッシングサービスについて先にご紹介してきました。ここでスリーエフに話を戻しましょう。

コンビニチェーンの「スリーエフ」は、イーネットATMを設置しているコンビニチェーンの一つです。

  • スリーエフの店舗内にはイーネットATMあり
  • イーネットATMを使ってキャッシングできる

スリーエフに行けばイーネットATMがあるため、これを使ってキャッシングできます。利用できるキャッシングは、あくまでイーネットと提携している会社のものだけですが、提携サービス数の多さは先程ご紹介しましたよね。

結果、イーネットATMがあるスリーエフなら、たいていのキャッシングサービスは利用できることになります。これが、スリーエフでキャッシングが利用できる仕組みです。

そのため、スリーエフでキャッシングするためには、その店舗にイーネットATMがあるかどうかが非常に重要です。

  • イーネットATMの有無はスリーエフの店舗による
  • イーネットATMがない店舗もある
  • イーネットATMがないとキャッシングできない

スリーエフでキャッシングできるのは、あくまでイーネットATMがあるからです。このATMがない場合、スリーエフでのキャッシングは難しくなりますのでご注意ください。

スリーエフでの借入手順は簡単!借入できる時間帯は要確認

スリーエフでキャッシングできる仕組みをご紹介しました。次に、このATMを使ったスリーエフでの借入方法をご紹介しましょう。

基本はイーネットATMの端末操作なので簡単ですが、イーネットATMでキャッシングできる時間帯の確認が必要です。

イーネットATMも通常の画面操作でOK

イーネットATMでキャッシングする場合、アナタが契約しているキャッシングサービスでは「提携ATMで借入する」という扱いになります。

提携ATMの利用方法ですが、基本的な流れは専用ATM利用時と変わりません。

  • 専用のキャッシングカードを使用
  • あとはATMの画面操作をするだけ
  • 希望する借入金額を入力すればOK

用意するものは「専用のキャッシングカード」です。このカードを読み込ませた後、画面の案内に従って操作し、希望する借入金額を入力すればOK。これでお金が借りれます。

借入方法自体はとても簡単です。万が一、イーネットATMの操作等がわからない場合は、オペレーターに問い合わせることができます。

  • イーネットATMには受話器あり
  • オペレーターへと直通
  • ATMの操作方法は質問可能

わからないことがあれば、ATMについている受話器を使ってオペレーターに質問できます。ATMの操作面でわからないことがあれば、いつでも相談可能です。

イーネットATMはこのような仕様ですので、簡単に利用できるATMです。

キャッシングできる時間帯は要確認

イーネットATMを使う手順自体は簡単ですが、このATMでキャッシングできる時間帯は要確認です。このATMでキャッシングできない時間帯があるからです。

イーネットATMでキャッシングできる時間帯は、次の3つの時間帯をそれぞれ確認することが必要です。

  • スリーエフ店舗の営業時間
  • イーネットATMの稼働時間
  • キャッシングサービスの提携ATM利用可能時間

スリーエフの店舗が閉まっていては、店内のATMが使えませんよね。スリーエフが開いていても、イーネットATMが稼働していなければ意味がありません。

スリーエフとイーネットATMの両方が使える時間帯でも、アナタが利用しているキャッシングサービスの、「提携ATM利用可能時間」を外していると、結局キャッシングできません。

3つの時間帯すべてが「利用OK」のとき、初めてイーネットATMでキャッシングできます。どれか1つでも「利用不可」の時間帯にはキャッシングできないため、各種時間帯の確認が必要なのです。

時間帯の確認例

3つの時間帯を確認する例をご紹介しておきましょう。まずは簡単に確認しておきたいのは、スリーエフの営業時間と、イーネットの稼働時間です。

簡単な確認でいいのは、これは24時間営業であることが多いからですね。

  • 24時間・365日使える例が多い
  • 一部の例外がないか注意

店が閉まる時間帯があるスリーエフ店舗や、メンテナンスでイーネットATMが止まる時間帯がないか、簡単にご確認ください。

ご注意いただきたいのは、キャッシングサービスの提携ATM利用可能時間です。これはサービスごとに差があり、スリーエフやイーネットATMの営業時間と関係なく使えない時間帯があります。

たとえば、レイクの場合、提携ATMの利用可能時間は次のようになっています。

曜日 レイクの提携ATM利用可能時間
月曜日 5:00~23:50
火・水曜日 0:10~23:50
木曜日 1:30~23:50
金・土・日曜日 0:10~23:50
第3日曜日 0:10~20:00

日中は曜日に関わらず提携ATMが使えますが、深夜には利用できない時間帯があります。この時間帯には提携ATMでのレイク利用ができないため、スリーエフでのキャッシングもできないことになりますね。

スリーエフでのキャッシングに関わる3つの時間帯は、以上のようになっています。それぞれご確認の上、ご利用ください。イーネットATMでキャッシングできる時間帯であれば、簡単な操作だけでお金が借りれます。

手数料が必要!?提携ATMの利用は手数料がかかる例あり!

スリーエフでもキャッシングできることをご紹介してきましたが、借入時には手数料にお気を付けください。「イーネットATM」という提携ATMで借入すると、手数料がかかる例があります。

提携ATMでは手数料がかかる!?

提携ATMでキャッシングすると、手数料が発生しやすいことをご存じですか?

  • 手数料無料の方法に含まれない場合が多い
  • 提携ATMのみ手数料がかかる場合もある

提携ATMの利用は、比較的手数料を求められやすい借入方法です。手数料が原則必要なキャッシングサービスはもちろんのこと、手数料が無料の場合もあるサービスであっても、提携ATMでは手数料が必要になることがあるのです。

そのため、スリーエフのATMを使ってキャッシングはできますが、この方法だと手数料が必要になる例も多いのですね。

手数料が気になる方は、事前に利用されているキャッシングサービスで「提携ATM利用時の手数料」を確認されることをオススメします。

たとえば、先にご紹介した主要なキャッシングサービスの中で、「イーネットATMでも手数料ナシ」となってるのは、次のサービスです。

  • レイク
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

これらサービスであれば、スリーエフでキャッシングしても手数料がかかりません。つまりは、これら以外のサービスだと手数料がかかる可能性があるわけですね。

次のサービスをご利用中の方は要注意です。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • モビット
  • みずほ銀行カードローン
  • りそな銀行カードローン

これらサービスのキャッシングをスリーエフのATMで利用すると、手数料がかかる場合があります。「アコム」や「アイフル」「プロミス」など、自社ATMでは手数料を無料とするサービスも含まれていますので、お気を付けくださいね。

必要な手数料ってどれくらい?

必要なATM手数料についてもご紹介しておきましょう。手数料の決まり方には次の2つのパターンがあります。

  • 借入金額
  • ATMを利用する時間帯

借入金額で手数料が決まるのは、「アコム」や「アイフル」といった貸金業者系です。時間帯で手数料が決まるのは「みずほ銀行」や「りそな銀行」などの銀行系ですね。

それぞれ、次のように決まっています。まずは借入金額の例です。

借入金額 必要なATM手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

時間帯で手数料が決まる場合は、次のようになります。

ATM利用時間帯 必要なATM手数料
平日8:45~18:00 108円
上記以外 216円

いずれも金額自体は少額ですが、ATMを利用する度にこれら手数料がかかっていると、大きな負担になることもあります。スリーエフでキャッシングするときには、これらの手数料の条件をよく確認しておいてくださいね。

各種確認はHPが便利!確認先を間違えないように注意

以上、スリーエフでキャッシングする方法等を解説してきました。ココでのキャッシング自体はできるものの、確認事項が多かったと思いませんか?

最後に、確認事項等のまとめや、各種確認の方法や問い合わせ先をご紹介しておきましょう。

確認事項が多め!HP等の活用をオススメ!

スリーエフでキャッシングするためには、次のことを確認したいとご紹介しましたよね。

  • イーネットATMの有無
  • キャッシングサービスとの提携の有無
  • 各種営業時間
  • 手数料の有無

提携ATMによる間接的な借入になるため、金融機関等で直接借入するときより、確認事項が多めです。普通なら必要ない確認事項もありましたよね。

たとえば、ATMを利用できる時間帯です。借入先の直営ATMでキャッシングしたいとき、普通はそのATMの稼働時間だけ気にすればいいところですよね。ATMでキャッシングするために3つも確認すべき時間帯があるのは、提携ATMならではのポイントです。

このように確認事項が多いため、これらの確認には「HP」の利用をオススメします。

  • 条件の確認が24時間いつでもできる
  • 複数の条件を手軽に調べられる

イーネットとの提携の有無を調べた後、手数料の有無を調べる…といった複数の確認が必要なときは、HPが便利ですよね。いつでも、何度でも条件を確認できますから、複数の条件を落ちついて確認し、整理できます。

スリーエフでキャッシングする前には、一度HPで上記ポイントを確認してみてくださいね。

確認先に注意!

HPで各種条件を確認するときは、確認先を間違えないようにご注意ください。

確認内容 確認先
イーネットATMとの提携
提携ATM手数料の有無
提携ATMの利用可能時間
キャッシングサービス
イーネットATMとの提携サービス
イーネットATM稼働時間
イーネットATM利用手順
イーネット
イーネットATMの有無
スリーエフ営業時間
スリーエフ

確認したい内容によって、確認先が変わります。各会社で確認できることは、その会社が提供しているサービスのことだけです。それ以外のことを問い合わせても、確認は取れません。

たとえば、提携ATMでキャッシングできる時間帯については、各種キャッシングサービスが決める内容です。この内容をスリーエフで確認しようとしても、答えはわかりません。

それぞれ、必要なことを必要な確認先でご確認ください。スリーエフでキャッシングするために必要な条件を確認できれば、スリーエフで確実にキャッシングできるようになりますよ。

新着記事
ページトップへ